アニメ
アニメ『魔法科高校の劣等生』第3シーズン:中村悠一×早見沙織×安野希世乃インタビュー

アニメ『魔法科高校の劣等生』第3シーズン中村悠一さん×早見沙織さん×安野希世乃さんインタビュー|2年生になる司波兄妹……その後輩となる桜井水波はどんな立ち位置のキャラクターに?

達也は調整体という存在に思うところがある

――達也たちが進級して2年生になるということで、『第3シーズン』の台本やシナリオをチェックしての感想もお願いします。

中村:達也は口調や性格、落ち着いた雰囲気から、本人にそのつもりがなくとも偉そうに見えてしまいがちで。今まではそれでも一番下の学年として生徒会などと関わっていましたが、今回は下級生が登場してきて結構メインで深雪を補佐する立場になります。

今まで掛け合いをするキャラクターは主に同級生や目上の人でしたが、今回からは後輩が出てくる。そういう変化は演じている中でも感じていました。下級生に対してあまり上からになりすぎてもよくないし、でも達也だからあまり気を使いすぎるのもどうなんだろうかみたいに、そこの言い方や塩梅は気を付けました。

そして第1シーズンから10年ということは、僕も10年分歳を取ってしまいましたから、自然と偉そうになってしまうところがありまして……。

早見:そんなことないですよ!

一同:(笑)。

中村:後輩に対して喋る感覚が昔と違うんです。意識していない年齢感や立場から見たものが出ないようにしないといけないので、演じる時にそれが出てしまう理由を考えることがあります。

早見:私は、七草香澄&泉美の後輩ズに翻弄される深雪がちょっといいなって思いました。司波兄妹は端から見ても完成されているところがあって、特にお兄様は技術も才能も人間性も揺るぎない。ついていく深雪もそういう存在としてみんなから見られていたので、パーソナルスペースにグッと入り込んでくる人はそこまで多くなかったと思います。今回は深雪が後輩との関わり方を考えてちょっとあたふたするシーンがあったりして、そこが『第3シーズン』ならではで新鮮だと思っています。

――水波は達也や深雪の下級生として新たに入学してくるかと思います。そんな1年生側の視点からみて、2年生になった司波兄弟にどんな印象を持ちましたか?

安野:おふたりは双璧をなす偉大な存在です。学園生活を一緒に送るようになってからは、周囲から一目を置かれて流石だなという想いが絶対にあるんじゃないかなと。家でおふたりの側にいる時と、学校で対外的に従妹であり後輩として扱ってもらえる時とで居心地が違うだろうなと思ったりもします。やはりおふたりだけの世界にはそっと触れないように、離れたところから少しだけ心をざわつかせたりしつつ見守っているような感覚があります。

「おっ?」と思ったのが、七草姉妹との出会いのシーンで泉美ちゃんが深雪さまの方にわーっと寄ってくるところ。水波はそれを引きはがそうとするのですが、こういうキリっとした凛々しい一面は初めて見ました。外でもきちんとガーディアンとしての意識を持ちつつ、おふたりとの学園生活の中でまた色々な表情が見られそうだなと思いました。

――また、達也たちが進級して新入生が入ったので、3年生だった七草真由美や十文字克人は卒業、桐原武明たち2年生が進級して3年生になっています。先輩方の活躍にも期待できそうですか?

中村:真由美は本当に学校を去ったのかと思わんばかりの登場をします。

早見:十文字さんも出てきます!

中村:だから掛け合い的には懐かしい感じがあります。『来訪者編』では同級生たちやアンジェリーナ=クドウ=シールズとの絡みが多かったのですが、今回は学校の中での物語が多いので、そういう意味で真由美とは懐かしいやり取りをしています。

直接やり取りのない先輩方もちょこちょこ登場していて、『第3シーズン』では第1シーズンから見てくれている人たちがより楽しめるというか。これまでに明らかになった情報がある前提で物語が進みます。エピソードが完全に繋がっているので、まだこれまでのシリーズを知らない方はぜひ見てから楽しんでもらいたいです。

そういう意味では、過去に登場したキャラクターの再登場や出番の多さがより目立っているかなと。生徒会の話があるので服部刑部少丞範蔵とかも出てきますし、その辺りは面白い部分です。

早見:中村さんのおっしゃる通り先輩方はたくさん登場するので、ご期待ください!先輩たち同士の会話もありますし、七草先輩は双子の妹たちとのやりとりもありますので、また新しい一面が見られますよ。

――安野さんは達也たち以上の先輩方やその他のキャラクターたちの印象はいかがでしょう?

安野:このシリーズは本当に色々な場所で関わるキャラクターが多く、九校戦がまたあるので他校の生徒さんたちと偶然出会うなんてこともあります。本当に色々な物語が絡み合う中で、これまでのキャラクターがたくさん顔を見せるシーズンになると思います!

――ここで安野さんへの質問なのですが、水波の印象や演じる際にどんなことを意識されているのかを教えてください。

安野:演じている時の印象としては、水波はガーディアンになるため長く四葉家で訓練を受けてきたところがあるので、自分の感情を殺すことがとても上手な女の子です。

ゲームの時から「ちょっと可愛すぎる」とか「感情が出過ぎている」「感情を殺してもう少し抑えてみよう」みたいなディレクションをよくいただいていました。その期間が長かったので、私としても水波と向き合うときの心構えでいようとアフレコに臨んでいました。

『第3シーズン』ではそんな水波が少し違う表情を見せてくれるので、これまでとは少し違う「もうちょっと感情をあらわにしてほしい」「普段通りではなくあわあわと慌てている感じをだしてほしい」みたいな彼女の素を引き出すようなディレクションが多かったことを覚えています。

3~4テイクくらい同じシーンを繰り返して、彼女の感情をどれくらい出していいのかちょっとずつ試したこともありました。そのおかげでここまで感情を露わにしていい女の子だったのかと、今回のアフレコで改めて出会い直した気分になったんです。彼女の可愛いところやこれまでと違った表情が見られると思いますので、楽しみにしていてください!

 

――『魔法科高校の劣等生 追憶編』で見た目的にはそっくりな桜井穂波が登場していますが、彼女を意識した部分や参考にした部分はあったりするのでしょうか?

安野:穂波さんと水波は外見は似ていても、感情表現の仕方も含めてあまり似たところはないように感じています。血筋としては同じ調整体で姪にあたりますが、やはり穂波さんの背中は大きいので……。

水波もいずれは穂波さんのように、深雪様のガーディアンとして全力を尽くしたいと思っているんじゃないかなと。面影はあるけれど、内面としてはそれぞれの使命感みたいなもので、穂波さんも水波も深雪様たちと向き合っているのかなと思っています。

――中村さんと早見さんは水波の印象はいかがでしょうか。

早見:『追憶編』で穂波さんとの物語を経験しているので、少し感慨深い気持ちになりました。けれど安野さんがおっしゃったように、そっくりではあっても別の人格の持ち主なので、これから一緒に生活を共にするにあたって深雪は「水波ちゃんは水波ちゃん」として接していると思います。気さくに話しかけたり、ちょっとお姉さんっぽい振る舞いをしたり、ふたりのやり取りだから生まれる会話があるので、同級生たちとはまた違う距離感なのかなって思っています。

中村:達也は深雪以上に穂波との出来事がきっかけで、調整体という存在に対して思う所があるように思います。顔や表情や所作、そういうものを見た時に思い出す何かがあると感じていて。作中でそういう描写が入る訳ではないのですが、ひょっとしたら達也にもそういう一面があるのかなとか。だから割と接し方が難しいと感じているのではないかと。

早見:お兄様の方が割としっかり距離感を維持していますよね。

中村:関係値を保つというよりあまりフレンドリーにならない感じですね。対する深雪が友達のような距離感になるので、ひょっとしたら達也にはそういう部分がある気がしています。

――ありがとうございます。水波は司波兄妹にかなり迫るキャラクターになりそうですが、やはりこの兄妹にはふたりだけの世界みたいなものがありそうです。安野さんはその点はどんな感想を持ちましたか?

安野:家の中での水波は、おふたりの身の回りのお世話をしなければという気持ちが最初はあったと思います。ですが達也様のお世話は深雪様にとってのテリトリーになっているので、水波はそんなおふたりの神域と自分がやってもいい仕事のすみ分けを、手探りで理解していくことになるんじゃないかと。顔に出る訳ではないのですが、水波はかなり気を遣う方だと思うので、家に来たばかりの猫のように距離感を測っていくと思います。

――最後に放送へ向けてファンのみなさんへのメッセージをお願いします。

中村:今回の『第3シーズン』は、ゲームやコラボなどでみなさんに『魔法科』というコンテンツをお届けし続けられる状況で迎えられました。アフレコはそろそろ終了なのですが、凄くスムーズに進んでいます。その中で絵素材を拝見しましたが、こういう方向性でいきたいのだろうなというイメージを強く受けることがありました。これまで見て下さった方や新たに触れる方たちにも、楽しんでもらえればと思いますのでよろしくお願いします。

早見:いよいよ『第3シーズン』が始まります。進級したことで司波兄妹もまた違う歩み方をしていくと思いますが、このふたりは新しいキャラクターがたくさん登場してもブレません。既に本PVが公開されていますが、「『魔法科』がまた始まるぞ!」という勢いとエネルギーに溢れています。また、LiSAさんが「Rising Hope」以来にオープニング主題歌「Shouted Serenade」を担当されているので、第1シーズンから見ていただいている方は熱い気持ちになっていただけるはずです。これから『魔法科』に触れる方にも一緒に楽しんでいただければと思います。

安野:水波は『第3シーズン』では第1話から登場させていただいています。『来訪者編』が助走だとすると、今回はしっかり物語に関わる土俵に立てるシーズンだなと嬉しく思います。学園の外で行われるバトルシーンや九校戦といった作画的な見どころ、そして舞台が変わる展開的な見どころ など、色々な見どころが盛りだくさんです。水波としては、緊迫するシーンや深雪様とほっと和める瞬間もちらほら描いていただいているので、そういうシーンは私も楽しみです。揺れる深雪様の心を追いかけることにもなりますので、みなさんも色々なところに楽しみを見つけていただければ嬉しいです。

[文・胃の上心臓]

 

『魔法科高校の劣等生』第3シーズン作品情報

魔法科高校の劣等生 第3シーズン

あらすじ

魔法。それが現実の技術として確立されてから約一世紀が過ぎていた。
国立魔法大学附属第一高校、通称“第一高校”にとある兄妹が入学する。
魔法師として致命的な欠陥を抱える劣等生の兄・達也。
すべてが完全無欠な優等生の妹・深雪。

二人の学生生活は激動に次ぐ激動の日々だった。
政治結社《ブランシュ》の襲撃。
九校戦への香港系国際犯罪シンジケート《無頭( ノー・ヘッド・)竜(ドラゴン)》の介入。
大亜連合軍の横浜への侵攻。
人の精神に取り憑いて変質させる魔物パラサイトの出現。
そしてUSNA軍魔法師部隊スターズ総隊長アンジー・シリウスことアンジェリーナ=クドウ=シールズの来訪。

波乱に満ちた一年が終わり、二年生になった二人の生活も少しずつ変化する。
四葉家から使わされた桜井水波が達也たちと同居することになり、
達也は新設された魔法工学科、通称《魔工科》に転科する。
深雪と共に平穏な学園生活を送るはずだったが
それを世界が許すはずもなく…。

そして、──波乱の日々が、再び幕開く。

キャスト

司波達也:中村悠一
司波深雪:早見沙織
桜井水波:安野希世乃
九島光宣:戸谷菊之介
千葉エリカ:内山夕実
西城レオンハルト:寺島拓篤
柴田美月:佐藤聡美
吉田幹比古:田丸篤志
光井ほのか:雨宮天
北山雫:巽悠衣子
黒羽亜夜子:内田真礼
黒羽文弥:加藤英美里
七草真由美:花澤香菜
七草香澄:喜多村英梨
七草泉美:悠木碧
七宝琢磨:橘龍丸
周公瑾:遊佐浩二
中条あずさ:小笠原早紀
十文字克人:諏訪部順一
九島烈:大塚芳忠

(C)2023 佐島 勤/KADOKAWA/魔法科高校3製作委員会
関連記事
魔法科高校の劣等生 第3シーズン
魔法。それが現実の技術として確立されてから約一世紀が過ぎていた。国立魔法大学附属第一高校、通称“第一高校”にとある兄妹が入学する。魔法師として致命的な欠陥を抱える劣等生の兄・達也。すべてが完全無欠な優等生の妹・深雪。二人の学生生活は激動に次ぐ激動の日々だった。政治結社《ブランシュ》の襲撃。九校戦への香港系国際犯罪シンジケート《無頭( ノー・ヘッド・)竜(ドラゴン)》の介入。大亜連合軍の横浜への侵攻。人の精神に取り憑いて変質させる魔物パラサイトの出現。そしてUSNA軍魔法師部隊スターズ総隊長アンジー・シリウスことアンジェリーナ=クドウ=シールズの来訪。波乱に満ちた一年が終わり、二年生になった二人の生活も少しずつ変化する。四葉家から使わされた桜井水波が達也たちと同居することになり、達也は新設された魔法工学科、通称《魔工科》に転科する。深雪と共に平穏な学園生活を送るはずだったがそれを世界が許すはずもなく…。そして、──波乱の日々が、再び幕開く。作品名魔法科高校の劣等生第3シーズン放送形態TVアニメシリーズ魔法科高校の劣等生スケジュール2024年4月5日(金)〜2024年6月28日(金)TOKYOMX・BS11ほか話数全13話キャスト司波達也:中村悠一司...

拗らせ系アニメ・ゲームオタクのライター。ガンダムシリーズをはじめとするロボットアニメやTYPE-MOONを主に追いかけている。そして、10代からゲームセンター通いを続ける「機動戦士ガンダム vs.シリーズ」おじ勢。 ライトノベル原作や美少女ゲーム、格闘ゲームなども大好物。最近だと『ダイの大冒険』、『うたわれるもの』、劇場版『G-レコ』、劇場版『ピンドラ』がイチオシです。

この記事をかいた人

胃の上心臓
拗らせ系アニメ・ゲームオタクのライター。ロボットアニメ作品やTYPE-MOONの作品を主に追いかけている。

担当記事

関連記事
TVアニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』シリーズディレクター・唐澤和也さん&プロデューサー・内藤圭祐さんが語る、ダイたちと走り抜けた1年間と2年目への意気込み/インタビュー
日本が誇る国民的RPG『ドラゴンクエスト』シリーズを基に、1989年~1996年にかけ「週刊少年ジャンプ」で連載された漫画『ドラゴンクエストダイの大冒険』(原作:三条陸・作画:稲田浩司)。本作の新アニメ化作品として2020年10月から放送されているTVアニメが2年目へ突入し、いよいよ物語も佳境に差し掛かりました。そんな今が熱い『ダイの大冒険』ですが、アニメイトタイムズではこの機会にシリーズディレクターを務める唐澤和也さんと、東映アニメーションのプロデューサー・内藤圭祐さんへのインタビューを実施。おふたりには『ダイの大冒険』という作品との出会いから制作の上での苦労、一部ファンの間で話題になったネタや、アフレコ時の声優さん方とのエピソードまで根掘り葉掘り様々な事を伺いました。往年のファンから今後に期待しているアニメ初見の方々まで、必見の内容です。ぜひダイやポップらアバンの使徒たちのこれまでの冒険を本インタビューで振り返り、これから先の物語に想いを馳せてみてくださいね! 『ダイの大冒険』が大好きな人たちの、こだわりと熱意が柱に――アニメイトタイムズでは『ダイの大冒険』に関するインタビューは初めてになりますので、まずは再アニメ化が決まっ...
関連記事
劇場版『冴えない彼女の育てかた Fine』安野希世乃さん、大西沙織さん、茅野愛衣さんインタビュー|ついに完結を迎えるアニメ『冴えカノ』と演じるキャラクターへの想いとは
2度のTVアニメ化を果たした人気作『冴えない彼女の育てかた(以下、冴えカノ)』が、2019年10月26日より公開される劇場版『冴えない彼女の育てかたFine』で、ついにクライマックスを迎えます。TVアニメ第2期『冴えない彼女の育てかた♭』では、主人公・安芸倫也のゲーム制作サークル“blessingsoftware”の別れと再出発が描かれ、新たな希望と非常にもどかしい気持ちで終了しました。劇場版は、その物語の続き。原作が刊行されたのが2012年、TVアニメがスタートしたのが2015年ということで、感慨深い想いをいだいているファンのみなさんも多いことでしょう。それはキャラクターを演じたキャスト陣も同じ。アニメイトタイムズでは、加藤恵役の安野希世乃さん、澤村・スペンサー・英梨々役の大西沙織さん、霞ヶ丘詩羽役の茅野愛衣さんらヒロイン声優陣にインタビューを実施しました。劇場版で少し関係性の変わったキャラクター同士の掛け合いについてや、それを演じてみた感想、そして作品の完結まで関わっての思い出話など、気になるポイントを余すところなく伺いました。大西さんと茅野さんが語る劇場版での英梨々と詩羽の関係性や、安野さんが演じたかったシーンと一番見たかったシーンとは……?『冴え...
関連記事
夏アニメ『うたわれるもの 二人の白皇』オシュトル(ハク)役・利根健太朗さんインタビュー|藤原啓治さんから引き継いだ大役にプレッシャー。研究を重ねた末に見出した“ハクらしさ”とは
『うたわれるもの偽りの仮面』からおよそ7年を経て、遂に続編となるTVアニメ『うたわれるもの二人の白皇』が、2022年7月よりTOKYOMX、BS11ほかで放送中です。アニメイトタイムズでは本作の放送に先駆け、オシュトル(ハク)役の声優・利根健太朗さんへのインタビューを実施!利根さんが今作で演じるハクは、2020年に逝去された藤原啓治さんから引き継いだキャラクター。本稿では、役を引き継ぐまでの経緯や演じる際に気を付けていることなどを伺いました。オシュトル/ウコン役もオーディション時から藤原さんに寄せるというオーダーが!?――遂に『二人の白皇』のアニメが放送になりますが、今の心境をお聞かせいただけますか。オシュトル(ハク)役・利根健太朗さん(以下、利根):やると決まった時は驚きましたね。やはり前作『偽りの仮面』から月日が経ってしまいましたし、ここまでにたくさんの困難に見舞われたので、本当にアニメ化するのだろうか?と不安がありました。だから、今回から僕がハクを演じることになってプレッシャーを感じることや、素直に喜べない複雑な思いがあるのは間違いないのですが、満を持してのアニメ化なので非常に嬉しい気持ちです。 ――前作であるアニメ『偽りの仮面...
もっと見る
関連記事
「TVアニメ『からかい上手の高木さん』クリスマスイヴイヴイヴライブ ~あたため上手の高木サンタ~」【夜の部】レポート|高橋李依さんと大原ゆい子さんがこの時期にピッタリな楽曲をお届け!
山本崇一朗先生の漫画を原作として、第2期まで放送されたTVアニメ『からかい上手の高木さん』。本作のライブイベント「クリスマスイヴイヴイヴライブ~あたため上手の高木サンタ~」が、2019年12月22日(日)によみうりランド日テレらんらんホールで行われました。イベントには本作のヒロインである高木さんを演じる声優の高橋李依さんに加え、シリーズ主題歌アーティスト・大原ゆい子さんが登壇。第1期&2期のオープニング主題歌はもちろんのこと、“エンディングで高木さんが歌うJ-POPカバー曲”も披露。また今回は“クリスマスイヴイヴイヴ”ということで、この時期にピッタリなクリスマスソングも聴くことができました。本稿ではこのイベントの模様をお届けします。  「手を繋いだら勝ちでいい」このイベントで西片はその条件を満たせるか!?ライブのオープニング映像が流れると、観客のみなさんに立ってもらうようスクリーンに“standup”の指示が。もちろんこれを受けて会場に集まったファンのみなさんは立ち上がり、手拍子で盛り上げていきます。そうして1曲目は高橋さんが登場すると、いきものがかりの名曲「気まぐれロマンティック」を披露! この楽曲ではキーボードを大原さんが担当しており...
関連記事
夏アニメ『うたわれるもの 二人の白皇』クオン役・種田梨沙さんインタビュー|「ファンのみなさんが見たかった部分は全て大切に描いています」
『うたわれるもの偽りの仮面』からおよそ7年を経て、遂に続編となるTVアニメ『うたわれるもの二人の白皇』が、2022年7月よりTOKYOMX、BS11ほかで放送中です。アニメイトタイムズでは本作の放送に先駆け、クオン役の声優・種田梨沙さんへのインタビューを実施!今作では、主人公のハク役を亡くなられた藤原啓治さんから利根健太朗さんが引き継いで演じられます。種田さんには、そんな利根さん演じるハクと掛け合ってみた感想や収録時のエピソードも伺いました。ゲームからの『うたわれるもの』ファンのみなさんはもちろん、アニメ『偽りの仮面』の再放送から注目している方もぜひアニメ『二人の白皇』の魅力の一端をチェックしてみてくださいね! クオンを演じる上で大切にしているのは芯の強さ――前作『偽りの仮面』のアニメから7年、ゲーム『二人の白皇』からも6年が経ちました。遂に『二人の白皇』のアニメが放送になりますが、今の心境をお聞かせいただけますか。クオン役・種田梨沙さん(以下、種田):ありがたいことに、アニメ『偽りの仮面』やゲーム『二人の白皇』以降も本編以外のゲームなどでクオンを演じさせていただく機会は多かったので、そんなに『うたわれるもの』という作品から離れて...
(C)2023 佐島 勤/KADOKAWA/魔法科高校3製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング