アニメ
『ラグナクリムゾン』小林千晃、村瀬歩、上田麗奈、ファイルーズあい、日高里菜が登壇【AJ2024】

AnimeJapan2024『ラグナクリムゾン』最終回直前トークイベントをレポート!|小林千晃さん、村瀬歩さん、上田麗奈さん、ファイルーズあいさん、日高里菜さんが登壇しクライマックスまで振り返る

2024年3月23日(土)~26日(火)にかけて開催される世界最大級のアニメイベント「AnimeJapan 2024」。

「AJ2024」2日目となる24日(日)、KING AMUSEMENT CREATIVEブースの特設ステージにて、『ラグナクリムゾン』のステージが実施されました。

2023年秋より放送中の小林大樹先生原作のTVアニメ『ラグナクリムゾン』は、先日最終章ビジュアルも公開され、3月30日には最終回となる第24話が放送されます。

今回のステージでは、クライマックスとなった本作を更に盛り上げるべく、小林千晃さん、村瀬歩さん、上田麗奈さん、ファイルーズあいさん、日高里菜さんが集結し、物語を振り返るキャストトークが実施されました。

登壇キャストそれぞれの印象に残ったシーンや、キャラクターについてのトーク、皆さんの掛け合いから突発的に始まった「本物のスライムは誰だ決定戦」も開戦!

本稿では、作品ファンが大勢つめかけたクライマックス直前ステージの様子をレポートします。

 

関連記事
ラグナクリムゾン
銀剣を振るい、竜を狩り、報酬をもらう職業──『狩竜人(かりゅうど)』。ヘボ狩竜人の少年・ラグナは、ぶっちぎりの竜討伐数を誇る天才少女・レオニカとコンビを組み、日々、竜討伐に挑んでいた。ラグナの願いはひとつ──「強くなれなくてもいい。レオのそばにずっといたい。」しかしその想いは、これまでの相手と比べ物にならない強さを持った”上位竜”の襲撃により儚くも散りさる。強大な敵を前にしたラグナの脳裏をよぎるのは、ここ数日ラグナを悩ませてきた悪夢──最強の力を手に入れながらも、何一つ守るべきものを持たない、絶望と孤独の未来を歩む自らの姿だった。未来の自分が伝えるものとは……? 今の自分が選ぶべき道とは……?そしてラグナは、謎多き新たなる相棒・クリムゾンと共に、絶望の未来を回避するための一歩を踏み出す。挑むは、絶対強者。抗うは、強制運命。限界のその先へ──。超ストイック異世界極限バトル!!作品名ラグナクリムゾン放送形態TVアニメスケジュール2023年9月30日(土)〜2024年3月30日(土)TOKYOMXほか話数全24話キャストラグナ:小林千晃クリムゾン:村瀬歩スライム:ファイルーズあいキメラ:能登麻美子バルト・ロワン(ゴーレム):東地宏樹アルテマティア:上田...

 

登壇者

小林千晃さん(ラグナ 役)
村瀬歩さん(クリムゾン 役)
上田麗奈さん(アルテマティア 役)
ファイルーズあいさん(スライム 役)
日高里菜さん(スターリア 役)

 

最終回直前トークイベントが開始! 作品さながらのキャストによる熱いトークに観客も耳を傾ける

キャスト陣がステージに上がると、今回、MCを務める小林さんにマイクが渡されトークイベントがスタート。キャスト陣が、作品のファンでいっぱいになったブース会場に、作中のセリフやキャラクターの設定などを交えた挨拶をすると、盛大な拍手が送られました。

『ラグナクリムゾン』のリアルイベントに参加するのが初めてだというファイルーズあいさんと上田さんは本ステージを楽しみにしていたそう。

 

 
人類の天敵であり、世界を支配する竜と、竜を狩る者たち・狩竜人との戦いを描いたダークファンタジー『ラグナクリムゾン』。

本作は、未来の自分から力を託された狩竜人の少年・ラグナ(CV:小林千晃)と、元竜の王であるクリムゾン(CV:村瀬歩)が、全ての竜を狩り尽くすために戦いを続けていくストーリーとなっています。改めて、作品の紹介がされた後、現在まで放送された23話を振り返っていきます。

作品への感想を求められた村瀬さんは、原作の天才的な面白さを見事にアニメーションに落とし込んでおり、敵味方関係なくキャラクターを好きになってしまうようなキャラクター造形が魅力だと語ります。また、昨年行われたAnimeJapanの先行イベントから、ここまで支えてくれたファンに感謝を伝えました。

作中ではスライムを演じ、アフレコ後のアフタートーク企画にも参加していたファイルーズさんは、当初クリムゾン推しだったそうですが、後半にかけて成長していったラグナの姿に胸を打たれたと振り返り。

 

 
竜王でありラグナたちと対峙する「翼の血族」の血主であるアルテマティアを演じる上田さん。アルテマティアにとって重要な存在であるウォルテカムイ(CV:諏訪部順一)が印象的だとし、ラグナにとっても物語にとっても欠かせない存在であることを明かします。

ヒロイン・スターリアを演じ、作品ラジオ番組のパーソナリティも務めた日高さんは、スターリアが率いる銀装兵団のエピソードは涙なしには見ることができないと、ダークファンタジーならではの展開をアピールしました。

キャスト陣から感想が語られると、スクリーンには作品場面カットが映し出されます。自身の演じるキャラクターを発見したファイルーズさんが「スライムボイス」を披露すると、すかさず村瀬さんがモノマネし、笑い合うおふたり。

 

 
それに続いて、日高さん、上田さんも真似をすると小林さんより「本物のスライムを決めよう!」との提案が。

観客のみなさんに目をつむってもらい、4人がそれぞれランダムにスライムの特徴的な声を出し、それにファンが本物だと感じた声に拍手を返す。というルールで急遽開戦された「本物のスライムは誰だ決定戦」は、見事ファイルーズさんの勝利となりました。

中には、上田さんによる可愛らしいスライムボイスに魅了され、上田さんに拍手をする方も多数見受けられ「うえしゃま(上田さん)ファンでしょ!」と、小林さんから注意される一幕も。熱くダークな作品ながらも、キャスト陣の和気あいあいとした雰囲気とチームワークの良さが感じられた瞬間でした。

 

 

ついに3月30日に24話が放送! 更に熱く、過酷になっていく本作の物語を最後まで見届けよう!

先日公開された最終章”王都死闘編”のPVを上映したのち、第19話より始まった王都死闘編や、クライマックスにも関わらずさらなる盛り上がりを予感させる最終回についてのトークへ。

 

 

PVでは、様々な陰謀や人々の願いが詰め込まれたドラマティックなシーンから、これまでにない激しくかっこいいアクションシーンが描かれており、あまりの迫力に訪れた観客は盛大な拍手を送っていました。

PVを受けて村瀬さんは、絶望的なシーンが続くあまり「先生はどうかしてしまったのか……?」と呆然としてしまったそう。オーディション時から原作の虜になってしまったという、村瀬さんの作品への思いが伝わります。

 

 
また、物語終盤に登場した新キャラクターたちも魅力的。新しい姿となったゴーレムを赤羽根健治さん、ボルギウスを小西克幸さん、フェルビゴートを緑川光さん、そして原作でも活躍を見せるというギルゼア役を釘宮理恵さんが演じるなど、豪華なキャスト陣が追加キャストとして参加。最終回でもキャラクターたちや、キャスト陣の演技に期待が高まります。

「翼の血族」たちの活躍について尋ねられた上田さんは、血族たちがアルテマティアとそれぞれ違った関係性や、思いを抱いていることに言及。「大切な血族たちです」と、アルテマティアにも、上田さんご自身にとっても重要なキャラクターであることを打ち明けました。

 

 
続いて、本ステージ初解禁となる24話のあらすじが小林さんによって読み上げられ、最終回の見どころについて話すことに。

24話の映像を一足先に見ることができたという村瀬さんから「ラグナがとにかくかっこいい」と一言。小林さんによると、最終回に近づくにつれ戦闘シーンでのアドリブも少なくなっていき、ビジュアルや画の動きで全てを伝えるという制作陣の意図が伝わってきたそう。24話ではドラマの結末だけでなく、アクションにも注目です。

ここから、会場・通販にて発売中のオリジナルグッズや豪華特典付属のBlu-ray BOX販売情報、原作コミックスの紹介がされ、ステージは間もなく終了の時間に。

最後にキャスト陣より、最終回を楽しみに待っているファンへメッセージが送られました。

 

 
「何が敵か味方なのかわからないくらい、自分の思いや守るべきもののためにぶつかり合っていますので、最終回まで見逃さないでください!」と日高さん。

上田さんは、先程も触れた血族のネビュレムとアルテマティアとの関係性のことを考えていたと言い「彼が誰にとって大事なのか考えてみることで、アルテマティアの複雑な魅力が分かるかなと思いました。彼女の歪さや根っこの部分を最終回で見ることができると思いますので、アルテマティアを見守っていただけたらなと思います」と観客に呼びかけます。

ファイルーズさんは「みなさんが本物のスライムを当ててくれて、スライムの声を出すたびに笑顔になってくれたので、心がプルンプルンしました〜」とスライムらしく挨拶。

 

 
村瀬さんが「クリムゾンという役は、役者冥利に尽きるキャラクター。一緒に芝居をして楽しい役者さんたちや作品のことを考えて制作を続けるスタッフの方々と仕事ができて幸せです」、小林さんが「偉大な原作を素晴らしいアニメとして描ききってくれることが感動です。本当に熱い作品に関われて幸せでした」と共演者や制作陣、そして原作へのリスペクトを感じる言葉を残すと、キャスト陣が降壇しステージは終了となりました。

それぞれが己の大切なもののために、多くの犠牲を出しながらも続いてきた戦いがついに決着を迎える『ラグナクリムゾン』。30日に放送される第24話「光」をぜひ、お見逃しなく!

 

作品概要

ラグナクリムゾン

あらすじ

銀剣を振るい、竜を狩り、報酬をもらう職業──『狩竜人(かりゅうど)』。
ヘボ狩竜人の少年・ラグナは、ぶっちぎりの竜討伐数を誇る天才少女・レオニカとコンビを組み、日々、竜討伐に挑んでいた。
ラグナの願いはひとつ──「強くなれなくてもいい。レオのそばにずっといたい。」
しかしその想いは、これまでの相手と比べ物にならない強さを持った”上位竜”の襲撃により儚くも散りさる。
強大な敵を前にしたラグナの脳裏をよぎるのは、ここ数日ラグナを悩ませてきた悪夢──最強の力を手に入れながらも、何一つ守るべきものを持たない、絶望と孤独の未来を歩む自らの姿だった。
未来の自分が伝えるものとは……? 今の自分が選ぶべき道とは……?
そしてラグナは、謎多き新たなる相棒・クリムゾンと共に、絶望の未来を回避するための一歩を踏み出す。
挑むは、絶対強者。抗うは、強制運命。限界のその先へ──。
超ストイック異世界極限バトル!!

キャスト

ラグナ:小林千晃
クリムゾン:村瀬歩
スライム:ファイルーズあい
キメラ:能登麻美子
バルト・ロワン(ゴーレム):東地宏樹
アルテマティア:上田麗奈
ウォルテカムイ:諏訪部順一
ネビュリム:山下大輝
タラテクトラ:竹内良太
オルト・ゾラ:置鮎龍太郎
ボルギウス:堀内賢雄
スターリア・レーゼ:日高里菜
アイザック・スターン:前野智昭
ガルム・ウルバン:斎藤志郎
クリストファー・オルグレン:浜田賢二
シン・カトラス:畠中祐
フー:野津山幸宏
へゼラ/グレア:土屋李央
ナサレナ・テルジアン:嶋村侑
マジョルカ・アボット:高野麻里佳
レオニカ:水瀬いのり
サイクス・シャルルーク:小野友樹
未来ラグナ:神奈延年

(C)小林大樹/SQUARE ENIX・「ラグナクリムゾン」製作委員会

 

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

ディズニープラス独占最速配信
今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング