戦姫絶唱シンフォギアXV(5期)|アニメキャスト・キャラクター・登場人物・2019夏アニメ最新情報一覧

戦姫絶唱シンフォギア』は、サテライト制作によるテレビアニメ。こちらでは、アニメ『戦姫絶唱シンフォギアXV』のあらすじ、キャスト声優、スタッフ、オススメ記事をご紹介!

『戦姫絶唱シンフォギアXV』作品情報

戦姫絶唱シンフォギアXV
神の力を以ってして、神そのものを討ち斃さんとした原初のヒトガタ、アダム・ヴァイスハウプトは、サンジェルマンたちの理想の源パワーソースであるラピス・フィロソフィカスにて黄金錬成されたシンフォギアによって撃槍される。暗躍してきたパヴァリア光明結社はここに瓦解し、その残党は、各国機関の活躍によって追い詰められていくのであった。そして――追い詰められているのはパヴァリア光明結社だけではない。かつての超大国アメリカもまた、日本に向けた反応兵器の発射事実を非難・追及され、国際社会からの孤立を招いていた。閉塞した状況は、新たな世界規模闘争の火種にもなりかねないため、速やかなる政治的解決が望まれているが、複雑に絡む国家間の思惑は軋みをあげるばかりで、遅々として進んでいない。当該国である日本も、アメリカとの協調政策を打ち出して関係修復をアピールしているものの、どこかうすら寒い表面的なムードに終始して、局面打開には至っていない。いまだ見えない世界の行く末。さらに、張りつめた空気はここにも。都内ランドマーク各所が一望できる、デートスポットとしても人気の大観覧車のゴンドラに乗っているのは、私立リディアン音楽院に通う高校生、立花 響と小日向 未来。ふたりが手にした鯛焼きは白玉入りであり、絶品。甘すぎず、まるでぜんざいもかくやという口当たりの餡は申し分が無かった。それでも、ふたりの間に緊張が走るのは、何の気なしに未来が響に発した、問い掛けに始まるものであった。返答に窮した響の胸の奥にあるものは、果たして。過去から現在に向けて紡がれたいくつもの物語は、XVに集束していく。聖骸を巡る攻防は、どこまでも真夏の只中。はじける湖面を舞台に、少女たちの歌声が輝きを放つ。

作品名 戦姫絶唱シンフォギアXV
放送形態 TVアニメ
シリーズ 戦姫絶唱シンフォギア
スケジュール 2019年7月6日(土)~2019年9月28日(土)
TOKYO MXほか
話数 全13話
キャスト 立花響:悠木碧
風鳴翼:水樹奈々
雪音クリス:高垣彩陽
マリア・カデンツァヴナ・イヴ:日笠陽子
月読調:南條愛乃
暁切歌:茅野愛衣
小日向未来:井口裕香
エルフナイン:久野美咲
風鳴弦十郎:石川英郎
緒川慎次:保志総一朗
藤尭朔也:赤羽根健治
友里あおい:瀬戸麻沙美
キャロル・マールス・ディーンハイム:水瀬いのり
ヴァネッサ:M・A・O
ミラアルク:愛美
エルザ:市ノ瀬加那
風鳴八紘:山路和弘
風鳴訃堂:麦人
エンキ:草尾毅
シェム・ハ:日髙のり子
スタッフ 原作:上松範康、金子彰史
監督:小野勝巳
シリーズ構成:金子彰史
音楽プロデューサー:上松範康
音楽:Elements Garden
キャラクター原案:吉井ダン
キャラクターデザイン・総作画監督:藤本さとる
副監督・アルカノイズデザイン:光田史亮
総作画監督:椛島洋介、普津澤時ヱ門
アクションディレクター:式地幸喜、杉江敏治、中小路佳毅、髙嶋宏之
メインアニメーター:大久保義之、坂本俊太、ハニュー
メカニックデザイン:大河広行、川原智弘
美術デザイン:ニエム・ヴィンセント、ロキャテリ・ロイック、ルガル・ヤン、ギヨーム・ジョアナ、小山真由子、青木智由紀
美術監督:渡辺幸浩、菊地明子
色彩設計:篠原愛子
CGディレクター:森野浩典
撮影監督:志村豪
2Dワークス:影山慈郎
特殊効果:飯田彩佳
編集:兼重涼子
音響監督:本山哲
アニメーション制作:サテライト
製作:Project シンフォギアXV
主題歌 OP:「METANOIA」水樹奈々
ED:「Lasting Song」高垣彩陽
公開開始年&季節 2019夏アニメ

(C)Project シンフォギアXV
『戦姫絶唱シンフォギアXV』公式サイト
『戦姫絶唱シンフォギア』公式Twitter

『戦姫絶唱シンフォギアXV』サブタイトル一覧

第1話「人類史の彼方から」のあらすじ
第2話「天空が墜ちる日」のあらすじ
第3話「Penny Dreadful」のあらすじ
第4話「花の名は、アマルガム」のあらすじ
第5話「かばんの隠し事」のあらすじ
第6話「ゼノグラシア」のあらすじ
第7話「もつれた糸を断ち切って」のあらすじ
第8話「XV」のあらすじ
第9話「I am a father」のあらすじ
第10話「卑しき錆色に非ず」のあらすじ
第11話「ハジメニコトバアリキ」のあらすじ
第12話「戦姫絶唱」のあらすじ
第13話「神様も知らないヒカリで歴史を創ろう」のあらすじ

『戦姫絶唱シンフォギアXV』感想を投稿する

イベントレポート

悠木碧さんら皆の歌声が響き渡る! 雨や外の寒さを吹き飛ばす熱気に包まれた約3時間半──新プロジェクト始動開始の発表もあった「シンフォギアライブ2020→2022」レポート

ーー記事はこちら

Blu-ray・DVD情報

TVアニメ『戦姫絶唱シンフォギアXV』




『戦姫絶唱シンフォギア』作品一覧

関連記事
戦姫絶唱シンフォギア
人に接触して炭素の塊に変えてしまう認定特異災害ノイズが猛威を振る近未来。日本はノイズを駆逐する絶対にして唯一の切り札、シンフォギアシステムを保有していた。シンフォギアシステムを身に纏って戦っていたのはトップボーカルユニット「ツヴァイウィング」の天羽奏と風鳴翼の2人だったが、周辺各国との関係上、システムの存在は完全に秘匿されていた。作品名戦姫絶唱シンフォギア放送形態TVアニメスケジュール2012年1月6日(金)〜2012年3月30日(金)TOKYOMXほか話数全13話キャスト立花響:悠木碧風鳴翼:水樹奈々雪音クリス:高垣彩陽小日向未来:井口裕香天羽奏:高山みなみ風鳴弦十郎:石川英郎櫻井了子/フィーネ:沢城みゆき緒川慎次:保志総一朗藤尭朔也:赤羽根健治友里あおい:瀬戸麻沙美安藤創世:小松未可子寺島詩織:東山奈央板場弓美:赤﨑千夏スタッフ監督:伊藤達文シリーズ構成・脚本:金子彰史キャラクターデザイン・総作画監督:小池智史クリーチャーデザイン:okamaフューチャービジュアル:ロマン・トマ美術監督:西村隆音楽プロデューサー:上松範康音楽:ElementsGardenアニメーション制作協力:サテライト主題歌OP:「Synchrogazer」水樹奈々アニメイト通販での購入はこ...
関連記事
戦姫絶唱シンフォギアG
風鳴翼と雪音クリス、そして――立花響。運命に翻弄された少女たちは、FG式回天特機装束「シンフォギア」にてその身を鎧い、数多の戦いと幾多のすれ違いを経て、決戦の地に集結した。そびえ立つカ・ディンギルが狙い定めるは、バラルの呪詛にて人類の相互理解をジャミングする巨大な監視装置「月」。人類史の裏側で数千年に渡って暗躍してきた巫女フィーネの企みは、月を破壊し、神代の言の葉「統一言語」を取り戻すことであった。だが、月の破壊は、重力均衡の崩壊をはじめ、惑星規模の災厄を引き起こすことになる。迫り来る脅威「ルナアタック」に対し、命を燃やした少女たちの絶唱は、空に、胸に、高らかに響き渡るのであった。それから約三ヶ月後。激闘の末に欠けた月が見下ろす世界にて、物語は再び動き始める。複雑に絡み合う世界情勢のもと、日本政府が保有する「シンフォギア・システム」は、いまだ各地にて観測が続く、認定特異災害ノイズへの有効対策手段として、機密の一部が開示されたものの、その装者に関しては、多くを秘匿したままとなっている。日常を保障されつつ、日米共同研究に参加するシンフォギア装者たち。いつかノイズのもたらす危難を駆逐することができたら、世界のステ...
関連記事
戦姫絶唱シンフォギアGX
かつて――融合症例と呼ばれた少女は、世界終焉の真際に奇跡を掴み、ガングニールのシンフォギアと適合を果たす。地球霊長存続の名目で執行されようとしていた人類淘汰――「フロンティア事変」と称される一連の騒乱は、歌に血を通わせた少女たちの活躍によって終止符が打たれたが、新たな物語は、それから程なくして幕を開けるのであった。亜宇宙を弧を描いて引き裂く超音速の落下物体。それは、ラグランジュ点での大気圏外活動を終え、地球に帰還しようとしていた国連所属のスペースシャトルであった。システムトラブルから機能不全と陥り、このままでは機体の空中分解、あるいは地表ヘの激突は免れないという緊急事態に、息を飲むばかりの各国指導者たち。遡る事、二度に渡り、世界を未曽有の危機より救ってきたシンフォギア装者たちも、その力を日本政府保有の軍備とみなされる以上、たとえ人道的救護支援であっても国外での活動はかなわず、待機を余儀なくされるのであった。それから経過する100日余り。フロンティア事変以降、認定特異災害「ノイズ」の観測は一例としてなく、事の顛末を知る誰もがノイズの根絶と被害の終息を予感していた頃。本部にてモニターへと向かっていた藤尭朔也と友里...
関連記事
戦姫絶唱シンフォギアAXZ
後日、「魔法少女事変」と称される、錬金術師キャロルの世界解剖計画を阻止してから数週間後。立花響は最大最強の敵を相手に格闘し、為すがままに組み伏せられようとしていた。対する脅威――その名は「夏休みの宿題」。学生の本分という、避けられない運命はどうしようもなく過酷であり、抗いようもなく無慈悲である。どうして、こうなったのか?押し潰されそうな心のままに振り返ってみる響。海にも行った。山にも行った。新しくできた友達との約束だからと理由をつけて、あちこちの夏祭りを満喫し、夜はバカみたいに口を開けて花火を見上げた。お盆には学生寮を出て、千葉の実家に戻った。久しぶりの家族水いらず。「家族が揃ったら、やっぱり鍋だろうッ!」真夏だというのに、何年かぶりに顔を合わせた父親は、何年か前と変わらず浅薄・短慮を惜しげもなく披露し、そして響もまた、そんな父親のC調に同調して、母親と祖母の眉毛の形を見事なくらい「ハ」の字に変えさせた。少し前に――シンフォギアを身に纏わなければならない超常の事件も発生したが、結果、ちょっぴり世界史に詳しくなったような気になる響。担任から、自分の書く字はまるでヒエログラフと言われ続けてきたが、それがどんなもの...
関連記事
戦姫絶唱シンフォギアXV
神の力を以ってして、神そのものを討ち斃さんとした原初のヒトガタ、アダム・ヴァイスハウプトは、サンジェルマンたちの理想の源パワーソースであるラピス・フィロソフィカスにて黄金錬成されたシンフォギアによって撃槍される。暗躍してきたパヴァリア光明結社はここに瓦解し、その残党は、各国機関の活躍によって追い詰められていくのであった。そして――追い詰められているのはパヴァリア光明結社だけではない。かつての超大国アメリカもまた、日本に向けた反応兵器の発射事実を非難・追及され、国際社会からの孤立を招いていた。閉塞した状況は、新たな世界規模闘争の火種にもなりかねないため、速やかなる政治的解決が望まれているが、複雑に絡む国家間の思惑は軋みをあげるばかりで、遅々として進んでいない。当該国である日本も、アメリカとの協調政策を打ち出して関係修復をアピールしているものの、どこかうすら寒い表面的なムードに終始して、局面打開には至っていない。いまだ見えない世界の行く末。さらに、張りつめた空気はここにも。都内ランドマーク各所が一望できる、デートスポットとしても人気の大観覧車のゴンドラに乗っているのは、私立リディアン音楽院に通う高校生、立花響と...

2019夏アニメ一覧

2019年アニメ一覧リンク

最新記事

戦姫絶唱シンフォギアXV 関連ニュース情報は3件あります。 現在人気の記事は「悠木碧さんら皆の歌声が響き渡る! 雨や外の寒さを吹き飛ばす熱気に包まれた約3時間半──新プロジェクト始動開始の発表もあった「シンフォギアライブ2020→2022」レポート」や「『シンフォギアライブ2020→2022』ベルーナドームで開催! 『戦姫絶唱シンフォギア』新プロジェクト始動決定の発表も」です。

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング
目次