アニメ
『ダリフラ』ヒロ役 上村祐翔×ゼロツー役 戸松 遥 ペア対談

出会から衝撃的な二人『ダーリン・イン・ザ・フランキス』ヒロ役 上村祐翔×ゼロツー役 戸松 遥 ペア対談

2018年1月13日(土)23時30分から放送がスタートするTVアニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』(ダリフラ)。アニメイトタイムズでは、アニメ本編の放送に先駆けて本作に出演する声優陣を対象にしたペアインタビューをお届けします。第5回目となる今回は、戸松 遥さん(ゼロツー役)×上村祐翔さん(ヒロ役)。

遠い未来、移動要塞都市プランテーションにあるパイロット居住施設"ミストルティン"の中で、戦うことだけを教えられたコドモたちが、"フランクス"と呼ばれるロボットに乗り、巨大生命体"叫竜"と戦う。そしてそのロボットを動かすには、必ず男女のペアが必要となる――

ここでは、そのペアごとに作品の魅力を語っていただきました。

■■バックナンバー
イチゴ役 市ノ瀬加那×ゴロー役 梅原裕一郎 ペア対談
ミク役 山下七海×ゾロメ役 田村睦心 ペア対談
ココロ役 早見沙織×フトシ役 後藤ヒロキ ペア対談
イクノ役 石上静香×ミツル役 市川 蒼 ペア対談


監督×声優とのコミュニケーションで作品がより良く
――今作は、オリジナル作品ですが、オーディション前の感想はありますか?

ヒロ役・上村祐翔さん(以下、上村):オーディション時にいただいた資料に、やりたいことが明確に示されていたんです。TRIGGERさんとA-1 Picturesさんといえば、これまで素晴らしい作品をたくさん手がけられていることを知っていたし夢のコラボという感じがしました。その資料だけ見ても、大きな化学反応を起こしているなと思いました。それはアフレコが進んでいる今も感じています。

ゼロツー役・戸松 遥さん(以下、戸松):私も資料を見たときに、ものすごい気合いを感じました。これまでいろんなところでお世話になっている会社がタッグを組んで、『ダーリン・イン・ザ・フランキス』という作品を作ります!それはこんな世界観です!ということが資料から見えてきたので、まだ参加できると決まったわけではなかったんですけど、やりたい!と思ったんです。それと同時に、これは間違いなくすごいものになるっていうオーラを感じました。

上村:あらすじからキャラクターイラスト、あとはこの世界観特有のワードもあったので、それを見るだけで世界に入り込めました。

――その気合いを感じてのオーディションはいかがでした?

上村:スタジオオーディションが3月くらいにあったんですが、たくさんの人が受けていて、僕はアフレコブースに入るまで結構時間があったんです。かなり熱量のこもったセリフを言わないといけなくて、すごく緊張していたんですけど、その待っている時間でだんだんほぐれていって。

――逆に緊張しそうですけどね。

上村:壁に向かって、ずっとセリフを言ってました(笑)。実はミツルも受けていたんですが、僕としてはヒロのほうがしっくり来ていたので、本当に無理なく、全力で演じられました。だから、悔いはないぞっていう気持ちではいましたね。

――しっくりきたヒロで選ばれましたね。

上村:やり切ったとは思っていたけど、たくさんのコドモたちが出てきて、そのバランスもある中で選ばれたのはうれしかったです。コドモたちの繊細な部分が描かれるんだろうなと、オーディションのセリフを読んでいて感じたので、それを演じられると思ったらすごく楽しみになりました。オリジナル作品だから先がわからないというのも楽しみでしたね。

――戸松さんはどうですか?

戸松:私はスタジオに行ったときのことをよく覚えていて、知ってる人がいなかったんですよ。とにかく人がたくさんいたんですけど、年齢的に若い人が多い時間帯だったんです。なので、これはもう年齢的にないかなと思ってすこし不安になりました。まぁ、全員がゼロツーを受けるわけではなかったと思うんですけど。

しかも結構トップバッターくらいで、女性だと最初くらいだったんです。だから、どんな空気感が作られていたのかもわからないままブースに入って。私はゼロツーだけを受けたんですけど、いつもはテストをやって、ディレクションを受けて、最後に録って終わることが多いんですけど、録ったあとに、やっぱりこういうふうになったらどうなります?って、2回くらいやったんです。結構こだわってディレクションしてくださるなぁって思ってたんですけど、その後、決まりましたという連絡があって、良かったなぁって。

――戸松さんのキャスティングは、すごく納得する反面、驚きでもありました。数多くの主役をしている方ではなく、新人になる場合も、オリジナルではよくあるので。

戸松:本当ですか!? でも錦織監督や制作陣のほうがキャラクターが見えていると思うので、私は、与えられた資料の情報から演じることくらいしかできなかったんですけど、何かを思って私を選んでくれたのならば、全力でやるしかないなと。

あと、上村くんとガッツリ共演するのは初めてだったので、どんな芝居をするのかなっていう楽しみもありました。

――お二人のキャスティングについては、監督もインタビューで語ってくれていたので、そちらも見ていただければと。錦織監督は、お二人にとってどんな方ですか?

上村:この作品をすごく好きなんだってことが現場で伝わってくるんです。それに、キャストをすごく大事にしてくださる監督だと思いました。アフレコ前にブースに来て、「おはようございます、よろしくお願いします!」って錦織監督から挨拶をしていただいたり、休憩時間もひとりひとりに、今日はこういうところが良かったとか、だんだんその雰囲気が出てきてるよね!って言ってくれたり。

本当にひと言ひと言が温かくて。オリジナル作品でわからないことがあっても、そうやって言ってくれるから励みになるし、もっと頑張らなきゃ!って気持ちになります。作品に関して質問しても、すぐに答えてくれますし、そういうコミュニケーションができているから、どんどん良くなっているなと思います。

戸松:本当にその通りで、収録ではブースが分かれているから、錦織監督と話すことって、すこし勇気がいるんですよ。そこを錦織監督から歩み寄ってくださって、わからないことがあれば聞いてくださいっていうスタンスでいてくれる。あと上村くんが言ってくれたように、休憩中にキャストがロビーに出ると、錦織監督も出てきて、今日はこうだった、今後はこういう展開になるって話してくれる。

当番回の人には、こういうふうに今日はやっていきたいんですって、その回ごとにいろんな話を聞かせてくれるから、本当にありがたいなと思います。やりやすい空気を、監督中心に作ってくださっているなって思います。

――戸松さんは錦織監督とは初めて?

戸松:ガッツリやるのは初めてです。でも、すごく知ってくださってるんですよ。こういう声質で、こういう芝居をする印象があるとか。当番回の前週に、来週大事なのでと時間を作ってくれて、今後の話をしてくれたり。

あと、アフレコの最初の段階で、一週間収録をお休みして、その時間帯でメインキャストを集めて、錦織監督から世界観の説明をしてくれたんです。この作品を絶対いいものにするんだっていう情熱が伝わってきて、より頑張ろう、その気持ちに応えたい!と思いました。

――説明会を行ったことは大きかったと、他のキャストもおっしゃっていました。

上村:がっつり3時間くらいディスカッションしたんです。最初にキャラクターの方向性、世界観の説明を受けて、その上で、自分たちが消化し切れてないところを質問して、すり合わせができたことはすごく良かったと思います。

そこで軸が決まったというか。この道を行けばいいんだろうなっていう芯が通ったんですよね。多少ズレても、芯があるからやりやすかった。そういう機会ってなかなかないので、贅沢な時間を作ってくださったなって思います。


ヒロとゼロツー、二人の関係は恋愛・友情、それとも――
――では、キャラクターについてですが、ヒロはどんな子ですか?

上村:真面目な男の子で、フランクスに乗るということに対しての思いが、人一倍強い印象です。かつて神童と言われていたこともあって、適正値も高いけど、落ちこぼれになってしまう。

この世界では、フランクスに乗ることが最も大切だと教え込まれているから、精神的にもどんどん落ちていき、落第してしまったところからのスタートなので、結構思い詰めてる子なのかなって思いました。

そんな中でゼロツーと出会う。ゼロツーってヒロにとって救世主で、フランクスでどこかに連れて行ってくれるんじゃないかっていう思いもあったと思うんです。それによってヒロも少年らしさが出てくるので、

ヒロは、絶対にロボットに乗ってやるんだ!っていう男の子っぽいところがしっかりあって、錦織監督や音響監督のはたしょう二さんからも、その気持ちを大事にしてくれと言われました。

――ゼロツーはいかがですか?

戸松:特殊ですよね。難しい役どころで、演じれば演じるほど魅力があるし、過去や背負っているものも明かされていく。知れば知るほど難しいと思いながら毎週演じています。

でも最初の印象は「謎に包まれた少女」ということで、まだ言えない部分がたくさんあるんですけど、謎というひと言でくくれないくらい、いろんなものを抱えてる子なので、本当に役者として演じがいのある女の子だと思ってます。

本当にいろんな表情を持ってるし、心の傷や、苦しい過去を持っている女の子なんだけど、ヒロと出会って心境の変化があったり、心の波がすごく激しいので、演じてて楽しいですね。あとフランクスに乗ると人格が変わって、ヒロより男前になるので、ヒロがヒロインみたいな感じになるんですよ(笑)。

上村:錦織監督も言ってますよね。ヒロはゼロツーに揺さぶられながら、ゼロツーの一挙手一投足が気になるし、何でなんだろうって疑問を投げかける、みたいなことが結構多いんですよ。

戸松:ヒロは振り回されてますからね~。ゼロツーは自分の思ったままにやっていて、ヒロがブレーキをかけてくれる感じ。戦闘じゃないところでは猫っぽくて無邪気な一面もあったりして、自由なんです。あと興味があるものとないものの差が激しくて、ヒロ以外のコドモたちは、多分名前も覚えてないだろうなって(笑)。そのくらい本能のまま生きている子です。

――PVを見た感じだと、少年っぽさもある感じなんですかね?

戸松:そうですね。女の子女の子している感じではなく本能のままに。だから動物っぽいって言うのが近いのかもしれないです。

――キャラクターの絵についてはどうですか?

上村:見た目から優等生で、ちょっと影があるって感じました。ただ、序盤のゼロツーと出会うあたりで、いろんな表情のヒロが見えたというか。ゼロツーがからかってくるので、それに対して頬を赤らめたりするときの表情なんかは、かわいらしさとあどけなさがあるなって思いました。

戸松:田中将賀さんの絵は、オーディションの段階から、ハッと思っていたんですけど、ゼロツーみたいな感じの女の子って新鮮だなって思いました。カッコいいというか。あと身長の比較表を見たんですけど、ゼロツーのほうがヒロより背が高くて、そこからしてゼロツーの男気!みたいなのを感じるなって思いました。

――では、これからスタートするにあたって、このペアの見どころを教えてください?

上村:出会いのシーンはすごく印象的だと思います。ヒロはモノローグがすごく多いんですが、序盤はゼロツーに振り回されながらもモノローグで気持ちを吐露しているので、感情移入しやすいんじゃないかなって。

あとゼロツーのカッコよさ、引っ張っていってくれる感じと、ヒロが振り回されてあたふたしている感じは面白いので、まずは出会いのところを楽しみにしていてください。

戸松:第1話から二人の上下関係っていうのかな(笑)、完全にゼロツーペースなんだっていう、土台の部分が見える1話なので、ゼロツーの無邪気なところを見てほしいですね。出会いがもう衝撃的なので! いろんなペアがありますけど、その関係が恋愛なのかパートナーなのか友情なのか。誰も先の展開がわからないオリジナルアニメならではの楽しみがあると思います。

後から振り返るといろいろな伏線があって、一回じゃ消化し切れない部分もあると思うんですけど、ゼロツーは謎が多いので、最初はコドモたち目線で見るといいかもしれないなって思います。

――それ以外の見どころというと?

上村:見所を限定するのは難しいんですが、アクションが素晴らしくて、相当迫力があるものになっていると思います。でもその根底にはコドモたちの人間ドラマがあるんです。

叫竜を倒すために立ち向かう姿、完成されていないからこそ、不完全で儚い。自分の気持ちもコントロールできない切なさとか、子供らしさみたいな部分があるので、そこも注目していただきたいです。

戸松:全部素晴らしいんですけど、アクションシーンはすごいことになってますね。アフレコをやっててもカットがバババババッって切り替わっていくんです。

あとは遠い未来の話なので世界観が私たちの日常とは違っているんです。何でコドモたちだけで住んでいるんだろうとか、その世界観を本能的にでもいいので、好きになってもらえたらと思います。

[取材・文/塚越淳一]

(C)ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

ダーリン・イン・ザ・フランキスの関連画像集

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集