menu
アニメ
劇場版「Fate/stay night [HF]」第2章初日舞台挨拶レポ

劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」Ⅱ.lost butterfly 初日舞台挨拶レポ|杉山紀彰さん、下屋則子さんら声優陣が公開を迎えた今の心境を明かす

2019年1月12日(土)より公開となった『劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」Ⅱ.lost butterfly』。その初日舞台挨拶が新宿バルト9で行われ、スタッフ陣から監督の須藤友徳さんとプロデューサーの近藤光さん。声優陣からは衛宮士郎役の杉山紀彰さんと間桐桜役の下屋則子さんをはじめとした6名が登壇されました。

イベントでは登壇者がそれぞれに、公開を迎えての感想や作品やキャラクターたちへの心境を語ったほか、制作に際する苦労話なども明らかに。本稿ではこのイベントの模様をレポートしていきます。

なお、登壇者の詳細は以下の通り。

【登壇者】
須藤友徳さん(ufotable:監督)
近藤光さん(ufotable:プロデューサー)
杉山紀彰さん(衛宮士郎役)
下屋則子さん(間桐桜役)
川澄綾子さん(セイバーオルタ役)
植田佳奈さん(遠坂凛役)
門脇舞以さん(イリヤスフィール・フォン・アインツベルン役)
浅川悠さん(ライダー役)
 


 
アニメイトタイムズからのおすすめ

作品を思わせるかのような当日の天候。そして第1章を越えるものを目指したスタッフ陣の覚悟

須藤監督と近藤氏が会場に呼びこまれると、登壇した6名の声優陣も続いて登場。集まったファンの温かい拍手に包まれたところで、ひとりずつ挨拶を述べることに。

ファンのみなさんにこの第2章を届けられてホッとしたと須藤監督が語ると、近藤さんはそんな須藤監督の言葉にくるものがあったことを明かし、第1章を越えるものにするという目標がスタッフの間にあったこと話していました。

声優陣からは、杉山さんが見てくれたファンのみなさんと色々なことを語りたい話したほか、下屋さんがアフレコの時から物凄いものになると期待していたとを明かしたり、川澄さんと植田さんが当日の天気について言及。普段ならお足元が悪いなかと言った挨拶になるところ、“雪”や“雨”と言った存在が作品を思い出させるという事で盛り上がりを見せていました。
 

 
本編や収録についてのトークへ移ると、須藤監督と近藤氏から本作のアクションシーンのコンテと演出に、『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』で監督を務めた三浦貴博氏が関わっていることが明かされます。このほかにも各演出陣と打ち合わせを何度も重ねたことが話題に上り、スタッフのみなさんが最後の瞬間まで情熱を注ぎこんだからこそ本作が完成したことがわかりました。

また、第1章にはランサー(CV:神奈延年さん)と真アサシン(CV:稲田徹さん)の高速道路でのバトルシーンがありますが、実はコンテが出来た段階で本当にできるのかと考えていたことが明らかに。

先述したとおり第1章を越えるものを目指すとなると、あれ以上のものに挑戦しなければならない。だからこそ何にどうチャレンジするのかを真剣に考えたそうで、その結果物量的に終わるのかと思えるようなとんでもないシーンが出来上がったのだとか。
 

 

各キャラクターにスポットを当てた見どころは!?

声優陣に話が及ぶと士郎と桜の恋愛模様だけが主軸にならないこと、本作の台本が前編と後編に分かれた物量となっており、キャラクターの心情がとても細かく描写されていたことが判明。下屋さんが桜の内面や心情、バックボーンをきちんと把握するために、ゲームをプレイしなおしたことなども語られていきます。

川澄さんがセイバーとセイバーオルタが別物だという捉え方をしたくなかったという話や、植田さん演じる凛の今までにないクールな部分が見られるシーンがあること。

そして門脇さんは、自身の演じるイリヤのサーヴァントであるバーサーカーのシーンについて、アフレコ時にその戦いを見守りつつじりじりとした想いを抱いていたとコメント。

また[Heaven's Feel]でかなり活躍をするライダーを演じる浅川さんは、今回彼女の意思を感じられるようなセリフを演じることになったそう。だからこそこれまでのように淡々と演じるのではなく、どれくらいの感情を込めて台詞を言うのか試行錯誤したとのこと。

ここまでのトークで作品の魅力が少しずつ見えてきたところで、再び須藤監督のターンに。濃密で見ごたえのある作品となっている本作ですが、その流れを決める際に、どうやって見る人の気持ちのゴールとなるシーンに向かっていくか試行錯誤されたそう。コンテの段階で話の盛り上がりをコントロールしていくそうで、そこが一番大変でもあり楽しかったと話していました。
 

 
続いて近藤さんに音響について聞いていくと、温かい雰囲気と美味しそうな料理が特徴的な『衛宮さんちの今日のごはん』と本作のリテイクの収録日が、同じ日に同じスタジオで行われたという驚きのエピソードが飛び出します。やはり雰囲気があまりにも違う作品なので、声優陣は切り替えが大変だったのだとか。
 

 

劇場では士郎のカッコよさに注目を

声優陣が演じるキャラクターが本作でどのような描かれ方をしていたのかが話題になると、下屋さんは桜がとにかく可愛かったとしみじみ語りました。コンテの段階から表情まで細かく描いてあり、その段階から可愛いと感じていたそうですが、その後完成した映像を見てさらに可愛くなっていたのだとか。また、士郎がとてもカッコよかったとも。

そろそろイベント終了の時間が近づいてきたところで、登壇者のみなさんから一言ずつコメントを貰っていくことに。

本作の何もかもが素晴らしいとした浅川さんに、登場するすべてのキャラクターに愛情が注がれていると評した門脇さん。植田さんは自身の演じる凛のサーヴァント・アーチャー(CV:諏訪部順一さん)の活躍をアピールしたほか、川澄さんは見た後に思いがけない感情が浮かんだとも。

そして下屋さんは、これからファンのみなさんに作品を見てもらうという事で、楽しみでもありますが、反応が怖かったり、桜を嫌いにならないでといった不安、そんな複雑な心境にあることを明かしました。しかしそれでも作品への自身を露わにし、色々なところでキャラクターの気持ちを汲み取って欲しいと話していました。

杉山さんが見終わった後に言葉を失ってしまったことを話したところで、近藤さんが本作にはスタッフの熱と意地が詰まっていると話します。戦闘シーンで爆発が起こる場面があるそうで、ワンカット数秒にも関わらず動画枚数900枚もかけて拘りぬいているそうです。

最後に須藤監督が改めて作品を届けられた喜びを話したところで、本イベントは幕を閉じました。
 

▲オフィシャル写真より

▲オフィシャル写真より


  
いよいよ公開となった『劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」Ⅱ.lost butterfly』。その迫力の戦闘シーンと、画面から滲み出してくるかのようなキャラクターたちの間に漂う空気感。これらをぜひ映画館の最高の環境で楽しみましょう!

[取材・文・撮影/胃の上心臓]
 

舞台挨拶後の登壇者のツイートまとめ

以下より、舞台挨拶を終えた出演者のみなさんのTwitterアカウントより、本作の関連ツイートをお届けします。
 

下屋則子さん

 

 

Aimerさん

 

植田佳奈さん

 

本作の見どころはこちらでチェック

劇場版「Fate/stay night [HF]」第二章の見どころを6つに分けて紹介
 

アニメイトタイムズ連載インタビューアーカイブはこちら

●劇場版「Fate/stay night [HF]」第二章下屋則子インタビュー【連載第1回・前編】
●劇場版「Fate/stay night [HF]」第二章下屋則子インタビュー【連載第1回・後編】
●劇場版「Fate/stay night [HF]」第二章下屋則子&杉山紀彰インタビュー【連載第2回】
●劇場版「Fate/stay night [HF]」第二章下屋則子&伊藤美紀インタビュー【連載第3回】
●劇場版「Fate/stay night [HF]」第二章下屋則子&Aimerインタビュー【連載第4回・前編】
●劇場版「Fate/stay night [HF]」第二章下屋則子&Aimerインタビュー【連載第4回・後編】

こちらもチェック!

●『Fate/stay night [UBW]』川澄綾子さん&下屋則子さんの溢れるセイバーと間桐桜への愛。声優インタビュー
 

『Fate/stay night [Heaven's Feel]』関連商品

 

 

 

 

 

作品情報

作品タイトル:劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」Ⅱ.lost butterfly
公開日: 2019年1月12日(土)全国ロードショー
公開館:131館


 

キャッチコピー

少女の願いは静かに、爛れ、散りゆく――

イントロダクション

それは、手にした者の願いを叶えるという万能の願望機――

「聖杯」をめぐる物語を描いたヴィジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』。その最終ルート[Heaven's feel](通称・桜ルート)が全三部作で劇場版アニメ化される。

アニメーション制作は2014年にTVアニメ版[Unlimited Blade Works]を手掛けたufotable。キャラクターデザイン・作画監督として数々のTYPE-MOON作品のアニメ化を手掛けてきた須藤友徳が監督を務める。

2017年に公開された第一章[presage flower]は98万人を動員し、大きな話題に。興行収入も15億円を記録した。

第二章は、三部作の分岐点を描く最重要エピソード。その全三章で贈る[Heaven's feel]の運命の岐路――第二章[lost butterfly]が飛翔する。

ストーリー

俺の戦うべき相手は――まだこの街にいる。
少年は選んだ、自分の信念を。そして、少女を守ることを。

魔術師〈マスター〉と英霊〈サーヴァント〉 が願望機「聖杯」をめぐり戦う――「聖杯戦争」。10年ぶりに冬木市で始まった戦争は、「聖杯戦争」の御三家と言われた間桐家の当主・間桐臓硯の参戦により、歪み、捻じれ、拗れる。臓硯はサーヴァントとして真アサシンを召喚。正体不明の影が町を蠢き、次々とマスターとサーヴァントが倒れていった。

マスターとして戦いに加わっていた衛宮士郎もまた傷つき、サーヴァントのセイバーを失ってしまう。だが、士郎は間桐 桜を守るため、戦いから降りようとしなかった。そんな士郎の身を案じる桜だが、彼女もまた、魔術師の宿命に捕らわれていく……。

「約束する。俺は――」
裏切らないと決めた、彼女だけは。
少年と少女の切なる願いは、黒い影に塗りつぶされる。

メインスタッフ

原作:奈須きのこ/TYPE-MOON
キャラクター原案:武内崇
監督:須藤友徳
キャラクターデザイン:須藤友徳・碇谷敦・田畑壽之
脚本:桧山彬(ufotable)
美術監督:衛藤功二
撮影監督:寺尾優一
3D監督:西脇一樹
色彩設計:松岡美佳
編集:神野学
音楽:梶浦由記
制作プロデューサー:近藤光
アニメーション制作:ufotable
配給:アニプレックス

メインキャスト

衛宮士郎:杉山紀彰
間桐桜:下屋則子
間桐慎二:神谷浩史
セイバーオルタ:川澄綾子
遠坂凛:植田佳奈
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン:門脇舞以
藤村大河:伊藤美紀
言峰綺礼:中田譲治
間桐臓硯:津嘉山正種
衛宮切嗣:小山力也
ギルガメッシュ:関智一
ライダー:浅川悠
アーチャー:諏訪部順一
真アサシン:稲田徹

公式サイト
公式ツイッター(@Fate_SN_Anime)

(C)TYPE-MOON・ufotable・FSNPC
(C)TYPE-MOON
おすすめタグ
あわせて読みたい

Fate/stay night[Heaven’s Feel]の関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年夏アニメ一覧 10月放送開始
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020冬アニメ、何観るアンケート(中間発表)
冬アニメ声優で観る
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー