menu
映画
映画『ワンピース スタンピード(ONE PIECE STAMPEDE)』チョー(ブルック役)インタビュー

映画『ワンピース スタンピード(ONE PIECE STAMPEDE)』チョーさん(ブルック役)インタビュー|「ブルックを演じる時は誇張しすぎず、真面目すぎず、佇むだけ」

『ONE PIECE』ファンが集まるイベントこそがSTAMPEDE

――演じる時は役作りを考えないとおっしゃっていましたが、チョーさんが役者でいるために日頃から心がけていることはありますか?

チョー:「身体を壊さないように!」それだけですね(笑)。毎日10キロ走っています。朝と限らず、その仕事に合わせて走るので、仕事がない時は夏場だと夕方、日が陰ってきたら走ります。
仕事が朝からある時はその前に起きて走りますし、ロケに行ったら夜中や早朝3時4時に起きて走りますね。

なるべく動けるうちは続けておく。「続けるのが大切だ」という気持ちが自分の中にあって、そこで1回やめてしまうと、身体にガクッとくるんです。

――走らなかったことはないんですか?

チョー:ありますよ。今日は身体がきついなという時は、無理はしない。最近は途中まで歩いて、途中から走り出すこともあるし、歩くだけの時もあります。「絶対に10キロ以上走るぞ!」と思っていたのは、50代半ばまでぐらいですね。それ以降は身体を酷使すると、続かなくなるという知恵がついてきたので、ストップはするけど、リタイアはしないと決めています。

――今作のタイトルになっている“STAMPEDE(スタンピード)”は熱狂的行動、殺到、暴走を意味しますが、作品と関わる中で、何か“STAMPEDE”なことはありましたか?

チョー:タイトルがSTAMPEDEと聞いて、びっくりしました。なかなか聞かない言葉ですよね。熱狂といえば、『ONE PIECE』のイベントなどで、ファンのみんなの前に行くと、テンションが上がります。ステージから客席を見ると、こちらに降り注いでくるお客さんのひとりひとりのパワーがすごいんです。ひとりひとりのパワーがすごいのに、会場に集まったみんながひとつになっている、その空気感の中に入って行くからなんでしょうね。

『ONE PIECE』が大好きな人たちがいっぱい集まるところに自分が入って、その中に引き込まれていくと、その瞬間から自分もテンションがすごく上がる。その瞬間のテンション度というのがありますよね。ステージがあのテンションのまま、ずーっと終わればいいのにね。キャストはみんな疲れていっちゃうから、途中からグダグダになってしまうんです(笑)。

――ありがとうございました。

[取材・文/宋 莉淑(ソン・リスク) 撮影/鳥谷部宏平]

関連記事


●田中真弓さん(ルフィ役)、古谷徹さん(サボ役)、大場真人さん(スモーカー役) 3ショットインタビューはこちら
 
●平田広明さん(サンジ役)インタビューはこちら
 
●岡村明美さん(ナミ役)インタビューはこちら
 
●大谷育江さん(チョッパー役)インタビューはこちら
 
●中井和哉さん(ロロノア・ゾロ役)インタビューはこちら
 
●矢尾一樹さん(フランキー役)インタビューはこちら
 
●山口由里子さん(ニコ・ロビン役)インタビューはこちら
 
●山口勝平さん(ウソップ役)インタビューはこちら
 
●ユースケ・サンタマリアさん(ブエナ・フェスタ役)インタビューはこちら
 
●4DX《通常版》6つの見どころ&体感ポイントはこちら
 
●アニメイトの『ONE PIECE STAMPEDE』公開応援キャンペーンはこちら

関連商品

 

 

 

おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019秋アニメ おすすめランキングまとめ!
2019秋アニメ 声優一覧
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー