menu
アニメ
【今日のおすすめアニソン】TVアニメ『SLAM DUNK』WANDS「世界が終るまでは…」【塚越淳一のアニソントラベラーvol.33】

TVアニメ『SLAM DUNK』WANDS「世界が終るまでは…」【毎日1曲おすすめのアニソンをあなたに 塚越淳一のアニソントラベラーvol.33】

毎日1曲ずつ名曲おすすめアニソンを紹介する連載企画「塚越淳一のアニソントラベラー」。毎週金曜日は懐かしのアニソンをご紹介! 連載第33回は、TVアニメ『SLAM DUNK』より、WANDSの「世界が終るまでは…」です。

みなさん知っていますか? 一時期、CDは円盤が小さくて、ジャケットは縦長の細身だったんです。今どきの正方形に近い形ももちろんありましたが、シングルCDはもっぱら小さくて細かったんです。嘘じゃないですよ。WANDSの「世界が終るまでは…」で検索してみたり、近くの30代以上の大人に聞いてみてください。

ということで、WANDSの「世界が終るまでは…」も当時は細身のジャケットでした。『SLAM DUNK』は言わずもがないい作品で、筆者もこの作品をきっかけにバスケを始めたものです。

思い出がいっぱい詰まっている曲なので、長くなりそう。こんなところで塚越さんへ!

 

アニメイトタイムズからのおすすめ

ぼくらはもう一人で

「おどるポンポコリン」で幕を開けた90年代。92年にはTVアニメ『幽☆遊☆白書』が、93年にはTVアニメ『SLAM DUNK』が放送された。この頃の『週刊少年ジャンプ』の勢いはものすごく、毎週販売部数が600万部超えをしていたりするので、本当に誰もが読んでいるという印象があった。続きが気になって、ちょっと早く売ってくれるお店の噂を聞いては、そこのインターホンを鳴らして買ったものである。ただ、高校生くらいで、早く読んでも、どうせ1週間待つんだからいつ買っても一緒じゃんと気づくわけだが。

当時はJ-POPも全盛で、ミリオンセラーを達成する曲があちこちにあった。Mr.Childrenやスピッツがメジャーデビューをしたのも90年代前半である。

80年代後半から、アニメ主題歌のJ-POPタイアップという流れが出来始めていたと思うのだが、90年代に関しては、これは本当にアニメのために作られたのかな? という曲が、今にして思えば多かったように思う。ただ、アニメを見ている側からすると、まだ子供だったので、そんなことほとんど気にしてなかった。

『SLAM DUNK』は、当時誰もが好きだった大ヒットバスケ漫画だったのだが、そのタイアップもまた強力だった。最初のエンディングテーマが大黒摩季の「あなただけ見つめてる」でミリオンセラーを達成している。そして、その次のエンディングテーマになったのが、WANDSの「世界が終るまでは…」だ。この曲はとにかくカッコ良かったし、何より上杉昇のボーカルがロックだった。

作曲は、織田哲郎さんで、この時すでにZARDの「負けないで」「揺れる想い」、中山美穂&WANDSの「世界中の誰よりきっと」といった90年代を代表するヒット曲の多く手掛けていた作曲家。冒頭に書いた「おどるポンポコリン」も織田哲郎さん作・編曲によるものだ。つまり、時代を作ったJ−POP界のレジェンドと言っていいだろう。まぁ、これに関してはもう少し書くべきことがあったりするのだが、少し複雑になってしまうので省略する。

織田さんと言えば、『Animelo Summer Live 2012』で、テーマソング「INFINITY~1000年の夢~」の作曲をしていて、その年にサプライズゲストとして登場したことを覚えている人も多いのではないだろうか。そして、そのとき上杉昇と共に披露したのが、まさしく「世界が終るまでは…」だった。これ、実はかなり歴史的な瞬間だったと思うので、当時生で見ててものすごく感動したのを覚えてる(しかもTETSU名義でリリースした『装甲騎兵ボトムズ』のオープニングテーマ「炎のさだめ」も歌唱してくれた!!)。

やはり織田さんの曲は、メロディーが良いし王道感がある。提供曲に関しては売れる曲というのも意識していたのかなと思う。やはりリスナーが好きなメロディーや展開が多かったし、それが今聴いても良い曲であり続けているのが素晴らしい。

ただ、本当に今にして思うのは、《大都会に 僕はもう一人で》って歌い出しから、まったく『SLAM DUNK』じゃない(笑)。そもそも舞台は神奈川の湘南のほうだし…。

このあたりの上杉昇の歌詞の尖りっぷりって、アニメに関係あるなしに関わらず実は好きで、WANDSは次のシングルで「Secret Night ~It's My Treat~」というめちゃめちゃ尖ったロック曲をリリースしたのだけど、それにすごくドキドキしたのを覚えている。

このへんで自分もグランジ&オルタナといった楽曲が好きになっていくので、アニソンからそのアーティストを好きになっていくと、音楽感も変わっていったりしますよね! という話でまとめます。天晴!

 

塚越淳一プロフィール

『ご注文はうさぎですか?』のシリーズ楽曲毎日紹介の執筆やイベントパンフレットの制作、内田真礼さん、三森すずこさんのライブパンフレット、『まちカドまぞく』『ちはやふる』のブックレットほか、雑誌やWebなどで執筆をしているフリーライター。

塚越淳一のアニソントラベラー |バックナンバー

vol.1:RADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」
vol.2:LiSA「紅蓮華」
vol.3:オーイシマサヨシ「君じゃなきゃダメみたい」
vol.4:亜咲花「SHINY DAYS」
vol.5:飯島真理「愛・おぼえていますか」
vol.6:UNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」
vol.7:紗倉ひびき&街雄鳴造「お願いマッスル」

vol.8:鈴木雅之「ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花」
vol.9:水瀬いのり「ココロソマリ」
vol.10:ChamJam「Clover wish」
vol.11:フランシュシュ「徒花ネクロマンシー」
vol.12:太田貴子「デリケートに好きして」
vol.13:Rhodanthe*「Jumping!!」
vol.14:MADKID「RISE」

vol.15:早見沙織「夢の果てまで」
vol.16:坂本真綾「クローバー」
vol.17:Run Girls, Run!「Share the light」
vol.18:shami momo「町かどタンジェント」
vol.19:TM NETWORK「Get Wild」
vol.20:the pillows「Happy Go Ducky!」
vol.21:supercell「君の知らない物語」

vol.22:μ’s「Snow halation」
vol.23:レン(楠木ともり)「To see the future」
vol.24:ワルキューレ「一度だけの恋なら」
vol.25:22/7(ナナブンノニジュウニ)「ムズイ」
vol.26:うしろゆびさされ組「うしろゆびさされ組」
vol.27:SEATBELTS「TANK!
vol.28:小倉唯「ハピネス*センセーション」

vol.29:畠中祐「not GAME」
vol.30:i☆Ris「アルティメット☆MAGIC」
vol.31:よりもい「ここから、ここから」
vol.32:Galileo Galilei「青い栞」
vol.33:WANDS「世界が終るまでは…」
vol.34:後ろから這いより隊G「太陽曰く燃えよカオス」
vol.35:伊藤美来「守りたいもののために」

vol.36:宮野真守「光射す方へ」
vol.37:鬼頭明里「Tiny Light」
vol.38:和氣あず未「Hurry Love」
vol.39:ペコリーヌ、コッコロ、キャル「Lost Princess」
vol.40:森口博子「水の星へ愛をこめて」
vol.41:中島愛「髪飾りの天使」
vol.42:新越谷高校女子野球部「プラスマイナスゼロの法則」

vol.43:ORESAMA「Trip Trip Trip」
vol.44:あいみょん「空の青さを知る人よ」
vol.45:中野家の五つ子「五等分の気持ち」
vol.46:Official髭男dism「FIRE GROUND」
vol.47:坂本真綾「約束はいらない」
vol.48:麻倉もも「ユメシンデレラ」
vol.49:Mrs. GREEN APPLE「インフェルノ」

vol.50:堀江由衣「バニラソルト」
vol.51:チーム "ハナヤマタ”「花ハ踊レヤいろはにほ」
vol.52:大槻ケンヂと絶望少女達「あれから(絶望少女達2020)」
vol.53:鈴木みのり「FEELING AROUND」
vol.54:放課後ティータイム「U&I」
vol.55:ClariS「コネクト」
vol.56:OxT「UNION」

vol.57:千石撫子「恋愛サーキュレーション」
vol.58:田村ゆかり「おしえて A to Z」
vol.59:GRANRODEO「Can Do」
vol.60:内田真礼「ギミー!レボリューション」
vol.61:FLOW「DAYS」
vol.62:雪ノ下雪乃&由比ヶ浜結衣「Hello Alone」
vol.63:May'n/中島愛「ライオン」

vol.64:森川美穂「ブルーウォーター」
vol.65:森口博子「ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜」
vol.66:加藤登紀子「時には昔の話を」
vol.67:川添智久「STAND UP TO THE VICTORY ~トゥ・ザ・ヴィクトリー~」
vol.68:Fire Bomber「SEVENTH MOON」
vol.69:高橋洋子「残酷な天使のテーゼ」

おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020夏アニメ(来期7月)、何観るアンケート(結果発表)
夏アニメ声優で観る
2020春アニメインタビュー
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング