menu
アニメ

2022年秋劇場版公開時期決定! あの熱い瞬間をもう一度!『SLAM DUNK』全試合ネタバレ解説!

インターハイ第2回戦 ー王者・山王工業vs湘北ー

 
豊玉を下した湘北は続く山王工業戦に向けて準備をし始めます。試合前夜に対戦相手のビデオを観て改めて山王の強さを実感する選手たち。気圧されるのは当たり前で、もしそれをはねのけ善戦したとしても、会場は山王の負けを望んではいない。皆それぞれ不安を抱えながらも試合に意識を集中させていきます。

対する山王も隙きなど微塵もない徹底した対策を立て、その上で緒戦をいい形で突破することを狙います。王者に死角なし、湘北はどこまで食らいつくことができるのでしょうか。

最大の挑戦

極度の緊張と不安を抱えていた湘北のメンバーたちでしたが、安西先生のひと押しで吹っ切れて良い精神状態を迎えます。山王への宣戦布告も成功し試合開始です。

桜木・宮城による奇襲のアリウープも成功し、これ以上ないコンディションでプレイする湘北。決して受けに回らない先手先手のバスケットを目指します。三井のスリーも絶好調で会場の予想を覆す立ち上がりとなりました。一方山王も普段と変わらず落ち着いた雰囲気で湘北を迎え、淡々と得点をとっていきます。

絶好調三井は3連続スリーを決め注目を浴びます。もう過去の自分を超え、湘北に欠かせないシューターになっていたのでした。山王は三井専用DFとして起用された一ノ倉で三井を封じようとします。

赤木も、桜木も、宮城も自分のマッチアップする相手と同等に渡り合い湘北がリードする展開に。注目の流川vs山王のエース・沢北栄治(以下沢北)というマッチアップも第一ラウンドは流川の勝利。そして両チームともにエースを温存。少しは楽になるかと思われましたが、選手層の厚い山王は新たなる刺客を繰り出すのです!

河田・弟

 
沢北の代わりに入ったのは山王工業キャプテン・河田雅史(以下河田)の実の弟である2m10cmのビッグマン・河田美紀男(以下河田弟)。圧倒的なサイズとパワーでポストプレイを仕掛けてきます。日本No.1センターの偉大な兄を持つ彼を、未来の山王の軸にすべく経験と自信をつけさせようとした山王工業の堂本監督でしたが、安西先生はそこを的確に突く作戦を立てました。

山王のタイムアウト後の作戦は、桜木中心での攻め。向こうが経験の浅い河田弟で攻めてくる以上安西先生は桜木に分があると見てあえてのカウンターを狙います。河田弟のポストプレイの前にあっけなく押し切られた桜木でしたが安西先生は何か確信めいた物があるようでした。

山王のような格上とやるときは、局地戦(勝てる分野で勝負する)しかない。河田弟vs桜木なら絶対に桜木が勝つと踏んだ安西先生、彼の動きの速さと、動きの量で勝負するように伝えます。それなら絶対に勝てると。

しかし桜木はパワーでも負けたくないと抵抗、押し負けてしまう。しかし彼は気づきます。河田弟はゴール下しかでしか動くことが出来ないのではないか、そして自分が魚住や赤木としのぎを削りあってきたことを。

もう桜木はけして押されない。そして身につけた河田弟にはない武器を使って得点を重ねます。自身と経験を植え付けようと堂本監督に駆り出された河田弟は、苦汁を味わうことに。そして桜木はさらなる自身と経験を得たのでした。うまく行き過ぎている湘北ですが、これから波乱の後半戦が始まるのでした。

かっこ悪い湘北

後半開始直後、すぐさま逆転のスリーを決めた山王は彼らのお家芸と言われるフルコート・ゾーンプレスを決行。開始3分で約20点差をつけられてしまいます。いつ戦意喪失してしまってもおかしくないこの数字。

ゾーンプレスをどうにかこじ開け、嫌な雰囲気を断ち切らねばならない。そこで頼りになるのは大黒柱赤木です。宮城の切込みによってどうにか突破した先に立ちはだかるのは最強のセンター・河田です。どうにかキャプテンである赤木が、彼とのマッチアップを制し湘北の起死回生となる一発をもたらさなければなりません。三井は前半のディフェンスにより疲弊しており、沢北が戻ってからは流川も自由に動けない。そんなときは赤木しかいないのです。

山王工業キャプテン河田。彼は高校生1年生のころ165cmしかありませんでした。そこから約2年間で30cmほどの急激な成長をします。そして彼はその都度自らのプレイスタイルを変えてきた。強靭な肉体と器用なプレイを努力によって身につけた最高の選手です。赤木は、初めて完膚なきまでに敗北します。攻守において河田は住む世界が違う。湘北は二度と立ち直れないほどの傷を受けてしまったのでした。

最後のタイムアウトを取る湘北。安西先生の声は満身創痍の彼らには届きません。そして桜木は小暮と抗体を告げられ、安西先生が勝利を諦めたと思い憤る桜木。しかし安西先生は一度桜木をベンチに下げてプレイをよく観察させ彼を使った湘北の反撃の道筋を伝えることが目的でした。

桜木がやることは非常にシンプル。絶対にオフェンスリバウンドを取ること。そしてこのかっこわるい湘北を元気づけること。これから追いかけるには彼のリバウンドとガッツが必要です。湘北の期待をこの男の双肩にのせ、追い上げを狙います!

ハートオブチーム

桜木は本能的にこのチームがこのままでは負けることを理解していました。そこでまずは赤木にカンチョーして喝! そして会場に「山王に勝つ」ことを宣言します。そしてリバウンドを取る! 桜木の山王への挑戦が始まります。

反則ギリギリで2本のリバウンドをとる桜木。彼に与えられたのはチームに勢いをもたらし心臓である赤木を再び燃え上がらせる役割もあります。桜木のガッツにより宮城に流川、徐々に逆転に希望を持ち始め、あとは赤木が河田とどう向き合って行くかにかかっています。

リバウンドの名手である山王・野辺とのマッチアップで桜木はまた成長を見せます。一度目のジャンプでボールを弾き、二度目で自分のものにする。圧倒的な運動量によってここ一番のプレイを見せた桜木。そしてボールが赤木に渡る。しかし赤木はまだ河田自意識過剰状態です。強引なダンクがファウルになり自ら転倒してしまいます。そこにライバルである魚住がやってきたのです‼ 

魚住は現段階敵わないであろう河田に躍起になっている赤木を過去の自分と重ね合わせていました。赤木に勝たねば湘北に勝てない、そう思っていた自分はあの試合で気づいたことを赤木に伝えねばならない。その思い出の乱入でした。湘北には主役になれるやつがいる、赤木がたとえ勝てなくてもチームで勝てばいい。雄叫びをあげ、吹っ切れた赤木。湘北の心臓がやっと鼓動をはじめました。

湘北に必要な男

赤木が体を張ってチームとして勝つことを覚悟し、それに答えるように体力の限界だった三井が動き始めます。今時分がオフェンスをしているのかディフェンスなのかもわからないような状況でスリーを決め続ける三井。それを支える赤木。2年間という時間をかけてやっとこの2人はほんとうの意味でのチームになった、それがわかる瞬間でした。

ヘロヘロな三井は、赤木がスクリーンをし、宮城がフリーの自分にパスを出し、リバウンドは桜木が取る。そのことだけを信じてコートに立ち続けます。点差は縮み始め、確実に湘北に風が吹き始める。そのリズムをもたらせたのは桜木です。晴子の目に狂いはなく、湘北に必要な男になった桜木。その桜木をディフェンスすべく河田が立ちはだかるのでした。

ただがむしゃらに河田に食らいつく桜木。河田のシュートに対して100%の力でジャンプしブロック、そして着地した次の瞬間にはもう速攻に走っている。この異常な桜木のポテンシャルに気づき驚いていたのは河田と安西先生のみ。速攻を失敗した桜木のフォローでダンクを決める流川。この2人の逸材をいつまでも見ていたいと願う安西先生でした。

沢北と流川

桜木と流川の活躍により点差を一桁にした湘北。しかしこの2人の活躍がスーパーエース沢北に火をつけました。日本最高峰のスコアラーである沢北が牙を剥きます。どの点を見ても欠点のない沢北に手も足も出ない流川。こんなに何もできない流川をみるのは初めてです。アメリカ留学を決めた沢北は、自分に似た流川を見つけた喜びで、さらにギアが上がっていきます。気づけばまた点差は20点にまで膨れ上がっていました。しかしこんな絶望的な状況で流川は笑います。やはり彼も沢北と同等、超えるべきものを見つけた時にこそ喜びが溢れてくる。そして進化する生き物なのです。

「君は仙道に及ばない。」 「1on1もオフェンスの選択肢にすぎない」流川は安西先生と仙道に言われた言葉を思い出します。相手のエースが活躍しているなら、こっちもやり返さなければいけない。しかしこれは試合です。味方がいる。

彼はドライブからストップし、赤木に一本パスを入れました。それを難なく決める赤木。これまで流川はフィニッシャーとして活躍してきました、そんな彼がパスをしたのです。たったそれだけのことですが、それが仙道との違いでした。パスはけして逃げることじゃない。ボールを運んでチームを動かすことができる、という事実がオフェンスになる。沢北ほどのプレイヤーでも流川のフィニッシュとパスのどちらもケアすることなど出来ない、だから抜ける。

強力な相手が現れて、打ちのめされた流川ですがだからこそさらなる高みへと昇ることが出来ました。桜木のファインプレイも相まって気づけば差は8点。鬼気迫る流川、エースとして湘北を引っ張ります。

救世主

激しくぶつかり合う沢北と流川。ここで流れを完全に持ってくるために沢北を止める作戦を練る桜木。それは自分が囮となってブロックに飛び、そのフォローで赤木がブロックするというもの。沢北が負け無しのエースゆえパスしないと読んでの作戦でした。

見事的中し、勢いに乗っていた沢北をシャットアウトすることに成功。そこで桜木の体を張ったスーパープレーが飛び出します。ルーズボールに反応して解説席に飛び込んだ桜木のおかげで湘北のプレイを切ることなく続行することが出来たのです。これによって湘北に完全に流れが来ました。湘北バスケ部に必要な男であり、救世主・桜木。彼のガッツあふれるプレイによって会場も湘北の勝利を予感し始めます。

流川がダメ押しのスリーを決めついに5点差、山王もたまらずタイムアウトを取ります。勢いづく湘北ベンチの中、赤木は過去自分が埋もれていたときのことを思い出します。ずっと共に全国制覇を目指す仲間が欲しかった赤木。仲間の頼もしさに思わず涙を流します。泣いてるところをイジられる赤木、そんな彼を尻目に桜木は背中に痛みがあることをアヤコに告げるのでした。

栄光の時

 
盛り上がる湘北、そして全力でそれに答える山王。残り時間あと2分にもかかわらずあくまでもどっしりと戦う山王。彼らの精神力は半端じゃありませんでした。全力の山王に攻めあぐねる湘北、そんなときは大黒柱の赤木しかありません。彼はもう一度河田に挑戦する勇気を得て真っ向からぶつかりました。惜しくもシュートは外れますが、ファウルをもらうことに成功。しかしリングに弾かれたボールを桜木がダンク! ですが笛の後なのでノーカウントに。赤木が河田に立ち向かったことを喜ぶ選手たちでしたが、あのダンクにより桜木の怪我が悪化。立っているのもやっとな状況に、桜木はベンチに退くことになったのです。

戸惑う選手たちですが、コートに残された5人は桜木をしんじて自分のプレイをするのみ。痛みで意識が遠のく中、走馬灯のようにこれまでの記憶が蘇る桜木。そして自分が心の奥底からバスケットが大好きであることを実感。晴子に今度は嘘ではなく、大好きだと伝えます。そして試合に出ることを臨みます。止める安西先生に、桜木は「オレの栄光時代は今だ」と言い残して痛みに耐えながらもコートに戻るのでした。

大歓声に迎えられる桜木、チームメイトは心配しますが残り一分、やせ我慢をしてでも戦い抜くことをアピールします。彼を信頼した仲間たちはこのゲームをひっくり返すべく最後の戦いへと向かいます。

湘北高校バスケットボール部

 
山王の猛攻に耐える湘北。桜木の選手生命をかけたブロックからオフェンスへ転じます。その桜木の頑張りに応えるように必死に走っていた三井にボールが渡り、一度フェイクをはさみファウルを誘ったスリーが決まります。フリースロー合わせて一気に4点、その差は後1点に。

必死にディフェンスする湘北。河田にボールが入り赤木との1対1。赤木はここ1番で河田をブロック、こぼれ球を拾う桜木ですが限界が近い彼は沢北にスティールされてしまいます。すぐさまダンクへいく沢北、万事休すかと思われましたが背後から飛んだ桜木のブロックが炸裂します。

ルーズボールを流川がとりすぐさま相手ゴールへかける、しかし戻りの早い山王にまたもや阻まれてしまいます。こぼれたボールに飛びついたのはまたもや桜木。そしてそのまま流川にパスを出します。目と目があった、初めての桜木から流川へのパス。それを執念で決める流川。湘北逆転です。

桜木に交代が言い渡されたため、タイムアウトを取らない選択をし5対4の状況にした堂本監督。深津のゲームメイクから沢北が抜け出し、ジョーダンばりのフェイダウェイを沈めます。山王逆転。

残り10秒。一目散にゴールに向かう桜木。必死で戻る山王メンバー。
残り5秒で流川にボールが渡ります。沢北と同じく強引にジャンプシュートにはいる流川ですが、チェックが厳しくこのままではシュートできません。
残り2秒、流川は空中で桜木がゴールから右45度の位置で構えているのを見つけます。

ーーーーーーーー「左手はそえるだけ」

桜木の独り言を聞いたか、聞かぬか、目と目が交差した流川から桜木への初めてのパスが通ります。

残り1秒、桜木はボールをキャッチした瞬間、無我夢中で体が自動的に綺麗なシュートフォームでボールを放っていました。そのボールは綺麗な弧を描きリングを通り抜けます。

桜木と流川は思わずハイタッチ。その後選手たちがなだれ込み、会場全体が爆発。なんと王者・山王と湘北高校の試合結果は1点差で湘北が勝利したのです。

何度突き放されても這い上がり、最後まで勝利の意思を持続けた彼らが山王の覇者としての歴史にピリオドを打ったのでした。

一生、心に残る鮮烈なインパクト!

まさかの番狂わせを起こした湘北はその後、桜木の怪我も相まって3回戦で敗退。3年は三井を残し引退し、新生湘北がスタートします。その様子をリハビリ中の桜木が、新マネージャーである晴子の手紙で知り、医者にきついリハビリ耐えられる?と尋ねられ

「天才ですから」と返答。

ここで物語は終了します。

これまでに繰り広げられた熱い試合の数々に、読み返しながら思わず涙が止まりませんでした。またしっかり振り返ってみると改めて自分自身が以下に『SLAM DUNK』という作品に影響され、支えられてきたか実感することができました。

好きすぎて事細かく書きすぎてとてつもなく長くなってしまいましたが、皆様もぜひもう一度作品を読み返して見てはいかがでしょうか。この際この記事は途中まででも構いません。このような素晴らしい作品がこの世に生まれた事、そしてまた今新アニメーション映画として産声をあげようとしていることに感謝してこの文を締めようと思います。

作品に関わったすべての方々、湘北高校、その他対戦したすべてのバスケットチームのみなさまありがとうございました。『SLAM DUNK』は私の人生に必要なものになったよ……。

その他のネタバレ記事

◆『黒執事』ネタバレあらすじストーリー解説
◆『進撃の巨人』最終回までのネタバレあらすじを簡単にまとめて解説
◆『五等分の花嫁』最終回までのネタバレ解説
◆『呪術廻戦』これまでのあらすじをわかりやすくまとめてご紹介!
◆『約束のネバーランド』最終回までのネタバレ・あらすじ紹介
◆『ひぐらしのなく頃に』ネタバレ解説
◆『東京卍リベンジャーズ』ネタバレまとめ
◆『鬼滅の刃』ネタバレまとめ
◆『チェンソーマン』ネタバレまとめ
◆『SLAM DUNK(スラムダンク)』ネタバレ解説(全試合網羅)
◆『地獄楽』ネタバレまとめ
◆『CLANNAD(クラナド)』ネタバレ|第1期~第2期までのあらすじまとめ

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022夏アニメ何観る
2022夏アニメ最速放送日
2022夏アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング