映画
関俊彦、木内秀信登壇の『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』舞台挨拶公式レポ

関俊彦さん、木内秀信さん、古賀豪監督が登壇! 『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』大ヒット御礼舞台挨拶の公式レポートが公開!

11月17日(金)に公開された、アニメ映画『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』。本作のヒットを記念し、水木しげる先生の命日でもある11月30日(木)に大ヒット御礼舞台挨拶が行われました。

会場は水木先生の第二の故郷と言われ、ファンにとっては聖地ともいえる調布の劇場「イオンシネマシアタス調布」。関俊彦さん(鬼太郎の父/かつての目玉おやじ役)、木内秀信さん(水木役)、古賀豪監督が登壇し、作品に関するトークを繰り広げました。

このたび、本舞台挨拶の公式レポートが到着しています。

関連記事
鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎
廃墟となっているかつての哭倉村に足を踏み入れた鬼太郎と目玉おやじ。目玉おやじは、70年前にこの村で起こった出来事を想い出していた。あの男との出会い、そして二人が立ち向かった運命について…昭和31年―日本の政財界を裏で牛耳る龍賀一族によって支配されていた哭倉村。血液銀行に勤める水木は当主・時貞の死の弔いを建前に野心と密命を背負い、また鬼太郎の父は妻を探すために、それぞれ村へと足を踏み入れた。龍賀一族では、時貞の跡継ぎについて醜い争いが始まっていた。そんな中、村の神社にて一族の一人が惨殺される。それは恐ろしい怪奇の連鎖の本当の始まりだった。鬼太郎の父たちの出会いと運命、圧倒的絶望の中で二人が見たものはー作品名鬼太郎誕生ゲゲゲの謎放送形態劇場版アニメシリーズゲゲゲの鬼太郎スケジュール2023年11月17日(金)キャスト鬼太郎の父(かつての目玉おやじ):関俊彦水木:木内秀信龍賀沙代:種﨑敦美長田時弥:小林由美子龍賀時貞:白鳥哲龍賀時磨:飛田展男龍賀孝三:中井和哉龍賀乙米:沢海陽子龍賀克典:山路和弘龍賀丙江:皆口裕子長田(龍賀)庚子:釘宮理恵長田幻治:石田彰ある謎の少年:古川登志夫鬼太郎:沢城みゆきねこ娘:庄司宇芽香山田:松風雅...

『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』大ヒット御礼舞台挨拶 公式レポート

満席の観客席は老若男女の幅広いお客様が詰めかけた。キャスト・監督が登壇すると割れんばかりの拍手で場内の熱気は最高潮。映画が大ヒットしていることもあり、登壇者も全員満面の笑みの中、舞台挨拶がスタートしました。

冒頭ご挨拶

関:皆さんこんにちは。『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』で鬼太郎の父を演じた関俊彦です。映画が公開してから本当にたくさんの人に見ていただいて大きな反響をいただいております。役者冥利に尽きるというか、本当にそんな気がしております。今日は短い間ですが、どうぞよろしくお願いします。

木内:帝国血液銀行に勤めるサラリーマン・水木役を演じた木内秀夫です。今日はお集まりいただきましてありがとうございます。楽しんでいってください。

古賀監督:皆さんこんにちは。本作で監督を務めた古賀郷です。本日はよろしくお願いいたします。

SNSや周りの反響について

今回の映画の舞台である「因習村」がトレンドワードに何度もあがり、映画を見ることを「入村する」という言葉を使って表現するなど熱い盛り上がりを見せています。著名人からもSNSで感想やファンアートが上がるなど評判を呼んでいます。こういった背景を踏まえての感想をお聞きしました。

古賀監督:反響頂いているのはもちろん知っており、僕が1番驚いてるかもしれないですね。こんなに反響をもらえて、ちょっとびっくりしてるというのが正直な感想です。まだ信じられない感じです。

関:今日は、満員御礼の舞台挨拶で、先ほどみんなで打ち合わせをしていたんですけど、監督がまさに満面の笑みというか、生まれたての赤ん坊のような、あどけない笑顔を見せていて。本当にね、(監督に対して)幸せですよね。

 

鬼太郎の父と水木を演じられるうえで気を付けられたこと、監督が演出で気を付けられたこと

関:2人の関係が、微妙に近づいていって、関係が深まっていく過程を示し合わせて計算してやっていくというよりかは、お互いそれぞれ台本を読み込んで、自分の中にためてきたものを現場でお互いセッションするっていうのが、一番いいなと僕は思っていてそうしました。

そもそも、鬼太郎の父と水木という存在は、非常に両極端な存在で。鬼太郎の父は自分の愛するものを、自分の身を呈して守りたいっていう、そういう人物なんですが、水木は、最初はこの世の中で自分がのし上がっていくんだっていうことしか頭にない人物で。

徐々にストーリーが展開するにつれて、二人の共通点がわかってくると、実は似た者同士だったのではないかと思いながら演じていました。

木内:僕が演じるにおいて気を付けていたところは、独白するセリフが多かったので、それを自分で解釈して、見てくださるお客様にもわかりやすく、どこにセリフを引っかけていけばいいんだろうかっていうことを何回も自分の中で消化しながらやっていきました。

古賀監督:令和のアニメなんですけれども、お客さんにはやっぱり昭和にタイムスリップしてほしいということで、やっぱりあの時代の 生きている人間の生々しさみたいなものを出していただきたいなと思って。その部分をお二人と話し合いながら作っていきました。

一番ぐっときたシーン、泣けるシーンについて

古賀監督:皆さん、エンディングとエピローグは必ず見てくださいね。初めて見られるお客さんが多いと思うのですが、エンディングで席を立たずにぜひみてください。そこまで長いわけではないので、ちょっとトイレ行きたくても少し我慢してください(笑)。

エンディングは川井憲次さんの曲が素晴らしくてそこにぐっときます。初見の方はラストシーンで泣くことが多いと思うんですが、リピートしてくれる方はだんだん泣けるポイントが前倒しでやってくると思います。最後まで知ってからもう一度見ると、結構前の方のシーンでも泣けちゃったりするんですね。

水木しげる先生の命日によせて水木作品の思い出

古賀監督:僕が子供の頃、テレビアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』を見ていて、あのオープニングの曲である、「朝は寝床でグーグーグー」という歌詞があると思うのですが、きっと水木先生っていう人は、歌詞にある通り楽園のような生活をしている人なんだろうなと思って、羨ましいと思っていました。

だけど、大人になってから、それこそ『ゲゲゲの女房』とか、水木先生の他の著作を見て、とても大変な人生を送っていることがわかって、やっぱり幸せに生きるってそんなに難しいのかっていうのを大人になって思い知らされました。

関:僕は4~5歳の頃見ていた実写ドラマ『悪魔くん』と『河童の三平』をテレビの前にかじりついて、夢中になって見ていたっていう思い出があります。『悪魔くん』に関しては、友達と広場で円陣をかいて遊んでいたことを覚えています。

それが私が笛を吹いた最初の瞬間ですね。あとは、いま思い出したんですけど、水木先生自身が霊界郵便配達人という設定で出演していたドラマもありましたね。

木内:僕は小さいころに「日本妖怪大鑑」という水木先生のイラストの妖怪図鑑みたいなのがありまして、それを友達と回し読みした思い出があります。それがやっぱり妖怪などに触れた初めての出来事でしたね。それ以外は、僕は本当に鬼太郎一本ですね。


 

最後のメッセージ

古賀監督:この映画がこれだけ評判を受けて反響を受けているのは、水木先生の作品の力であるというのと、来て頂いているお客さんが作品を見つけてくれたおかげだと思っています。本当にありがたいと思っています。もしこの作品を見て心に響いたら、今後も心の片隅に大事にしてもらえると作り手冥利につきます。

木内:水木目線でお話させていただくと、人間という妖怪と、本来人間が持つべき心を持つ妖怪との間のお話で、僕はその間に入っている普通のサラリーマンを演じています。昭和31年のお話で。水木という役は水木しげる先生とは全く違う人間で。

だけど、生誕100年に作られた作品であるということで、水木しげる先生の実体験がところどころに盛り込まれています。きっと水木先生は妖怪・鬼太郎を通して、この世に送るメッセージがたくさんあったと思うのですが、その原動力になった実体験の話がこの記念の作品に盛り込まれていると僕は感じています。

そういう点を多くの方に感じてもらえると水木先生も喜んでもらえるのではないか? と思います。奥の深いエンターテインメントです。楽しんでもらえればうれしいです。

関:今日は水木しげる先生の命日ということで、皆さんとこうして集まれたことを大変うれしく思います。この調布市には本当にこれからも水木先生の第二の故郷として、妖怪の故郷として末永くあり続けてほしいと思います。

最後に言いたいのは「鬼太郎、生まれてきてくれて本当にありがとうな」(※鬼太郎の父の声で表現)。関の鬼太郎の父を思わせる挨拶の〆に思わず涙する観客もおり、大盛況の中、舞台挨拶は終了しました。

実施概要

【日程】11月30日(木) 18:30~19:10(40分)※上映前舞台挨拶
【会場】イオンシネマ シアタス調布 5スクリーン(調布市小島町 2-61-1 トリエ京王調布C館)
【登壇】関俊彦(61)/木内秀信(54)/古賀豪監督(54)(敬称略・予定)

『鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎』作品概要

鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎

あらすじ

廃墟となっているかつての哭倉村に足を踏み入れた鬼太郎と目玉おやじ。

目玉おやじは、70 年前にこの村で起こった出来事を想い出していた。あの男との出会い、そして二人が立ち向かった運命について…

昭和31年―日本の政財界を裏で牛耳る龍賀一族によって支配されていた哭倉村。血液銀行に勤める水木は当主・時貞の死の弔いを建前に野心と密命を背負い、また鬼太郎の父は妻を探すために、それぞれ村へと足を踏み入れた。

龍賀一族では、時貞の跡継ぎについて醜い争いが始まっていた。そんな中、村の神社にて一族の一人が惨殺される。

それは恐ろしい怪奇の連鎖の本当の始まりだった。鬼太郎の父たちの出会いと運命、圧倒的絶望の中で二人が見たものはー

キャスト

鬼太郎の父(かつての目玉おやじ):関俊彦
水木:木内秀信
龍賀沙代:種﨑敦美
長田時弥:小林由美子
龍賀時貞:白鳥哲
龍賀時磨:飛田展男
龍賀孝三:中井和哉
龍賀乙米:沢海陽子
龍賀克典:山路和弘
龍賀丙江:皆口裕子
長田(龍賀)庚子:釘宮理恵
長田幻治:石田彰
ある謎の少年:古川登志夫
鬼太郎:沢城みゆき
ねこ娘:庄司宇芽香
山田:松風雅也
目玉おやじ:野沢雅子

(C)映画「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎の関連画像集

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング