声優
『S.S.D.S.第21回診察会【夜の部】レポート

10人のアーティストドクターズが集結した今宵限りの歌合戦♪『S.S.D.S.第21回診察会「新春♪紅白医者合戦」』【夜の部】レポート

2018年1月13日(土)、神奈川・カルッツかわさきにて『S.S.D.S.第21回診察会「新春♪紅白医者合戦』が開催されました。『S.S.D.S.(Super Stylish Doctor Story)』は、速水奨さん原作の作品で、JOY三郎記念聖ラフォーレ病院北42エリア『13号医局』に所属する個性的な医師たちが繰り広げる物語。

2003年以後、現在までゲーム、ラジオ、イベント開催など、多岐に渡ったメディア展開がされています。こちらでは昼夜2公演のうち、夜の部「白勝てニャンニャン」の模様をレポートします。

<出演者>
速水奨さん(Dr.HAYAMI役)
堀内賢雄さん(ブラディ・トランシルヴァニア伯爵役)
松本保典さん(沢登達哉役)
関俊彦さん(バウム・クーテヘン教授役)
置鮎龍太郎さん(霧谷玲司役)
高橋直純さん(新田和人役)
平川大輔さん(三条光孝役)
前野智昭さん(修学院明役)
佐藤拓也さん(時岡進太郎役)
増田俊樹さん(新田龍之介役)

カルッツかわさき分院での診察会(イベント)は、ステージドラマからスタート! 物語は謎の宇宙船団による攻撃を受けた地球のドクターたちが歌エネルギーを生み出し、地球を救うために立ち上がるというもの。

今回も恒例となった堀内さん&松本さんコンビがアドリブを連発し、新年早々「初ふざけ」を披露。テレパシーが使える修学院明の双子の兄弟・融が温泉地にいるというシリアスな展開から、松本さんが「温泉かぁ……。ババンババンバンバン~♪」と歌うと、堀内さんも「湯けむり……。ババンババンバンバン~♪」と応え、場内の笑いを誘います。

そして、台本の流れで、霧谷玲司役の置鮎さんもアカペラでシューベルトの子守歌を歌うという展開に。いい声で「ル~ルル~ ル~ルル~♪」と歌う置鮎さんでしたが、堀内さん&松本さんコンビの初ふざけの流れから、再び場内から笑いが起こりました。


あでやかに、華やかに、さわやかに「新春♪紅白医者合戦」開幕!
今回の診察会では、中博史(中管制官役)さんのナレーション進行でおなじみの診察開始のカウントダウンを子守歌で医師たちを眠らせた置鮎さんの進行で行うことに。患者(観客)たちと一緒にカウントし、華々しく「新春♪紅白医者合戦」が始まりました。「新春♪紅白医者合戦」ということで、カラーチェンジするオリジナルペンライトを持った患者たちが声援を送ります。

1曲目はブラディ・トランシルヴァニア伯爵役・堀内さんと沢登達哉役・松本さんのデュエットソング「Viva La Fiesta」。ステージドラマでの初ふざけから一変、エキゾチックなミディアムテンポの曲を情熱的に歌い上げます。ステージ上のミラーボールがキラキラと輝く中で歌うおふたりに、患者たちが拍手と声援を送り、1曲目からステージは盛り上がりを見せました。

2曲目は霧谷玲司役・置鮎さんの「彷徨の果て」。霧谷玲司のイメージカラー・パープルのペンライトが揺れる中、置鮎さんがラブバラードをしっとりと歌います。

3曲目新田和人役・高橋さんの新曲「glory days」。4人のバックダンサーと一緒にダンスやラップにも挑戦。ポップな楽曲に乗って、高橋さんがとびきりの笑顔と歌声を披露しました。

 
名刺交換タイムでは、ドクターから投げキッスのサービス!
改めて、10人のアーティストドクターズがステージへ。中さんのむちゃぶり進行により、ネコ耳やイヌ耳やリボンをつけたドクターたちがとびきりキュートなポーズで登場。短いセリフの後に、医師たちがそれぞれ好きなカレーを告白するというサービスも。

その後は、全員で病院歌「白亜の迷宮」を斉唱。これから始まる診察会に向けて、医師と患者の高らかな歌声が会場に響き渡りました。

そして、大人の礼儀・名刺交換タイム。医師たちが客席を回り、患者と名刺交換するという診察会ならではのファンサービス。医師たちが「こんばんは、元気?」と歩きながら患者に声をかけ、笑顔で手を振りながら駆けまわります。

名刺を配り終わった医師たちがステージ戻ると、ここでも堀内さん&松本さんの初ふざけコンビが中心となり、客席の患者へ向けて投げキッス。束の間のフレンドリータイムを楽しみました。

会場の空気があたたまったところで、ラジオ体操の時間。ステージの医師&客席の患者が一丸となって身体をリフレッシュしました。

エレガントからハッピーまで多彩な楽曲を披露!
再び「新春♪紅白医者合戦」へ。Dr.HAYAMI役・速水さんとバウム・クーテヘン教授役・関さんがデュエットソング「未来の鼓動」を披露。大人の魅力溢れる優美なハーモニーで患者たちもうっとり。

続いて、三条光孝役・平川さんの「Nice to Meet You!」。他のドクターたちもステージに登場し、患者たちと一緒にタオルを回しながらダンス! 平川さんの見せる全力ジャンプやキュートなスマイルとともに、会場はハッピームードに。

新田龍之介役・増田さんはアップテンポなナンバー「NEVER EVER」を熱唱。4人のバックダンサーを従えて、華やかに歌い上げます。

 
佐藤さんと増田さんが恋のしかたを伝授?! 爆笑診察会
その後は、患者からの問診票の(キャストへの質問や患者の相談)に、医師たちが処方箋を考える診察タイムへ。「恋のしかたを忘れました。どうすればいいですか?」という問診に、速水さんが「時岡くん、やって!」と佐藤さんを指名。唐突な速水さんのむちゃぶりに、佐藤さんも「恋のしかたを……やって! とは……?」と戸惑いながらも応え、隣にいた増田さんと実践することに。

増田さんが女子キャラになりきって「もぉ~、やだぁ~!」とキュートに演じると、患者たちから黄色い歓声が飛びます。そこへ佐藤さんが明るく元気に、「オッス! オラ、鯉! ワクワクすっぞぉ~!」と某人気アニメのキャラクターに扮して話し始めると、客席から爆笑と拍手がわき起こりました。


スーパードクターズが新曲を熱唱!
その後は、リリースされたばかりの新曲を3曲披露。1曲目は時岡進太郎役・佐藤さんの「if」。時岡進太郎のイメージカラー・オレンジが会場を包む中、あたたかい歌声で切ないバラードを歌います。

2曲目は霧谷玲司役・置鮎さんの「静寂なんてぶっとばせ!」。スピード感のある激しいロックサウンドの勢いに乗って、置鮎旋風がステージを駆け抜けます。

3曲目はDr.HAYAMI役・速水さんと新田龍之介役・増田さんによるコラボ曲「愛のビーチフラッグ」。エネルギッシュでアップテンポなメロディーの中、速水さんと増田さんの力強い歌声が会場中に響き渡ります。他のドクターたちもステージに登場し、患者たちと一緒に大きくタオルを振りながら、盛り上げました。

その後も再診(アンコール)や、会場の全員で歌った「デオキシリボ助さん」。さらに、時岡進太郎役・佐藤さんと修学院明役・前野さんが「刹那の英雄(あこがれ)」を熱唱し、会場は大盛り上がり。ラストは「それではみなさま、お大事に~!」コールで閉幕となりました。

こうして、ドクターズたちの熱い歌声により、大きな歌エネルギーが生み出された地球は無事に救われたのでした。

[取材・文/宋 莉淑(ソン・リスク)]

S.S.D.S.公式ツイッター
S.S.D.S.チャンネル「速水奨×増田俊樹の貴方を癒すラジオ~白衣でささやいて~」

おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ商品

アニメイトオンラインショップ|ランキング
アニメイトオンラインショップ|お買い得商品
アニメイトオンラインショップ|歌い手特集
アニメイトオンラインショップ|2.5次元コーナー

おすすめ特集