menu
アニメ
『レイドバッカーズ』リレーインタビュー第2弾 日高里菜×内山夕実 焼肉対談

『LAIDBACKERS -レイドバッカーズ-』公開記念リレーインタビュー 日高里菜(三乃ハラミ役)×内山夕実(アーネリア役)の「焼肉対談」【連載第2回】

2019年4月5日より2週間限定で劇場公開中の『LAIDBACKERS -レイドバッカーズ-』。京都に“逆”異世界転生した勇者たちと魔王の日常と、その裏で起こる事件やバトルを描いた“平成最後”のオリジナルアニメーションです。

アニメイトタイムズでは、公開を記念して、キャスト陣を中心としたリレーインタビューを3回連続でお届け。第2回は、主人公・三乃ハラミの名前にちなんで、『LAIDBACKERS -レイドバッカーズ-』とのコラボが実現した「七輪焼肉 安安」さんの店舗をお借りしての『焼肉対談』をお届けします。

三乃ハラミ役・日高里菜さんとアーネリア役・内山夕実さんに、スペシャルコラボメニュー「3つのハラミセット(三乃ハラミセット)」を召し上がって頂きつつ、作品の裏話をたっぷり語り合っていただきました!

★こちらもチェック★
『レイドバッカーズ』リレーインタビュー第1弾 茜屋日海夏×kz音楽対談

アニメイトタイムズからのおすすめ

主人公がハラミだからこそ実現した、驚きのコラボ

──『LAIDBACKERS -レイドバッカーズ-』のリレーインタビュー第2回は、「七輪焼肉 安安」さんにお邪魔しての『焼肉対談』になりました。

内山:主人公の名前のおかげです!(笑) 実はアフレコの時も、お昼にハラミ弁当が出ました。今日もこんなおもてなしをしていただいて、主人公の名前に、ただただ感謝です。

▲三乃ハラミ

▲三乃ハラミ

日高:『LAIDBACKERS -レイドバッカーズ-』が「七輪焼肉 安安」さんとコラボすると聞いた時もびっくりしましたが、こうやって夕実さんとお肉をいただきながら作品についてお話しできる日が来るとは思ってもいませんでした。本当に嬉しいです。

内山:美味しいお肉とともに、大好きな作品のことを里菜ちゃんとお話しできるなんて、「最高かよ!」って感じです(笑)。

──では、『LAIDBACKERS -レイドバッカーズ-』という作品との出会いから、教えていただけますか?

日高:オーディションにお声がけいただいて、企画書を拝見したのが最初です。

おおまかなストーリーやキャラクター設定、メインスタッフさんの紹介が書かれていたんですけど、とてもカラフルでおしゃれなデザインの企画書で、最初から、楽しくて明るい印象がありました。

私が受ける役名を見たら、「三乃ハラミ」と書かれていて、「なんじゃ、こりゃ?」と(笑)。名前から引きこまれて、こんなに楽しい作品に関わることができたらいいなと思いました。

内山:私はそれよりもちょっと前で、脚本の上江洲(誠)さんから、「今度、内山さんにお願いしたい役があります」と前振りされていたんです。

その後、去年(2018年)のお正月に、橋本(裕之)監督に新年のご挨拶をメールでお送りした時、犬のスタンプを添えたんです。

そしたら、「戌年だしアーネリアだし、さすが分かってますね」というお返事がきて、「ん?」と思って。「どういうことですか?」と聞いたら、「おや、まだご存知なかった? じゃ、聞かなかったことにしてください」と(笑)。

日高:オーディションが始まる前にそんなことがあったんですね(笑)。

内山:そうなんです。その後で、里菜ちゃんと同じように初めて企画書を手にして、私が一番初めにしたのは犬のキャラを探すことでした。

そうしたら、アーネリアという名前の犬がいたので、「これか!」と。気になったのは、アーネリアは果たして人語をしゃべるのか、それとも「ワン」としか言わないのかということでした。

日高:ちゃんとしたセリフがあるのかどうか(笑)。

内山:もともとは人間だったキャラクターが、こちらの世界にきて人間ではない体に変わったという設定で、アーネリアはしゃべるんだと分かりました。

日高:今は転生モノが多いですけど、異世界からこちらの世界に来るという逆バージョンは珍しいですよね。

ハラミ達3人は向こうにいた頃とちょっと姿は違いますが人間として転生できました。でも、リーダーの姫騎士アーネリアだけは転生失敗というか、姿形が変わってしまって……。

▲アーネリア

▲アーネリア

内山:いいんだよ、失敗って言い切っちゃっても(笑)。それでもアーネリアを含めて、4人ともこっちの世界にしっかり順応できているのが面白いんですよね。

──アーネリアは犬になっても、姫騎士だった頃の凜々しさを失ってません。

内山:解放軍のリーダーとして生きてきた責任を、こっちの世界でもまっとうしなければと、犬になっても奮闘しているのがアーネリアなんです。

だからこそ、責任感と自分の見た目とのギャップに日々葛藤しているんじゃないかと。それでいて、みんなに迷惑をかけないように、犬としてもちゃんと振る舞おうとしているのが健気です。

日高:そこが端から見ていると可笑しいんですよね。凜々しい声でかっこいいセリフを言ってるけど、「犬だよ?」って(笑)。

日本語のセリフをしゃべって、「ワンワン」って言って、また日本語に戻るあたりも、本当に面白くて。本人は大マジメだと分かっているんですけど、どうしてもツッコミを入れたくなります。

内山:ご覧になっていただけるお客様にも存分にツッコミを入れていただければ本望です(笑)。

でも、みなさんにも想像していただきたいんですが、気がついたら自分が犬になっていて、外を歩くと知らない犬にお尻を舐められるんですよ。とんでもない衝撃を受けると思います(笑)。

日高:確かに人生観が変わりますよね(笑)。

アーネリアにキャッチコピーを付けるとしたら?

──日高さんはハラミを、どういうイメージで演じたのでしょうか?

日高:見た目が中性的で、女の子でありつつ少年らしさもあるというイメージだったので、戦う時はシリアスになり過ぎず、バトルを楽しんでいるいたずらっ子のような雰囲気を出そうと思いました。

日常生活はだらしなくて、基本的になまけ者なんですけど、らんちゃんに対する何気ないひと言に、優しさや思いやりがあったりして、周囲のことを実はよく見ているんだなという大人な一面も、大事にしました。

内山:私としては、里菜ちゃんがハラミのようなキャラクターを演じるのが、すごく新鮮でした。でも、ぴったりですよね。飄々としているけどやる時はやるし、気づかいもできるところが、かっこいいなって思います。

日高:アーネリアとの関係も、ああだこうだとお互いに文句を言い合っている感じなんですけど、もとの世界でしっかり信頼関係が築き上げられているからこその今なんですよね。舞ちゃん、Kさんも含めて、転生組は本当に「仲間」だなって思います。

▲舞坂舞

▲舞坂舞

▲草薙・K

▲草薙・K

内山:普段はバラバラに見えても、結束する時は結束して。チームとしての結びつきはすごく強いよね。

日高:もとの世界にいた頃の4人は本当にかっこいいんです。バキバキに戦っているシーンが出てくるので、そこは見どころです。

──お互いのキャラクターの好きなところを挙げていただけますか?

日高:全部です。アーネリアさんの全部が好きです。

内山:そんなこと言ったら、私もハラミの全部が好きだよ。

日高:一番の魅力は見た目とのギャップですよね。夕実さんのお芝居が真剣だからこそ、絵と声のギャップが生まれて面白いんです。

ずっとテンションが高くて、労力的には大変な役だったんじゃないかなと思います。

内山:たしかにハイカロリーではありました(笑)。

日高:誰かを叱ったり、キツいことを言うこともあるんですけど、憎めないんですよね。夕実さんのお芝居や声質のなせる技だと思います。

内山:憎めなさで言ったらハラミも同じです。アーネリアからしたら、普段からもっとしっかりしてくれと思わないでもないんですけど、いざという時は先陣を切って戦ってくれる子です。

特にクライマックスのバトルは、全てを語らずともお互いのことが分かっている感があって、掛け合いをしていてすごく楽しかったです。

里菜ちゃんのメリハリを効かせたお芝居がすばらしくて、脱力している普段の姿と、いざという時のかっこよさのギャップが見事でした。

日高:私も楽しかったです。アーネリアさんは足音も、キラキラした毛も全部かわいくて。

内山:ビジュアルがそうだから、アーネリアって出オチ感がすごいんですよ。私の演技がなくても、画面に出てきただけでOKなんじゃないかって(笑)。

日高:キャラクターソング集のジャケットにもなりましたよね。

内山:それも、顔がジャケットに収まりきってないくらいのアップで。フライングドッグさん、思い切ったことをするなと思いました(笑)。

──そんなハラミとアーネリアに、お二人でキャッチコピーを付けていただきたいのですが?

日高:難しいですね(笑)。でも、作品のキャッチコピーにもなっている「むかし勇者、いまニート だけど時々ホンキだす」という言葉がまさしくハラミそのものだと思ってます!

内山:確かに、ハラミを表現した言葉ですよね。アーネリアはなんだろう……、お尻を舐められて飛び跳ねたりしてるから、飛ぶ犬、「フライングドッグ」かな(笑)。

日高:完璧! すばらしいです(笑)。さすが夕実さん(笑)。

京都が舞台のLAIDBACKERS -レイドバッカーズ-』

──ありがとうございます(笑)。うまく落としていただいたところで、転生組の舞坂舞と草薙・Kの魅力についても、お話ししていただけますか?

内山:舞ちゃんは4人の中で一番人間らしい部分を持った子だと思います。

アイドル活動をしていて、自分には自分の生活があるからってアーネリアとは対立したりもするんですけど、内心は気に掛けてくれていることが伝わってきて。ちょっとした腹黒さも含めて、魅力的な女の子です。

日高:夕実さんがおっしゃったように、転生組の中で一番人間らしい子だなと思います。それから現代への適応性が一番高いのも舞ちゃんですね。アイドルとして活動しながら、YouTuberとしてデジタルも使いこなしていたりするので。

ナルトの髪飾りとか龍のリュックとか身につけている小物もすごくかわいいですし、転生前は武道家なので、飛んだり走ったりという動きが劇場映えするんです。ちっちゃくてもすごく強くて、お客様も舞ちゃんがスクリーンに出てくると、ついつい目で追ってしまうと思います。

──バトルシーンは、草薙・Kも目立ってますよね。

日高:Kさん、かっこいいです!

内山:魔術師なので、呪文を唱えたり魔方陣を出したり、ビジュアル的に見せ場があって、アーネリアを演じる私としては憧れます。

普段の彼女は、お姉さんにほしいですね。あれだけの美貌の持ち主なのにヲタクだという残念なところもいいです(笑)。

日高:残念美人って言われてますね。その反面、気づかいのできるお姉さんで、みんなをサポートしてくれる姿が素敵です。

内山:いろいろな面で理想的な女性なんですけど、完璧すぎないところに親近感が持てる人です。

──アフレコはいかがでしたか?

日高:1時間の劇場版ということで、1日かけての収録でした。先ほども話題に出たハラミ弁当を、スタッフさんも含めてみんなで食べて、そこでいろいろお話しできたのも作品的によかったです。

内山:初めて一堂に会したとは思えない打ち解けぶりでした。まるでTVアニメのレギュラーを長くやってきたんじゃないかというくらいの空気感が出来上がっていて、アフレコはただただ楽しかったです。

収録を始めるにあたってスタッフさんが説明のためにブースに入ってきてくださったんですけど、スタッフさん同士の仲の良さが伝わってきて、私達にも伝染しました。

日高:監督が運転する車で、みんなでロケハンに出かけてきたっておっしゃってましたね(笑)。

内山:ロケハンの成果も、かなり本編に活かされているそうです。雨が突然降り始めるシーンがあるんですけど、実際にロケハンで京都に行った時に雨が降ってきて、その雰囲気を採用したとおっしゃっていました。

日高:ハラミ達が居候するおばけ屋も京都市内にある駄菓子屋さんを何軒か回って参考にされたらしいです。

スペシャルメニュー『3つのハラミ(三乃ハラミ)セット』2人のオススメの食べ方は?

──キャストのみなさんは、パッケージ用のオーディオコメンタリー収録で、再び集まったと伺っています。

日高:はい。オーディオコメンタリーも楽しくて、あっという間に1時間経っていました。途中で休憩を挟んでもいいよと言われていたんですけど、みんなのマシンガントークが止まらなくて、結局、休憩は必要ありませんでした。

内山:私も1時間話せるかなと思って、ネタ用にアフレコ台本を持参したんですけど、話したいことが次から次へと出てきて、開くことなく終わりました。

そのくらい話したいことが満載なのが、『LAIDBACKERS -レイドバッカーズ-』なんです。

──3月28日におこなわれた完成披露試写会の舞台挨拶でも、それを感じました。みなさんのトークが途切れることなく、盛り上がっていました。

日高:やっとお客様の前でネタバレなしで話せる日がやってきたという喜びで、みんなハイテンションでした。お客様の顔もキラキラしていて、みなさん作品を楽しんでくださったんだなと分かって嬉しかったです。

内山:キャスト陣だけでなく橋本監督も登壇してくださって、スタッフ目線でも作品を振り返れたのがよかったと思います。でも、まだまだ話し足りないですね。

今回の劇場版は、TVシリーズの5話か6話あたりのイメージで、その前後にたくさんのお話があるんです。この先も続いていってほしい作品なので、ぜひみなさんのお力をお貸しいただけると嬉しいです。

日高:私達も、もっともっとキャラクターの素顔が知りたいですし、かっこいい活躍を見てみたいなと思っています。

──完成披露試写会が終わった後、みなさんで「安安」に行かれたそうですね。

日高:そうなんです。監督さんやスタッフさんが行くとおっしゃっていたので、私達も便乗させていただきました。みんなで「三乃ハラミセット」を食べて、特典のステッカーもゲットしました。

▲スペシャルコラボメニュー:3つのハラミセット(三乃ハラミセット)

私は焼肉が大好きなんですが、中でも一番好きなのはハラミなんです。スペシャルコラボメニューでは、三種類もハラミがあって、ボリューム的にも大満足でしたし、食べる時はやっぱりご飯がほしくなりました。「安安」さんの甘めのタレは、ご飯にぴったりなんです。

内山:私はサンチュと一緒に食べたいですね。カロリー的にも優しいですし、ナムルを加えたりと自分なりにアレンジして食べるのが楽しいです。

──『LAIDBACKERS -レイドバッカーズ-』のキャラと一緒に焼肉に行くとしたら、誰と行きたいですか?

内山:私は、らんちゃんか優子先生かで迷います。「何でも頼んでいいよ、何でも食べな」って食べさせてあげたいのがらんちゃんで、優子先生とは、お酒を飲みながら語り合いたいです。それで終電がなくなって、「じゃ、ウチに来る?」って誘われたいです(笑)。

▲鷺ノ宮優子

▲鷺ノ宮優子

日高:私は、らんちゃん一択です。夕実さんと同じように、「好きなだけ頼んでいいんだよ。遠慮しないで、お姉さんに任せな」って(笑)。

▲らん

▲らん

内山:そう言われても、らんちゃんは遠慮して、「もうお腹いっぱいです」って言うんだろうね(笑)。

日高:かわいい(笑)。想像できます。

内山:優子先生とらんちゃんのスピンオフがコミカライズされていたり、劇場版の前日譚がライトノベルとして発売されているので、いろいろ補完しつつ劇場に足を運んでいただけると嬉しいです。

2週間限定で、本当にあっという間の上映期間なので、ぜひ大画面で楽しんでいただけますようお願いいたします!

日高:小説版などで補完していただけると、もちろん嬉しいですが、オリジナル劇場アニメーションということで、前情報が何もなくても楽しんでいただける作品になっています。

キャラクター達がそれぞれ、違うベクトルで魅力的でありつつ、全体としてまとまりがあって、見終わった後に「楽しかったな。明日からも頑張りすぎないように頑張ろう」って思える作品です。

これから舞台挨拶も各所でありますので、私もハラミとしてみなさんとお会いできることを楽しみにしています。

【取材・文/鈴木隆詩、写真/相澤宏諒】

劇場オリジナルアニメ「LAIDBACKERS-レイドバッカーズ-」×七輪焼肉安安

期間中、実施店舗へのコラボポスターの掲示とスペシャルコラボメニュー「3つのハラミセット(三乃ハラミセット)」を限定販売し、スペシャルコラボメニューを注文して頂いたお客様へオリジナルステッカー(全2種)をプレゼント!

期間: 3月25日(月)~4月14日(日)
対象店舗:東京・神奈川・千葉・埼玉の全店舗
スペシャルコラボメニュー販売
3つのハラミセット(三乃ハラミセット)
価格:980円(税別) 
ハラミ+塩ハラミ+ヤングハラミ

オリジナルステッカーをプレゼント

スペシャルコラボメニューを注文して頂いたお客様へオリジナルステッカーをプレゼント!ステッカーは全2種でエリアごとに異なる絵柄です。

※1セットにつき1枚差し上げます。
※数に限りがございます。なくなり次第プレゼントは終了させていただきますので、あらかじめご了承ください。
※詳しくはレイドバッカーズ公式サイトをご確認ください。


作品情報

新宿ピカデリーほか全国劇場にて4月18日(木)まで上映!

スタッフ

監督:橋本裕之
脚本:上江洲誠
キャラクター原案:鈴木次郎
チーフディレクター :佐藤清光
キャラクターデザイン・総作画監督:土屋圭
音楽:kz(livetune)
音響監督:山口貴之
アニメ―ション制作:Studio五組
配給:クロックワークス
製作:LAIDBACKERS製作委員会

キャスト

三乃ハラミ:日高里菜
舞坂舞:茜屋日海夏
草薙・K:大地葉
アーネリア:内山夕実                                       
らん:長縄まりあ
本天沼久美:花守ゆみり
鷺ノ宮優子:藤田 咲
ロン:福山 潤
レナード:小西克幸 ほか

音楽情報

▼主題歌:『Precious Piece』/ Kizuna AI(キズナアイ)

▼キズナアイメッセージ付 主題歌『Precious Piece』楽曲視聴動画


『Precious Piece』/ Kizuna AI(キズナアイ)楽曲情報

<発売日>2019年4月3日(水)
<価格>初回限定盤(LPサイズジャケット) :2,200円+税、通常盤価格:1,100円+税
<収録曲>
1.Precious Piece 
作詞・作曲・編曲/kz 
2.Cords Of Love
作詞・作曲・編曲/清 竜人
3.Precious Piece (カラオケ)
4.Cords Of Love(カラオケ)

▼「LAIDBACKERS-レイドバッカーズ-」キャラクターソングコレクション

「LAIDBACKERS-レイドバッカーズ-」キャラクターソングコレクション楽曲情報

<発売日>2019年4月3日(水)
<価格>2,500円+税
<収録曲>
1.CRAZY ACE   
歌:三乃ハラミ(CV:日高里菜)、作詞:ミズノゲンキ、作曲:渡辺未来、編曲:白戸佑輔
2.とびっきりシンパシー☆(挿入歌)
歌:舞坂 舞(CV:茜屋 日海夏)、作詞:ミズノゲンキ、作曲:kz、編曲:やしきん
3.学術的研究成果
歌:草薙・K(CV:大地 葉)、作詞:ミズノゲンキ、作曲:島崎貴光、編曲:斉藤信治
4.Chivalrous Spirit    
歌:アーネリア(CV:内山夕実)、作詞:ミズノゲンキ、作曲:向井健太、編曲:白戸佑輔
5.リジェネレイト     
歌:らん(ヴァルヴァラン)(CV:長縄まりあ)、作詞:ミズノゲンキ、作曲:ヤナガワタカオ、編曲:高木龍一
6.Destination(挿入歌)  
歌:YuNi、作詞:ミズノゲンキ、作曲・編曲:kz

「LAIDBACKERS-レイドバッカーズ-」公式サイト
「LAIDBACKERS-レイドバッカーズ-」公式ツイッター(@obakeya_LB)

★こちらもチェック★
『レイドバッカーズ』リレーインタビュー第1弾 茜屋日海夏×kz音楽対談

(C)おばけ屋/LAIDBACKERS製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019秋アニメ おすすめランキングまとめ!
2019秋アニメ 声優一覧
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー