menu
映画
『映画スタプリ』プリキュア声優座談会|現場に見えないマイクが出現?

『映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』成瀬瑛美さん&小原好美さん&安野希世乃さん&小松未可子さん&上坂すみれさんインタビュー|アフレコ現場に“見えない5本目のマイク”が出現!?

テレビアニメ『スター☆トゥインクルプリキュア』初の単独映画となる『映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』が、10月19日に公開されます。

さまざまな宇宙人と心を通わせてきたひかる(CV:成瀬瑛美)たちが今回出会うのは、宇宙からきた言葉が通じない不思議な生き物・ユーマ。

『Go!プリンセスプリキュア』、『映画魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!』の田中裕太監督が、広大な宇宙と地球を舞台に、スタプリらしい優しい未知との遭遇を描きます。

アニメイトタイムズでは公開を前に、星奈ひかる/キュアスター役・成瀬瑛美さん、羽衣ララ/キュアミルキー役・小原好美さん、天宮えれな/キュアソレイユ役・安野希世乃さん、香久矢まどか/キュアセレーネ役・小松未可子さん、ユニ/キュアコスモ役・上坂すみれさんへインタビューを実施! 本作の見どころをたっぷり語っていただきました。

アニメイトタイムズからのおすすめ

過去作にも増して「大人が見ても胸がキュッとする」

――今作の台本を読んでの、第一印象はいかがでしたか?

星奈ひかる/キュアスター役・成瀬瑛美さん(以下、成瀬):いままでのプリキュア映画も大人に刺さりましたけど、今回はそれ以上というか、いままでにない作風なんです。映画も含めてずっとプリキュアを見てきた私も、衝撃を受けました! 

台本を読んで、本当に胸がキュッとして……。プリキュアの秋映画は全部好きですけど、今回がいちばん心に残る作品になる気がします!

羽衣ララ/キュアミルキー役・小原好美さん(以下、小原):6月に水彩画タッチのイメージビジュアルが発表されて、私たちもすごくワクワクしていたんですけど、まさかこんなに壮大なお話になるとは思ってもいませんでした!

テレビシリーズの『スタプリ』が動き出すとき、スタッフさんから「16年目ということで、新しいプリキュアとして出発していきたい」とうかがったんですが、この映画もまさにそう。

台本を拝見して、本当に新しいプリキュア映画だなと感じました。ユーマとの出会いを通じてプリキュア5人が大きく成長していく、楽しさとドキドキと切なさが詰まったお話になっています!

天宮えれな/キュアソレイユ役・安野希世乃さん(以下、安野):今回の映画は「お星さま誕生ものがたり」ですからね。日ごろ、よく宇宙に飛び出していますけど、まさか星の誕生に立ち会うことになるなんて!

台本を読んで、きっと何度でも見返したくなるような、心に刺さるワンエピソードになるなと思いました。

香久矢まどか/キュアセレーネ役・小松未可子さん(以下、小松):テレビシリーズの『スタプリ』を見ている方はもちろん、プリキュアをよく知らない方にも楽しんでもらえる内容なんですよね。

それだけ、一つの映画として成り立っているし、心に残るものがある。本当に、大人も一緒に楽しめると思いました!

ユニ/キュアコスモ役・上坂すみれさん(以下、上坂):私は逆にプリキュア初心者ですけど、だからこそ、「こんなにも大人が見て胸がキュッとするお話をやるんだ!」って驚きました。

『スタプリ』はポップで明るい作品ですけど、今回の映画は、いい意味でちょっと別のベクトルなんですよ。

▲6月初めに公開されたイメージビジュアル

▲6月初めに公開されたイメージビジュアル

言葉の通じないユーマにプリキュアはどう向き合う?

――今回の映画で出会う不思議な生き物・ユーマは、テレビシリーズに出てくる宇宙人たちとは違い、言葉が通じないそうですね。役として接してみて、いかがでしたか?

成瀬:ひかるはいつもどおりですね! のびのびとユーマと触れ合って、普通に仲良くなって、かわいがって。一緒にいろいろな不思議スポットを見に行ったりもします!

小原:ひかるはテレビシリーズの第1話から変わらないですねぇ。どんな生物と出会っても、怖がりも敵対もせず、すっと心を開いちゃう。

ララと出会って、「宇宙人だよね!? なにそれ触覚? かわいい~!」って言ったときと同じように、ユーマとも接するんです。すごくなつかしい気持ちになりました!

成瀬:なつかしい~!

小原:知らない星に来て、最初はララも警戒心を抱いていましたよね。似たような経験をしているからこそ、ユーマの気持ちもわかるところがあるんです。

でも、逆の立場は初めてだし、不器用だから、ひかるのようには向き合えない。仲良くしたい気持ちは同じなのに、空回りしちゃうんです。

――そこは、ひかるがすごすぎるのかもしれません。

小松:本当にすごい!

上坂:大人だってできないのに!

成瀬:ひかるは将来、子育てをするときも、のびのびと接するんじゃないかな~って思いました。いろんなことを吸収させたり、教えたり……あ、気が早いですねぇ~(笑)。

一同:(笑)

小松:たしかに!(笑)

上坂:テレビシリーズでフワ(CV:木野日菜)が大きくなったときも、ひかるのお母さんっぷりがすごかったです。二児の母!(笑)

一同:(笑)

安野:それでいて、赤ちゃん扱いするだけなわけじゃないのがまた、すごいなぁ。ひかるに限らずララも。まだ中学生なのに、相手にきちんと目線を合わせるのがすごいなぁと思いました。

宇宙から来た謎の存在のユーマときちんと心から対話をしようとしてる。私、脚本にすごく感動しちゃいました(笑)。

上坂:ユーマは人型ではないし、言葉も通じず、音色みたいな声(?)を発するだけ。時々わかりあえる瞬間がある、ような気がする……という感じです。

そういう相手にも、対等な目線で接する。仲良くなっていこうという気持ちが持てる。そこが本当にすばらしいと思います!

“多様性”を考えるうえでの、一つの答えみたいなものを感じました。

――ひかるは、ララのユーマへの接し方に思うところがあっても、「もっとこうしたら?」といったことは言わなさそうです。すでに仲の良い友だちのことも、すごく尊重しますよね。

成瀬:私もそう思いながら演じていました! ちゃんと、ララが嫌な気持ちにならないように振る舞えるんですよね。

小原:そんな優しい心の持ち主が中心にいるから、この5人のバランスも保たれているんじゃないかなぁ。今回のお話ではララの成長も多く描かれていますけど、それは5人で支え合える関係性があるからこそ。

この映画を見て、テレビシリーズの第1話からまた振り返るのもおもしろいだろうなって思いました。

成瀬:ララは最初こそ大人ぶっていたけど、だいぶ素を出せるようになったよね!

上坂:最初のころのララ、もう一回見たい!

小原:あれは嘘の姿ルン。調査で気を張っていただけルン。

一同:(笑)。

小松:いまはね、もう自分の星で家族もみんなに会わせているから。

小原:もう隠せないルン。

安野:もう素っ裸だよ!

小原:もう無理だルン……。

一同:(笑)

▲ララ初登場回のTVアニメ第1話

▲ララ初登場回のTVアニメ第1話

アフレコと歌収録にはユーマもいた!?

――今回の映画のアフレコはいかがでしたか?

小松:『スタプリ』単独作なので、キャストの人数は春映画より少なかったのですが、もうひとりの登場人物・ユーマの存在を感じていました。アフレコブースにはいないんですが、どこか感じる……5本目のマイク!って(笑)。

安野:ブースの中にユーマがいたよね!

小原:いたいた!

成瀬:これ、記事の見出しになりそう!(笑)

上坂:そこにユーマがいた! 私は見た!(笑)

一同:(笑)

安野:冒頭のシーンからほぼ順番通りに丁寧に録っていただけたので、世界観や物語に気持ちがどっぷり浸った状態で演技できたんですよね。

小松:ユーマの声のイメージも聴けたので、そこからみんなでイメージを膨らませていきました。怒ってるシーンだったらこういう声を出すのかなぁ、と考えて。そういう意味では、本当にみんなの頭の中に……5本目のマイクが(笑)。

成瀬&小原:あった!(笑)

――そして、今回は歌のシーンも大きな見どころになるそうですね。

成瀬:ひかるとララは、歌うシーンが結構たくさんあって。それぞれのシーンで気持ちの乗り方が違うので、歌い方もちょっとずつ変わるんです。

レコーディングブースで録った歌もあれば、映画の流れの中でアフレコブースで録った歌もありますよ! 場面ごとに、しみる歌い方ができていたらいいなぁって思うんですけど……!

小原:忘れもしない……。歌うときに、気合いを入れて靴を脱いだ成瀬瑛美!(笑)

成瀬:脱ぎました!(笑) 普段は明るく元気な曲を歌うことが多いので、しっとり歌うことってなかったんです。しかも、シチュエーションに合った歌い方をするということで、めちゃくちゃ緊張しました……。

歌ってみて、スタッフさんには「これで正解」と言っていただけたんですが、完成したシーンを見るのは緊張します!

小原:今回、歌は物語的にもすごく大事なんです。言葉の通じないユーマと触れ合うなかで、歌で通じ合おうとする部分もあるので。

現実の世界でも、国が違って言葉が通じない人と分かり合うのは難しいけど、音楽で通じ合えたりしますよね。

今回の映画では、音楽のすばらしさとか、言葉が通じなくても相手のことをわかろうとする姿勢とか、大事なものがいっぱい描かれているなと思いました。

ユーマにも、ちゃんと届いたんじゃないかなぁ。

成瀬:ユ~マ~!

小松:みんなで歌ったときも、もう一本マイクあったよね!

一同:あった!(笑)

安野:この歌が伝えたいメッセージって、言葉がわからなくても歌声だけで届くと思うなぁ。

小原:映画を見て応援してくれる小さな子どもたちにも、この歌はすっと届いてくれるだろうなって思います。それくらい優しい歌ですし、優しい映画になっています!


 
[取材&文・小林真之輔]

劇場アニメ『映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』

2019年10月19日(土)全国ロードショー

【原作】東堂いづみ
【監督】田中裕太
【脚本】田中仁
【音楽】林ゆうき 橘麻美
【総作画監督・キャラクターデザイン】小松こずえ
【作画監督】松浦仁美 中谷友紀子
【美術監督】今井美紀
【CGディレクター】大曽根悠介
【色彩設計】竹澤聡
【撮影監督】髙橋賢司
【製作担当】澤守洸 井桁啓介
【声の出演】成瀬瑛美 小原好美 安野希世乃 小松未可子 上坂すみれ 木野日菜 吉野裕行
【ゲスト声優/映画主題歌】知念里奈
【映画主題歌・挿入歌】「Twinkle Stars」作詞:大森祥子 作曲・編曲:高木洋

映画公式サイト
映画公式ツイッター(@precure_movie)
公式インスタグラム

(C)2019 映画スター☆トゥインクルプリキュア製作委員会
(C)ABC-A・東映アニメーション
おすすめタグ
あわせて読みたい

スター☆トゥインクルプリキュアの関連画像集

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年夏アニメ一覧 10月放送開始
2020年冬アニメ一覧 1月放送開始
2019秋アニメ おすすめランキングまとめ!
秋アニメ声優で観る
平成アニメランキング
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
声優別まとめ一覧
声優インタビュー