menu
アニメ
冬アニメ『のんのんびより のんすとっぷ』福圓美里 声優インタビュー│連載第10回

今作のひかげは最初から“のんすとっぷ”で大絶叫!? 不安すら感じた悪ノリとは? 冬アニメ『のんのんびより のんすとっぷ』宮内ひかげ役・福圓美里さんインタビュー【インタビュー連載 第10回】

のどかな田舎でのびのび過ごす少女たちの姿を描いたコミック『のんのんびより』のアニメシリーズ最新作となる第3期『のんのんびより のんすとっぷ』(以下、『のんすとっぷ』)が好評放送中です!

2013年に第1期が放送されて以降、第2期、劇場版と、ゆったりとした雰囲気やキャラクターたちのやり取り、綺麗な風景描写で人気を博した本シリーズ。『のんすとっぷ』では、旭丘分校に通う少女たちの明るく元気な日常が、新たな仲間たちを迎えて彩られます。

その待望の第3期の放送を記念して、アニメイトタイムズではキャストやスタッフへのリレーインタビューを実施。

第10回は、宮内ひかげ役・福圓美里さんのインタビューをお届けします。れんげの姉、一穂の妹で、東京の学校に通っている高校一年生のひかげ。お正月など長期の休みには帰省し、いじられたり突っ込んだりと賑やかな振る舞いをみせてくれます。そんなひかげを今期演じて感じたことや印象的なエピソード、これまでの思い出などいろいろお話をうかがいました。

【インタビューバックナンバー】
□第1回 宮内れんげ役・小岩井ことりさん【前編】
□第2回 宮内れんげ役・小岩井ことりさん【後編】
□第3回 富士宮このみ役・新谷良子さん×篠田あかね役・田中あいみさん【前編】
□第4回 富士宮このみ役・新谷良子さん×篠田あかね役・田中あいみさん【後編】
□第5回 一条蛍役・村川梨衣さん
□第6回 越谷小鞠役・阿澄佳奈さん
□第7回 越谷夏海役・佐倉綾音さん
□第8回 加賀山楓役・佐藤利奈さん
□第9回 宮内一穂役・名塚佳織さん
□第10回 宮内ひかげ役・福圓美里さん
□第11回 宮内れんげ役・小岩井ことりさん×しおり役・久野美咲さん
□第12回 宮内れんげ役・小岩井ことりさん×しおり役・久野美咲さん

 

アニメイトタイムズからのおすすめ

今回のひかげは、最初からフルスロットルなアホだなって(笑)

――第3期をやってみて、ひかげの新たな面を感じたことはありましたか?

宮内ひかげ役・福圓美里さん(以下、福圓):ひかげは今まで、斜に構えるというか クールな面を見せながらも、たまにアホになる感じだったのですが今回は最初からフ ルスロットルなアホというか(笑)。ツッコミに回ることも多くて、『のんのんびより』っ てこんなに疲れる作品だったっけ?と思うぐらい、ずっと大絶叫しています。

なぜかというと、夏海(越谷夏海)とセットで出てくることが今回はすごく多いので、悪ノリコンビでこれまでのシリーズよりもテンションが高いなと思います。

――悪ノリということでは、夏海もかなりですよね。

福圓:そうなんです。どんどんひかげに辛辣になっていて。すごい仕打ちを受けることも多かったですね(笑)。

――直近の放送回となる第10話もそんな2人の魅力全開でしたが、収録はいかがでしたか?

福圓:この回はれんちょん(れんげ役の小岩井ことりさん)と夏海(夏海役の佐倉綾音さん)の3人で収録したんですけど、吹雪での悪ノリのシーンが予想以上に長くて、だんだんと不安になりました(笑)。何をやっているのかわからない感じが本当に面白くて、途中で笑いそうになっちゃいました。

――完全にコントみたいな感じでしたよね。

福圓:そうそう。れんちょんと夏海は真顔なんですけど、ひかげは乗り切れてないのがおかしくて。あと、私が「生簀(いけす)」を「生贄(いけにえ)」と読み間違えちゃったのも印象に残っています。

――確かに、漢字の見た目は似ていますね。

福圓:この仕事をしていると「生贄」は結構多用されるんですけど、「生簀」と言うことはほとんどなくて。

――声優あるあるですね。一般人なら普段「生贄」は言わないですから(笑)。具体的に演じる上で意識したことやディレクションはありましたか?

福圓:『のんのんびより』ってナチュラルなお芝居の方がいいなと思っていて。ギャグシーンも勢いに任せて、わざと言葉を崩す感じにすることがあるんです。でも、このシーンでは「さすがに何を喋っているかわからないので、もう一回言ってください」と言われました(笑)。他の現場で「何喋っているかわからない」とはまず言われないので、笑っちゃいました。

――なかなか声優さんに対して言うことはないですよね。

福圓:ギリギリを攻めたいというか、ちょっと崩し過ぎかな?というぐらいが面白いので、その塩梅が難しかったです。

――確かに、どの程度崩すかはともかく、子供たちがワイワイやっているならその方が自然な気がします。

福圓:そうですね。『のんのんびより』は日常の話なので“ちょっと気を抜いて喋っている”ぐらいがいいかなと思っていて。今までは家の中ではなるだけ自然な呼吸で、このシーンは外で夏海とはしゃいでいたので、声を荒げながら崩すようにしました。

――第10話の前半はお年玉をテーマとした話でしたが、こちらはいかがですか?

福圓:お金のことになったらいくらでもプライドを捨てていくのは、これこそひかげ!って感じだなと(笑)。この話もそうなんですが、第3期はひかげが結構帰ってきていますよね。今までは全話を通してもそんなに出会えないキャラだったのに……。

――佐倉さんや名塚さん(宮内一穂役の名塚佳織さん)も、第3期はひかげよく帰ってくると話していました。

福圓:やっぱりそう思いますよね(笑)。

――東京に友達いるのかな?と不安がってもいましたが。

福圓:いるよ!(笑)

前半で2話続けて出たので、「今回はこれでひかげ(の出番は)最後ですかね?」と聞いたら「いや、全然あるよ」と。ちょっとお休みがあると帰ってきちゃうぐらいになっていて、やっぱり実家が恋しいのかなって思いました。でも、(出番が多いのは)ありがたいことです。

(C)2021 あっと・KADOKAWA刊/旭丘分校管理組合三期
おすすめタグ
あわせて読みたい

のんのんびよりの関連画像集

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2021年春アニメ一覧 4月放送開始
2021年夏アニメ一覧 7月放送開始
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2021秋アニメ最終
2021秋アニメも声優で観る!
2021秋アニメインタビュー
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング