映画
映画『ゴールデンカムイ』主題歌はACIDMAN「輝けるもの」に決定

映画『ゴールデンカムイ』主題歌&新予告映像・キャラ画像解禁! 主題歌は ACIDMANの「輝けるもの」に決定

2024年1月19日(金)に公開の実写映画『ゴールデンカムイ』より、主題歌&新予告映像・キャラ画像が解禁!

主題歌はACIDMANの「輝けるもの」に決定しました。

▲公開されたキャラ画像

▲公開されたキャラ画像

関連記事
ゴールデンカムイ(実写)
舞台は気高き北の大地・北海道。時代は、激動の明治後期―。日露戦争においてもっとも過酷な戦場となった二〇三高地での鬼神のごとき戦いぶりに「不死身の杉元」と異名を付けられた日露戦争の英雄・杉元佐一は、ある目的のために大金を手に入れるべく、北海道で砂金採りに明け暮れていた。そこで杉元は、アイヌ民族から強奪された莫大な金塊の存在を知る。金塊を奪った男「のっぺら坊」は、捕まる直前に金塊をとある場所に隠し、そのありかを記した刺青を24人の囚人の身体に彫り、彼らを脱獄させた。囚人の刺青は24人全員で一つの暗号になるという。そんな折、野生のヒグマの襲撃を受けた杉元を、ひとりのアイヌの少女が救う。「アシㇼパ」という名の少女は、金塊を奪った男に父親を殺されていた。金塊を追う杉元と、父の仇を討ちたいアシㇼパは、行動を共にすることとなる。同じく金塊を狙うのは、大日本帝国陸軍第七師団の鶴見篤四郎中尉。日露戦争で命を懸けて戦いながらも報われなかった師団員のため、北海道征服を目論んでおり、金塊をその軍資金代わりに必要としていた。そして、もう一人、戊辰戦争で戦死したとされていた新選組の「鬼の副長」こと土方歳三が脱獄囚の中におり、かつての盟友・...

主題歌はACIDMAN「輝けるもの」に決定

主題歌は『ゴールデンカムイ』のファンと明言するACIDMANによる、本作のために書き下ろしたオリジナル楽曲「輝けるもの」に決定。

大木伸夫(Vo&G)を中心に、“生命”“宇宙”をテーマにした壮大な世界を表現し続けている3ピースロックバンドACIDMAN。精力的に活動を続け昨年は結成25周年、メジャーデビュー20周年イヤーとなる節目を迎え、とどま ることなく進化し続けている彼らが手掛けた「輝けるもの」は、『ゴールデンカムイ』の情景がそこに浮かび上がるよう な、大自然の中で抗いながら命を燃やす人々の生き様を、ロックサウンドに乗せてエモーショナルに歌い上げた楽曲となっています。

▲ACIDMAN

▲ACIDMAN


写真/操上和美

ACIDMAN 大木伸夫さんコメント

このお話を頂いたのは、とあるライブ出演の 20 分前。 大好きな漫画の実写化の主題歌というお話だったので大興奮!

すぐにイメージが沸き、(オソマのフリをして、、、)トイレに駆け込み、一気にボイスメモにアイデアを吹き込みました。

自然と共に生きるアイヌの人々の美しい生き様、土を忘れ欲望を追い求めてしまう僕達の儚い生き様。

正しさに揺れながら、迷いながらも強く生き抜く力になる楽曲として、この映画を支えられたら嬉しいです。

あらゆる一瞬の明滅の命が、「輝けるもの」になりますように。

大木伸夫(ACIDMAN)

杉元佐一役・山﨑賢人さんコメント

今回、映画のために書き下ろしてくださったということで、本当に「ゴールデンカムイ」にピッタリな歌詞でした。そして、エ ンドロールで流れた時の、それぞれのキャラクターたちの旅、冒険、そして物語がこれからも進んでいくような力強さだったり、切なさだったり、疾走感みたいなものが感じられてすごく素敵な曲だと思いました。

アシㇼパ役・山田杏奈さんコメント

始めて楽曲を聞いた時に、すごく疾走感がある曲なのに大木さんの声の優しさがとてもいいなと思いました。作品としての力強さにもなっていますし、歌詞の中で『何かを得て、失って、それでも旅は続いていく』というような表現があって、それもすごく、「あぁ、ゴールデンカムイだな」と、じんわりと、いいなと思いました。

松橋真三プロデューサーコメント

本作は、皆に楽しんでもらえるエンターテイメント大作ですが、冒頭、日露戦争二〇三高地の激戦から始まります。
様々な苦難を背負った杉元佐一が、主人公として背負う「重み」が必要であると、ACIDMAN 大木さんにお伝えし、作曲をお願いしました。

甘いだけではない人生を歩んできた、いろいろ背負って生き抜いてきた大人のアーティストでないと作れないような歌を希望しますと無茶なお願いをしました。

作っていただいた「輝けるもの」は、激しくて、美しくて、胸が熱くなり、目頭が熱くなる素晴らしい主題歌となりました。
物語の最後、熱い情熱と愛を感じながら劇場を後にしてほしいと思います。お楽しみに!

主題歌を使用した最新予告映像が到着!

北海道に隠されたアイヌの埋蔵金。その謎を解くカギは、24人の脱獄囚に刻まれた刺青―。

「試してみるか?俺が不死身かどうか」と杉元が放つ一言で埋蔵金争奪戦の火蓋が切って落とされます。

「刺青人皮(いれずみにんぴ)をどこに隠した?」と鋭い眼球で杉元に迫り寄る鶴見中尉、元新撰組・鬼の副長、土方歳三の華麗な刀捌きといった新カットも続々登場!

凄まじい勢いで突進して来るヒグマの迫力、そしてACIDMANの疾走感のある主題歌に乗せて、命がけのサバイバル・バトルが展開されていきます。

クセの強いキャラクターが次々と登場する中で、エゾオオカミの生き残りであるレタㇻもついにお目見え。そして、「俺は、不死身の杉元だ!」という杉元の台詞には、抱えた想いを言葉に込め、生命力に変えているかのような渾身の叫びを感じるカットに。

全国にてIMAX®同時上映決定

公開日1月19日(金)に、IMAXでの同時上映が決定。

最新鋭の映像制作技術を最 大限に駆使したIMAXは、床から天井、左右の壁から壁まで広がる大スクリーンに映し出される鮮明な映像と、高精度なサウンドで、北海道の広大な大地の豊かさと、生死をかけた迫力のサバイバル・バトルの臨場感を感じることができ、制作陣がこだわり抜いた映画を最高峰のクオリティで余すところなく映画館で体感することができます。

ゴールデンカムイならではの、北海道の雄大な自然、二〇三高地の決死の戦闘シーンや突如襲い掛かかってくるヒグマとの生存バトル、そして杉元&アシㇼパ VS 第七師団 VS 土方歳三の三つ巴の埋蔵金争奪アクションなど、息をのむ緊迫の大迫力シーンにご期待ください。

実写映画『ゴールデンカムイ』作品情報

ゴールデンカムイ(実写)

あらすじ

舞台は気高き北の大地・北海道。時代は、激動の明治後期―。
日露戦争においてもっとも過酷な戦場となった二〇三高地での鬼神のごとき戦いぶりに「不死身の杉元」と異名を付けられた日露戦争の英雄・杉元佐一は、ある目的のために大金を手に入れるべく、北海道で砂金採りに明け暮れていた。そこで杉元は、アイヌ民族から強奪された莫大な金塊の存在を知る。金塊を奪った男「のっぺら坊」は、捕まる直前に金塊をとある場所に隠し、そのありかを記した刺青を24人の囚人の身体に彫り、彼らを脱獄させた。
囚人の刺青は24人全員で一つの暗号になるという。
そんな折、野生のヒグマの襲撃を受けた杉元を、ひとりのアイヌの少女が救う。「アシㇼパ」という名の少女は、金塊を奪った男に父親を殺されていた。金塊を追う杉元と、父の仇を討ちたいアシㇼパは、行動を共にすることとなる。
同じく金塊を狙うのは、大日本帝国陸軍第七師団の鶴見篤四郎中尉。日露戦争で命を懸けて戦いながらも報われなかった師団員のため、北海道征服を目論んでおり、金塊をその軍資金代わりに必要としていた。
そして、もう一人、戊辰戦争で戦死したとされていた新選組の「鬼の副長」こと土方歳三が脱獄囚の中におり、かつての盟友・永倉新八と合流し、自らの野望実現のため、金塊を追い求めていた。

杉元&アシㇼパVS.第七師団VS.土方歳三・・・!!
雄大な北の大地を舞台に、一攫千金!三つ巴のサバイバル・バトルが、今始まるッ――!!!!

キャスト

杉元佐一:山﨑賢人
アシㇼパ:山田杏奈
尾形百之助:眞栄田郷敦
月島基:工藤阿須加
二階堂浩平・洋平:栁俊太郎
白石由竹:矢本悠馬
谷垣源次郎:大谷亮平
牛山辰馬:勝矢
永倉新八:木場勝己
フチ:大方斐紗子
大叔父:秋辺デボ
後藤竹千代:マキタスポーツ
鶴見篤四郎:玉木宏
土方歳三:舘ひろし
梅子:高畑充希
寅次:泉澤祐希
オソマ:永尾柚乃
アチャ:井浦新
ナレーション:津田健次郎

(C)野田サトル/集英社
(C)2024映画「ゴールデンカムイ」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

ゴールデンカムイ(実写)の関連画像集

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024冬アニメ何観る
2024年冬アニメ最速放送日
2024冬アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング