アニメ
『戦ブラ』天下分け目の大宴に森川智之さん、前野智昭さんら織田軍勢ぞろい!

森川智之さん、前野智昭さんら織田軍勢ぞろい! 『戦刻ナイトブラッド』戦ブラトークショー「天下分け目の大宴(おおうたげ)」をレポート

2018年4月15日(日)、東京・北とぴあにて、『戦刻ナイトブラッド』戦ブラトークショー「天下分け目の大宴(おおうたげ)」が開催。メインキャラクターを務めた声優・花江夏樹さん、武内駿輔さん、森川智之さん、島﨑信長さん、小林裕介さん、森田成一さん、前野智昭さんが登壇し、TVアニメ収録の裏話などが語られたトークや、朗読劇やミニゲームの模様をご紹介します!

TVアニメ『戦刻ナイトブラッド』は、オトメイト・KADOKAWA・マーベラスの三社が共同で手掛けるスマホアプリゲームを原作にした、戦国時代の日本によく似た異世界『神牙(しんが)』で、吸血鬼や人狼の武将たちによる天下統一を巡る熱き戦刻ファンタジー。

ある日、ヒロイン・結月はスマホから突然放たれた謎の光に包まれ、見たこともない『神牙』と呼ばれる異世界へ。『神牙』は、世界を加護する特別な血を持つ姫神子が忽然と消えてしまったために、人々を襲う謎の化物『厄魔(やくま)』が出現し、織田信長や豊臣秀吉ら天下統一を目指す武将たちの争いも激化。

そんな中、戦場で秀吉に助けられた結月は、姫神子と同じ血を持つことが分かり、各軍の思惑へと巻き込まれていくストーリーです。

メンバー勢ぞろいの織田軍が自由奔放すぎる!
会場を埋め尽くすファンの期待が高まる中、花江夏樹さん(豊臣秀吉 役)、武内駿輔さん(黒田官兵衛 役)、森川智之さん(織田信長 役)、島﨑信長さん(明智光秀 役)、小林裕介さん(森蘭丸 役)、森田成一さん(柴田勝家 役)、前野智昭さん(丹羽長秀 役)がステージに登場。


花江さんが、「戦ブラは、好きですか?」「血を吸われる準備は、できてますか?」とコール&レスポンスを投げ掛けたり、島﨑さんが自身と同じ名前の信長役を演じる森川さんの肩に手を回し「W信長をよろしくお願いします!」とあいさつしたり。

前野さんが、「血を吸われる覚悟は、できてますか?」と花江さんと同じくセリフを掛けたかと思うと、血を吸うリップ音でファンの黄色い声を集めたりと、開始早々から盛り上げていきます。

花江さんの進行で、織田軍と豊臣軍へ分かれて、キャラクターを演じての感想や気になったシーンを振り返る『戦ブラ!トーク!』へ。

すると、豊臣軍メンバーは本来5人にもかかわらず、2人しかいないと織田軍メンバーから指摘。

MC担当の花江さんは、『戦ブラジオ♪』で一緒にMCだった武内さんが今日はサブMCのような気持ちで進行に臨むと意気込むと、武内さんは「何も準備してないですが」と困惑しながらも、花江さんに寄り添いフォローしようとしていました。

まず、森川さんが信長を演じるにあたって「強い役ですが、熱血漢ではなく力を抜いて適当に演じました」と語ると、「適当!?」とキャスト陣がざわめきます。「適度に」というニュアンスだと説明し、そんな信長について「信長さんから見た信長様はどうだった?」と、花江さんが島﨑さんへ質問。

島﨑さんはゲーム内での信長の親しみやすい一面を紹介し、続く小林さんは、“紅一点”と自負する蘭丸についての魅力を語った後、「信長様は……」と森川さんの方を向くと、その隣に座る島﨑さんが反応を示したために、みんなから「ややこしい~!」と突っ込まれていました。

以前から長秀が好きだったという前野さんが「長秀は、信長様を心酔していて……」と話し始め、森田さんの「どっちの?」という問い掛けに、森川さんと島﨑さんがスッと立ち上がったため、笑いが!

森川さん演じる信長様=“森長様”と森田さんが名付け、このイベントでは“森長様”で呼ぶこととなりました。

森蘭丸 役・小林裕介さん

森蘭丸 役・小林裕介さん

柴田勝家 役・森田成一さん

柴田勝家 役・森田成一さん

「豊臣軍は?」と振られた武内さんは、心のうちが見えづらいキャラクターだったが、ゲームからアニメと続けるうちに徐々に見えるような変化を感じたと振り返ります。

そんな武内さんに、花江さんは「面白いところで声が裏返るよね」と暴露し、慌てた武内さんは「セリフが少ない分、懸ける思いが……」と込める思いの大きさの裏返しであると、弁明していました。

花江さんが豊臣軍代表として選んだ、お気に入りのシーンでは、追い詰められた竹中半兵衛と結月が川に飛び込む第5話のシーンを紹介。

半兵衛のかわいさと、演じる逢坂良太さんの頑張る姿のかわいさが選んだポイントとのこと。森川さんも逢坂さんのかわいい声に、「誰が話しているか分からない」と、収録のマイク前の姿からは想像できないようでした。

森川さんが織田軍代表で選んだのは、狙われる結月が信長の部屋で過ごすことになった第9話のシーン。キャラクターの行動や演出に、キャスト一同も思わず笑いがこぼれていました。

次は、『シャッフル アテレコ!』のコーナー。

DVD&Blu-ray第5巻に納められた森川さんと小林さんのオーディオコメンタリー収録時に、イベントを終えた体で「キャラがみんな入れ替わってしまった」と感想を話したことがきっかけで、実現したコーナーです。

演じるのは第10話の一部で、連れ去られた結月を取り戻すため、1人で織田軍の城に乗り込んだ秀吉が話し合いの末、結月を無事に連れ帰るシーン。

役を決めるくじを引いた結果は、花江さんが秀吉役、武内さんが光秀役、森川さんが長秀役、島﨑さんが結月役、小林さんが勝家役、森田さんが蘭丸役、前野さんが信長役に。

気になる結月役を島﨑さんが演じることや小林さんの勝家役など、キャストの不安そうな表情に対し、ファンは興味津々。島﨑さんが不安からか足をバタつかせたり、森川さんが高音での発声練習をしたりと、始まる前から笑いを誘います。

明智光秀 役・島﨑信長さん

明智光秀 役・島﨑信長さん

そして、蘭丸のセリフから始まると、森田さんが語尾に「ねぇ」を付けた独特な話し方で一気に注目を集めます。

武内さんのカッコイイ光秀にトキメキ、前野さん演じる茨城弁の信長や意外とかわいい高音ボイスで島﨑さんが成り切った結月など、拍手と笑いの嵐になりました。

黒田官兵衛 役・武内駿輔さん

黒田官兵衛 役・武内駿輔さん

アンコールに応えた2回目の配役では、花江さんが蘭丸役、武内さんが光秀役、森川さんが信長役、島﨑さんが勝家役、小林さんが結月役、森田さんが長秀役、前野さんが信長役。

コメンテーターのような語り口で、語尾に「えぇ」を付ける花江さんや、2回目の光秀役にロボットのような抑揚のない話し方で変化を付ける武内さんと、楽しませてくれます。

セリフのほぼ全てをアドリブに変えてしまう森川さんや、やっぱり茨城弁を駆使して実は茨城県を統治していた(?)秀吉を演じる前野さんに爆笑必至。

最後は、結月役でも違和感がなさそうな小林さんの演技で、見事に物語を終えました。

笑いだけじゃない!! 胸キュンセリフにも注目です♪
8月開催の『戦刻ナイトブラッド』ライブイベント、舞台版『戦刻ナイトブラッド』についての簡単な情報紹介があり、豊臣軍テーマソングのMV『HEN-GEN-JI-ZAI』と織田軍テーマソングのMV 『クロソマレ』がスクリーンに流れた後は、ゲームコーナーへ。


進行を森川さんにバトンタッチして、島﨑さん、森田さん、前野さんの織田軍と小林さんを含めた豊臣軍に分かれて対決!

1回戦は『目指せオンリーワン 戦刻クエスチョン対決』として、会場に少数しかいない質問をしたチームが勝利となるゲームです。小芝居を交えつつ進行したり、BGMに合わせて変な動きをしたり。

豊臣軍は、激しい戦闘にちなんで「昨日、激しかった人」、織田軍は、戦いともいえるイベントに参加準備のため「昨日、深爪をした人」という質問が飛び出します。

2回戦は『風船リレー対決』。会場を半分に分け、ステージから1階席の最後列まで送って先にステージに戻ってきた軍の勝利となります。

森川さんの天然な発言や、森田さんの自由な振る舞いに笑顔がこぼれます。

ここまでの対決で、2勝した豊臣軍の勝利になるところですが、泣きの3回戦ということで、最終戦『戦刻胸キュンフレーズ対決』で勝った軍の勝利というルールに。

軍の代表者が担当キャラとして、「告白」というテーマで会場の拍手を多く集めた胸キュンセリフを言った方が勝利。そこで、森川さんのお手本が見たいというキャストの要望に、ファンも賛同します。

大御所の森川さんが収録現場に入る設定から始まり、ライトやBGMなどに指示を出すAD風の森田さんに、マイク周りを調整するスタッフ風の武内さんや島﨑さん、ヘアメイク担当風の花江さんなど、収録をイメージさせるような展開に。

森川さんが信長らしいセリフを老人のような声でしゃべり始め、「違った?」とおちゃめな一面をのぞかせます。改めて、カッコよく信長のセリフを決めると、ロック歌手のようにマイクスタンドを傾けて持ったり、ファンに近づくように愛を伝えたり。

「ハードル上げないで!」とキャストからクレームが出るほどのパフォーマンス力に、ファンも魅力されていました。

織田信長 役・森川智之さん

織田信長 役・森川智之さん

まずは、豊臣軍代表として、小林さんが挑戦。お手本からの流れで、ヘアメイク担当やADが準備するようにキャスト陣の小芝居が入ります。準備が整い、小林さんがマイク前に立つと、前野さんのしわざで身長より高い位置にマイクがあり、懸命に背を伸ばす姿がかわいらしい!

そんなマイクの高さを活かして、夜空を見上げるシチュエーションであることを思わせるセリフからスタート。マイクを外してステージを歩きながら、蘭丸らしいセリフに『クエスチョン対決』で出たワードも織り交ぜ、歓声を集めました。

一方、織田軍代表の前野さんの時にも、同じく森田さんが股下くらいの高さにマイクをセッティング。

これに対し、膝まずいた姿勢から始めた前野さんは、長秀らしく信長への敬愛の言葉を交ぜながらマイクの高さを調節すると、ストレートに愛を告白します。最後に投げキスも贈り、黄色い声が上がっていました。

丹羽長秀 役・前野智昭さん

丹羽長秀 役・前野智昭さん

ここでの対決は引き分けとなり、最終結果は豊臣軍の勝利!

豊臣軍にはお食事券のご褒美が、織田軍には罰ゲームとしてセンブリ茶を飲むことに。

織田軍は一心同体ということで、勝利して笑顔の豊臣軍に見守られながら、進行役の森川さんも一緒にセンブリ茶を飲み干していました。

最後のコーナーは、『戦ブラ朗読劇~天下分け目の?贈り物大決戦!!!?~』と題した朗読劇へ。

とある町で、織田軍と出くわした秀吉は、官兵衛と勝家が女性に贈り物を買うという理由で町に寄ったことを知り、誰が一番女性を喜ばせる贈り物ができるかという対決を持ち掛けるストーリーです。

イベントを通じて出てきたワードも使いながら、それぞれのキャラクターらしいセリフや掛け合いに笑いが起こります。

女性に何をプレゼントするか、それぞれが考える一番のモノを挙げていく中、秀吉は「この町をプレゼントする」というところで、花江さんは会場の北(ほく)とぴあを「北(きた)とぴあ」と言い間違うミス!

武内さんが官兵衛らしく「裏で何度も、聞き直したりしてましたよね……」と、突っ込むところも相まって、ほほ笑ましい場面に。

最後まで、ライバルらしい秀吉と信長のやり取りやヒロインへの思いなど、キャラクターの魅力が感じられる朗読劇となりました。

豊臣秀吉 役・花江夏樹さん

豊臣秀吉 役・花江夏樹さん

再びステージにキャストが並び、「オトメイト」作品『Code:Realize ~創世の姫君~』とのゲームコラボやゲーム1周年記念企画など新情報も告知されました。

ラストは1人ずつあいさつし、森川さんは笑いを取りつつ「まだまだ楽しみなことが待っていますから、これからも応援宜しくお願いします」とコメント。

花江さんは、「もうすぐ1周年を迎えるということで、あっという間で。こうしてイベントも無事終えることができて、本当に楽しかったです」と締めくくりました。

[取材・文/小澤めぐみ]


営業職を経験後、記者・編集業務に携わりフリーへ。男性声優を中心に、漫画、アニメ、外ドラ、BLなど浅く広く好奇心は一人前。飲食、旅行、音楽、(ヘタだが)写真撮影、話を聞くことも好きで、近年の自粛生活は苦痛。最近のお気に入りは『薬屋のひとりごと』『異世界でもふもふなでなでするためにがんばってます。』。王道モノから西東問わず歴史モノなど“ファンタジー”や“ミステリー”が好物。今はもっぱら藤沢朗読劇中毒

この記事をかいた人

小澤めぐみ
営業職を経験後、記者業務に携わりフリーへ。主に男性声優、漫画、アニメなど浅く広く…今はもっぱら藤沢朗読劇中毒

担当記事

関連記事
フェロ☆メン プロデュースの音楽朗読舞台をレポート! 諏訪部順一さん、鳥海浩輔さんとゆかりある豪華キャストとの舞台に、あふれる思いが止まらない!!
2018年1月27日(土)、28日(日)、千葉県・舞浜アンフィシアターにて、声優・諏訪部順一さんと鳥海浩輔さんによるユニット・フェロ☆メンが音楽朗読舞台『AnGeLfAlL(エンジェルフォール)』を開催。DAWN、DAY、NIGHTとサブタイトルが付けられた全3公演は、全ての結末が異なるマルチエンディングストーリーということで、詳細発表直後からLOVERSと呼ばれるファンの間ではもちろん、多くの朗読劇ファンからも注目を集めていました。本稿では、スタンディングオベーションで大喝采のうちに幕を下ろした、1月28日(日)夜公演『AnGeLfAlL-NIGHT-』の模様をご紹介します!フェロ☆メンは、声優やナレーターなど声の仕事を本業とする諏訪部さん(黒)と鳥海さん(赤)による自主企画ユニット。「エロティック貴族」をコンセプトにセルフプロデュースで作品制作を行っています。この音楽朗読舞台『AnGeLfAlL』は、「助かる見込みがない」と医者たちから匙を投げられた多くの病人たちの命を救う“奇跡の少女”サラ・アッシュフォールと、天界から彼女に遣わされた二人の天使、マラキアとパクスを中心に繰り広げられます。フェロ☆メンの同名最新楽曲『AnGeLfAlL』は、この物語の世界観をイメージして諏訪部さん...
関連記事
春アニメ『MARS RED』原作者・藤沢文翁さん×畠中祐さん×諏訪部順一さんインタビュー|「共感するセリフばかりだった」、ヴァンパイアと人間を描いた物語に迫る!
2021年4月放送のTVアニメ『MARSRED』は、史上初の音楽朗読劇からアニメ化となり、2020年11月には第1話・第2話の超最速先行上映会も行われた注目作。大正時代の東京を舞台に、列強諸国に対抗するために創設された陸軍の第十六特務隊、通称『零機関』。帝都東京にて増え続ける吸血鬼事件の対応にあたることになったヴァンパイアの物語。本稿では、数々の音楽朗読劇で原作・脚本・演出を務める劇作家であり、本作品の原作者・藤沢文翁さん、国内最強クラスの吸血鬼・栗栖秀太郎役の畠中祐さん、『零機関』で指揮を執る人類最強の前田義信大佐役・諏訪部順一さんにインタビュー!アニメ化の経緯をはじめ、朗読劇との違い、キャラクターや作品の魅力、アニメの楽しみ方などについて伺いました。アニメでは約2時間の朗読劇に収まらなかった話を広げて描く!――まず、キャストのお2人に質問です。朗読劇からアニメ化という初の試みとなる本作品に出演するにあたっての感想、お気持ちをお聞かせください。栗栖秀太郎役・畠中祐さん(以降、畠中):僕はこれまで文翁さんの朗読劇に出たことがなく、朗読劇『MARSRED』にも出ていなかったので、新しい座組に加わらせていただくという感覚があって、とても緊張し...
関連記事
秋アニメ『歌舞伎町シャーロック』小西克幸さん、中村悠一さん、吉村愛監督による座談会第1弾|ゲストキャスト・関智一さんの演技や、キャスト陣も気付かないような仕込みに笑撃!
TBS、MBS、BS-TBS“アニメイズム”枠にて放送中の秋アニメ『歌舞伎町シャーロック』は、名探偵シャーロック・ホームズが活躍する探偵小説の要素を交えつつ、架空の街“新宿區歌舞伎町”を舞台に、コメディあり、サスペンスありのオリジナルTVアニメです。アニメイトタイムズでは、放送を振り返りつつ、キャストと共に作品の魅力に迫る連載キャスト座談会を企画。第1弾は、シャーロック・ホームズ役の小西克幸さん、ジョン・H・ワトソン役の中村悠一さん、吉村愛監督を迎え、キャラクターや共演しての感想、思い出深いシーンについて伺った模様の前編をお届けします!「ナイスアシスト!」なセリフ&音響監督のアドバイスで落語シーンに変化――まず、ご自身が演じられているキャラクターの紹介をお願いします。シャーロック・ホームズ役の小西克幸さん(以降、小西):人間嫌いな、超落語好きの、変な人です(笑)。以上です。ジョン・H・ワトソン役の中村悠一さん(以降、中村):元お医者さんで、シャーロックに助けてもらいに来た人です。小西:キャラクター紹介って難しいね(笑)。中村:難しいね(笑)。――監督から脚本やキャスト・スタッフへの要望はありましたか?吉村愛監督(以降、監督):脚本...
関連記事
劇場アニメ『K SEVEN STORIES』Episode2『SIDE:BLUE~天狼の如く~』インタビュー|津田健次郎さん&土屋神葉さんが語る、今までにない《セプター4》の魅力
2018年7月より6か月連続で順次公開される、人気アニメ作品「K」シリーズの新作となる劇場アニメーション『KSEVENSTORIES』。8月4日(土)から公開中のEpisode2『SIDE:BLUE~天狼の如く~』は、《赤の王》と《青の王》の激突の果てに甚大な被害をもたらした「迦具都事件」から十数年後の、新《青の王》宗像礼司率いる《セプター4》を中心に描いた物語で、「迦具都事件」を生き延び、新体制の《セプター4》の片隅に所属する男・善条剛毅が、急増する異能者事件に対応する選抜部隊「特務隊」の新設を計画する宗像から、新入隊員・楠原剛に剣術の稽古をつけるよう依頼される……というストーリーとなっています。そこで、善条剛毅役の津田健次郎さんと、楠原剛役の土屋神葉さんにインタビューを敢行。作品や本作でのキャラクターの印象、見どころなどを伺いました!▲善条剛毅役の津田健次郎さん(左)、楠原剛役の土屋神葉さん(右)土屋さんが収録で感じた、楠原への“愛”――まず、『K』シリーズでは《赤の王》周防尊と善条剛毅の2役を演じられている津田さんから見て、周防役で出演されたEpisode1『R:B~BLAZE~』を経ての本作Episode2『SIDE:BLUE~天狼の如く~』はどんな印象でしたか?善条剛毅役・津田...
関連記事
リアル謎解きBLゲーム「抱かれたい男1位に脅されています。」完全レポート! ストーリーから解答まで徹底紹介!!
11月3日(金・祝)、4日(土)開催の「アニメイトガールズフェスティバル2017(AGF2017)」にて、リアル謎解きBLゲーム「さらわれた西條高人を救出せよ~抱かれたい男1位に脅されています。~」が、東京・池袋サンシャインシティで行われました。2日間とも、朝10時の開場に合わせて集まったファンが多数来場し、大盛況のうちに閉幕。本稿では、ファンの熱気に包まれたリアル謎解きBLゲーム「抱かれたい男1位に脅されています。」の模様を詳細にご紹介します。題材となる『抱かれたい男1位に脅されています。』は、芸能界を舞台に、人気俳優・西條高人(愛称はトータカ)と若手イケメン俳優・東谷准太(愛称はチュン太)の恋愛を描いた物語。桜日梯子原作の大人気BLコミックスで、AGFでは2016年開催に続き2回目のリアル謎解きBLゲームとなります。今回のゲームでは、写真家・何山紀信によるグラビア撮影がテレビ局・テレ日で予定されている中、「西條高人はさらった」という脅迫メールを受信。高人の俳優生命のためにも、東谷准太になった参加者が謎を解いて、愛する高人さんの救出を目指します。参加者1人1人が東谷になりきるまず、1グループ約10人ごとに分かれ、スタッフから謎解きの注意説明が。そ...
もっと見る


作品情報


TVアニメ『戦刻ナイトブラッド』

●STORY
ある日、結月はスマホから突然放たれた謎の光に包まれ、気が付くと見たこともない場所にいた。

彼女の目の前に広がる風景は、まるで戦国時代の日本――
そこは、吸血鬼や人狼などの人ならざる者が暮らす『神牙(しんが)』と呼ばれる異世界だった。

その昔、『神牙』は特別な血を持つ姫神子の加護の元、それぞれの種族は平和に暮らしていた。

しかし、ある日忽然と姫神子が消えてしまう。姫神子の加護を失った『月牙族(げっがぞく)』と呼ばれる武将たちは、天下統一を目指して争い始め、世は正に戦乱の時代を迎えていた。

そして、その混乱に呼応するかのように、人々を襲う謎の化物『厄魔(やくま)』もまた、各地で跳梁跋扈していた。

豊臣軍を率いる武将・豊臣秀吉は、戦場で助けた結月を自軍に迎え入れ、ふとしたきっかけで彼女の血に月牙族を覚醒させる力がある事を知る。
そして、織田、上杉、武田、真田、伊達の各軍もまた結月の血が持つ力を知り、それぞれの思惑の元、結月を求めて動き始める。

「異世界から来た娘を探して」と茶釜を背負った白いたぬき、イマリに言い残して消えた姫神子。増え続ける厄魔……。武将たちは結月の力に触れ、何を守り、誰と戦うのか。戦乱の異世界を舞台に新たな物語を紡ぐ――。

●STAFF
原作:『戦刻ナイトブラッド』(オトメイト×KADOKAWA×マーベラス)
原作キャラクターデザイン:薄葉カゲロー、花邑まい、四季咲組、miko、黒裄、悌太 ほか
監督:菊池カツヤ
シリーズ構成:柿原優子
キャラクターデザイン:小松原聖、奥山鈴奈、中田知里
美術監督/美術設定:中原英統
色彩設計:松山愛子
撮影監督:今泉秀樹
編集:櫻井 崇
音響監督:横田知加子
音響制作:デルファイサウンド
音楽:堀向直之
音楽制作:テレビ朝日ミュージック
アニメーション制作:颱風グラフィックス

●CAST
【豊臣軍】
豊臣秀吉:花江 夏樹
石田三成:佐々木 喜英
黒田官兵衛:武内 駿輔
竹中半兵衛:逢坂 良太
前田利家:山本 一慶

【織田軍】
織田信長:森川 智之
明智光秀:島﨑 信長
森蘭丸:小林 裕介
柴田勝家:森田 成一
丹羽長秀:前野 智昭

【上杉軍】
上杉謙信:鳥海 浩輔
柿崎景家:興津 和幸
甘粕景持:緑川 光
上杉景勝:荒牧 慶彦
直江兼続:柿原 徹也

【武田軍】
武田信玄:小西 克幸
山県昌景:中島 ヨシキ
高坂昌信:木村 良平
内藤昌豊:西山 宏太朗
馬場信春:安元 洋貴

【真田軍】
真田幸村:山下 大輝
真田信之:森久保 祥太郎
猿飛佐助:村瀬 歩
霧隠才蔵:北村 諒
由利鎌ノ助:八代 拓

【伊達軍】
伊達政宗:梅原 裕一郎
伊達成実:岡本 信彦
片倉小十郎:佐藤 拓也

結月:釘宮理恵
イマリ:藤原夏海



TVアニメ『戦刻ナイトブラッド』公式サイト
TVアニメ『戦刻ナイトブラッド』公式ツイッター(@senbura_info)
戦刻ナイトブラッド 関連ニュース
おすすめタグ
あわせて読みたい

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024春アニメ何観る
2024年春アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング