menu
映画
劇場版「Fate/stay night [HF]」第三章 杉山紀彰インタビュー【連載第1回】

劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」Ⅲ.spring song 杉山紀彰さんインタビュー|3部作はTVシリーズ6クール分を演じ終えた時のような感覚!?【連載第1回】

2020年8月15日より全国で公開される劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」Ⅲ.spring song(以下、劇場版[HF])。『Fate/stay night』の最終ルート[Heaven's Feel](以下、[HF])の劇場3部作での映像化となる本作も、いよいよ完結編となる第三章の公開が間近に迫りつつあります。

今回アニメイトタイムズでは、その劇場版[HF]第三章に出演するメインキャスト陣に、全5回に渡るインタビューを実施。今回はその連載1回目となる、主人公・衛宮士郎役の杉山紀彰さんへのインタビューです。

ゲームから士郎を演じ続けている杉山さんには、劇場版[HF]第三章はどのように見えたのでしょうか。

アニメイトタイムズからのおすすめ

第二章インタビューアーカイブはこちら!

●下屋則子インタビュー【連載第1回・前編】
●下屋則子インタビュー【連載第1回・後編】
●下屋則子&杉山紀彰インタビュー【連載第2回】
●下屋則子&伊藤美紀インタビュー【連載第3回】
●下屋則子&Aimerインタビュー【連載第4回・前編】
●下屋則子&Aimerインタビュー【連載第4回・後編】
●下屋則子&川澄綾子&植田佳奈インタビュー【連載第5回】
●下屋則子&浅川悠インタビュー【連載第6回】

 

第三章インタビューアーカイブはこちら!

●杉山紀彰インタビュー【連載第1回】
●杉山紀彰&川澄綾子インタビュー【連載第2回】
●植田佳奈&諏訪部順一インタビュー【連載第3回・前編】
●植田佳奈&諏訪部順一インタビュー【連載第3回・後編】
●下屋則子&浅川悠インタビュー【連載第4回・前編】
●下屋則子&浅川悠インタビュー【連載第4回・後編】
●下屋則子インタビュー【連載第5回】

 

こちらもチェック!

●『Fate/stay night [UBW]』川澄綾子さん&下屋則子さんの溢れるセイバーと間桐桜への愛。声優インタビュー

まだ全てが終わったという雰囲気ではない

――ついに[HF]ルートを描く劇場3部作が完結することになりますが、現在の心境はいかがでしょうか?

杉山紀彰さん(以下、杉山):感慨深いのはもちろんなのですが、15年近く関わらせていただいている『Fate/stay night』という作品においても、1つのルートに3年をかけた映像化は劇場版[HF]が初めてで。TVシリーズに換算すると6クール分くらい経っているような感覚があります(笑)。

公開はこれからですが、いろいろなイベントにも出演させていただいて、すごく贅沢な作りだなということを改めて感じています。

――劇場版[HF]での士郎を演じきって、こみ上げてくる想いはありますか?

杉山:劇場版[HF]では士郎と桜の物語の結末が描かれることになるのですが、[HF]のエンディングというのは『Fate/stay night』という作品がもっている物語の奥深さが、一番表に出てきている結末だとも思っていて。完璧なハッピーエンドでもバッドでもなく、いろいろなことを考えさせられる。

それが[HF]というルートの特徴でもあると思いますし、3つの物語を締めくくる感慨深さも感じましたね。

――[HF]ルートについては、以前にゲームでも収録されていると思うのですが、その時との印象の違いはありましたか?

杉山:ゲームの時はキャラクターの台詞だけではなく、モノローグの部分もものすごい量があって、そちらもほぼ音声を収録していたのですが、ゲームのモノローグをすべて映画に入れるのは、尺の問題もあって難しいですよね。

プレイヤーが主体となるゲームと、映像を見る映画はそもそもの体験も別なのですが、須藤監督は、ゲームをプレイした時に感じた印象や読後感を、映像のタイムラインに落とし込むためにどうすればいいかということをもの凄く考えられていて。ノベルゲームでは地の文で描かれていた情報を、映画では違和感なく映像表現に落とし込むための工夫がされているなと。

例えば、ゲームだとモノローグや行間に込められていた情報を、アニメでは映像や表情から読み取れるような構成になっていることが、大きな違いなのではないかと思います。

――収録を終えたことについて、他のキャストの方々とお話されましたか?

杉山:そうですね。無事演じきることができて良かったというのはもちろんですが、女性陣からは「終わっちゃうのが寂しい」という声が上がる一方で、冗談と期待半分で「大丈夫。まだ『hollow』(『Fate/hollow ataraxia』)があるよ」と(笑)。

――アフレコの時は、映像はどのような状態だったのでしょうか?

杉山:劇場版[HF]では、キャラクターの表情も分かりやすい映像素材でアフレコに臨めたので、他の役者さんとも演じやすいという話をしていました。

収録では、その場面がどういう状況なのか役者の方から質問をすることもあるのですが、劇場版[HF]で出ていたのは、戦闘シーンが早いので何が起こっているのか把握したいということくらいで(笑)。

人間同士の描写については、どのシーンにもしっかりと理解できる素材が用意されていたので、我々は恵まれているなと。

――やはりそういった環境は、演技の方にもフィードバックされるのでしょうか?

杉山:そうですね、ここは盛り上がるところ、ここは心理的に揺れ動くところであるとか、監督が表現したいものがテストの段階から分かりやすくなりますから。

他の収録だと、このシーンにアドリブを入れた方がいいのかと考えたりすることもあり、実際に通しで収録したあとに追加でアドリブが欲しいと言われることも多いのですが、劇場版[HF]に関してはそれがほぼなくて。

シーンによっては、逆に台詞を減らした方がいいんじゃないかという話が出るくらい、元々の映像がもっている情報量がすごいので、こちらがやりすぎると逆に蛇足になってしまうのかなと感じたところはありましたね。

――これまでのルートのアニメ化は、TVシリーズという形が多かったと思いますが、TVシリーズの時と今回の劇場版3部作では、アフレコ時の違いはありましたか?

杉山:TVシリーズは毎週収録する分、演じる方もやりやすいと思われるかもしれないのですが、一度収録が切れてしまうので、前回のラストと同じところにテンションをもっていくのは、結構気を使う部分なんです。

その分、今回のような劇場版3部作はそれぞれで収録のスパンこそ空くのですが、ある程度まとまった尺で収録できますし、第二章の収録の前には、第一章の映像を見直したりもできるので、心情としては演じやすかったですね。

あとは、意外と作中の聖杯戦争の時間や日時の経過って結構短いので、一気に収録した方がしっくりくるということもあります。何周も跨いで収録していて「あれ、これ同じ日の出来事か」と後になってから気づくこともあったりして。その日の朝の出来事を、4週くらい前に収録していたということもありましたね(笑)。

おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2020年夏アニメ一覧 7月放送開始
2020年春アニメ一覧 4月放送開始
2020年 秋アニメ一覧 7月放送開始
2021年冬アニメ一覧 1月放送開始
2020秋アニメ(来期7月)おすすめランキングまとめ! 中間発表!
2020秋アニメも声優で観る!
2020秋アニメ・今期最速放送
第十四回 声優アワード
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング