menu
声優

それは4名から始まった──神谷浩史さん、江口拓也さんら総勢13名が出演する「キラフェス2023」が4年ぶりに開催! 紡がれてきたキラフェスの軌跡を辿る【後編】

2023年5月13日、14日に横浜アリーナにて「Kiramune Music Festival 2023」(以下「キラフェス」)が4年ぶりに開催されます。今回のキラフェスは入野自由さん、Trignalの2組がゲストという形での出演ではありながら、全9組総勢13名のメンバーが集結し、観客を魅了します。

2009年に4名のメンバーで開催されたキラフェスは、年々参加メンバーを増やし、2019年の10周年記念公演では最多となる総勢16名が出演する規模のライブイベントへと成長しました。

本稿では、そんなキラフェスが10年の時を重ねながら進化してきた変遷を辿りつつ、その年に起こった注目ポイントなどをご紹介。今回は【後編】として、2015年から10周年記念公演となる2019年までをまとめています。

なおKiramuneでは、イベントの模様を収録したDVDやBlu-rayが発売中です。本稿ではファン必見のDVD映像特典についてもご紹介していますので、まだ持っていない方はぜひチェックしてみてください。また、キラフェスはもちろんのことリーディングライブや各メンバーのソロライブ映像などはU-NEXTで配信されています。気になった方はぜひ映像でご確認を!  
 

Kiramuneレーベル参加メンバーもご紹介している【前編】はこちら

関連記事
それは4名から始まった──神谷浩史さん、江口拓也さんら総勢13名が出演する「キラフェス2023」が4年ぶりに開催! 紡がれてきたキラフェスの軌跡を辿る【前編】
2023年5月13日、14日に横浜アリーナにて「KiramuneMusicFestival2023」(以下「キラフェス」)が4年ぶりに開催されます。今回のキラフェスは入野自由さん、Trignalの2組がゲストという形での出演ではありながら、9組総勢13名のメンバーが集結し、観客を魅了します。2009年に4名のメンバーで開催されたキラフェスは、年々参加人数を増やし、2019年の10周年記念公演では最多となる総勢16名が出演する大規模なライブイベントへと成長しました。本稿では、そんなキラフェスが10年の時を重ねながら進化してきた変遷を辿りつつ、その年の注目ポイントなどをご紹介。まずは【前編】として、2009年から2014年の5周年記念公演までをまとめました。なおKiramuneでは、イベントの模様を収録したDVDやBlu-rayが発売中です。本稿ではファン必見のDVD映像特典についてもご紹介していますので、まだ持っていない方はぜひチェックしてみてください。またU-NEXTでは、キラフェスはもちろんのことリーディングライブや、各メンバーのソロライブ映像などKiramune関連作品が配信されています。気になった方はぜひ映像でご確認を!  Kiramuneレーベル参加メンバー「Kiramune(キラミューン)」とは、表現の可能性にチャ...
関連記事
4年ぶりに開催! 神谷浩史さん、江口拓也さんら出演「キラフェス2023」に行こう! 知っておけば初心者も安心!? 当日の流れや聞いておきたい楽曲を予習しよう
来たる2023年5月13、14日に、「KiramuneMusicFestival2023」(以下、キラフェス)が横浜アリーナで開催されます。キラフェスの開催は、2019年に10周年記念公演としてメットライフドーム(現・ベルーナドーム)で行われた「KiramuneMusicFestival~10thAnniversary~」以来、実に4年ぶりとなります。そのため、今回キラフェスに初めて参加する、という方も多いのではないでしょうか。本稿では、そんなキラフェス初心者のみなさんに向けて、キラフェスの大まかな流れや「事前に知っていれば安心」なポイント、予習しておくとより一層楽しめる曲などについてお伝えして行きます。このたびKiramuneが主催するイベントのガイドラインが改定され、「キラフェス2023」から「声出し」が解禁されることがすでに発表されています。4年の空白を越えて、今年新たに動き出すキラフェスに声援を送ってみませんか。そもそもキラフェスとは? イベントの大まかな流れをつかもう「KiramuneMusicFestival」通称:キラフェスとは、表現の可能性にチャレンジする男性声優が参加するレーベル「Kiramune(キラミューン)」が年に一度開催する音楽の祭典で、レーベルに参加するメンバーが一堂に会する大型ライブイベントで...

 
 



それぞれのパフォーマンスを磨き続けるキラフェス成熟期

4名から始まり、2014年までの5年間でメンバーや規模を大きく発展させていったキラフェス。年に一度メンバーが一堂に会する祭典という形が整い、6年目からはメンバーそれぞれがさらに研鑽を重ね、パフォーマンスに磨きをかけていく成熟期へと移行していきます。

それぞれの個性がさらに輝きを増した2015年

開催概要

会場:横浜アリーナ

参加メンバー:入野自由さん、神谷浩史さん、浪川大輔さん、柿原徹也さん、岡本信彦さん、Trignal(江口拓也さん、木村良平さん、代永 翼さん)、吉野裕行さん

総楽曲数:52曲

見どころ

6年めに突入したキラフェスは新たな演出として、観客がぐるりと360度囲む鮮烈なステージが登場。さらにセンターステージがせり上がると、アーティストの足元四方に新たな巨大モニターが立ち上がり、これまで以上に楽曲と映像とのコラボレーションが楽しめる仕掛けとなっていました。

「愛しさのコントラスト」でマイクスタンドを使い大人の色気を醸し出すTrignalや、リリースした「厨二系」楽曲を披露する岡本さん。さらに、渾身のバラードで観客を酔いしれさせる入野さん、女性目線の歌詞と色気たっぷりな振り付けの「CATWALK」で妖しく観客を魅了する吉野さんなど、各メンバーがこれまでのイメージをさらに刷新し続けている様子が窺えたのもこの年の特色です。

「キラフェス2015」5月10日公演レポ

そんな中、衣装やヘアメイク(?)、パフォーマンスに至るまで、徹底的にお笑い路線をひた走る浪川さん……もとい浪川大二郎さんが爆誕したことで、キラフェスに非常に刺激的なスパイスをもたらしたシーンは必見! 観客を大いに沸かせる点において浪川さんの存在は欠かせない、ということを強烈に印象づけられる1シーンとなっています。  

また、この年のキラフェス会場のみで先行販売されたシングル『Yeah Oh!!』をひっさげて、浪川さん、吉野さんのユニット「Uncle Bomb」がアンコールで初登場! 親しみやすく覚えやすい楽曲で大いに観客を盛り上げました。そんなアンコールではメンバー同士のコラボも健在! ファンによっては「推し」と「推し」の共演が叶うなど、大きな歓声が上がっていました。

前回からTrignal3人のそれぞれの衣装にユニット内カラーが盛り込まれている影響もあってか、それまで水色一色だったTrignal登場時は、観客のサイリウムも3人の担当カラーが混じるようになっていて、興味深いポイントとなっています。

今回のBlu-ray特典の「メイキング」は、リハーサルから当日の舞台裏の様子などの映像をおよそ50分強にわたって収録するという大ボリューム! あたかも「メンバーに密着」しているかのような映像はぜひチェックして欲しい。
 

関連記事
キラミューンメンバーが横アリに集結! 全52曲に踊り沸いた「キラフェス2015」【5月10日公演】レポート
 エンタテインメントレーベル「Kiramune」に所属するの面々が一堂に会する「KiramuneMusicFestival」。6回目となった今年も、横浜アリーナで2Daysという大きな規模で開催された。本稿では、2日目(5月10日)の様子をレポートする。【出演者】入野自由さん神谷浩史さん浪川大輔さん柿原徹也さん岡本信彦さんTrignal(江口拓也さん、木村良平さん、代永翼さん)吉野裕行さん●キラキラした時間を会場のみんなで共有☆ 7組によるフェスティバル! 公演時間約5時間・総楽曲数52曲と、今年も内容ぎっしりだったキラフェス。メンバーは本編中にそれぞれ3度登場し、入れ替わりながら次々と楽曲を披露した。 トップバッターを飾ったのは浪川さん。ステージの前方中央に姿を見せると、当日の陽気(5月晴れ)にぴったりなポップチューン『Recollection』を歌いあげ、キラフェス開幕を告げた。また『ドレスコード』ではダンスを見せる場面もあり、ステージはアグレッシブなものに。これに「キラフェス2015、行くぞー!!」というコールが加わり、場内の勢いをより一層加速させる! 次に登場した柿原さんは、後方ステージのポップアップで登場! 軽快なナンバー『ダンディギ』で観客を踊らせた。さらに『worldinbl...

 

よりエンタメ性の高いライブイベントへ進化する2016年

開催概要

会場:さいたまスーパーアリーナ

参加メンバー:入野自由さん、神谷浩史さん、浪川大輔さん、柿原徹也さん、岡本信彦さん、Trignal(江口拓也さん、木村良平さん、代永 翼さん)、吉野裕行さん

総楽曲数:55曲

見どころ

この年はキラフェス初の「さいたまスーパーアリーナ」を舞台に、メンバーが華麗なステージを繰り広げます。新たな会場だからこその演出として出現したのはメイン、センター、サイドに設けられたそれぞれのステージをつなぐ花道。メンバーが縦横無尽に駆け巡ることの出来るステージは鮮烈! バックステージも含め、全方位の客席に近くなるステージ作りとなっています。

前回と同じ出演メンバーということもあって、これまで以上にエンタメ性の高いパフォーマンスをするメンバーが多数であったこの年。柿原さんはサッカー選手などさまざまな人物に扮したり、キュートな女装姿を見せる映像をバックに、ユーモラスな「レッスンAtoB」を披露し大きな歓声が上がっていました。神谷さんもキラフェス初披露の「Danger Heaven?」の世界観に合わせ、早着替えで勇者に変身し剣で敵と闘うかっこいいパフォーマンス! 観客を大いに沸かせます。

さらに今回はキラフェス初の「フライング」に岡本さん、入野さん、浪川さんが挑戦という驚きの演出も! 腕のタトゥーで「厨二」感を演出する岡本さんは「Holy Holy」からの「Lost universe」で自身の望む世界観を存分に見せつけます。フライングをしながら自らの光る剣で映像演出のドラゴンや敵に扮したダンサーたちと立ち回るというサプライズで観客を驚かせました。

また、入野さんも鍛えられた体幹だからこそ叶う美しいフライング姿で「流星の君へ」を歌唱。星が流れる空を華麗に舞う演出に痺れさせられます。フライングのために衣装の下に装着している「ハーネス」をものともせず、むしろ年々キレを増しているダンスも見逃せません。

キラキラなショータイム!『キラフェス2016』レポート

そんな2人とはまた別次元のフライング演出を魅せたのはアンコールの浪川さん。なんと「逆バンジー」をしながら歌唱し、目にした者すべてに衝撃を与えました。広い会場が大歓声で埋め尽くされたそのパフォーマンスは非常に印象深いシーンとなっています。

Trignalは「Kiss Plus」楽曲披露で、江口さんの圧巻のラップ・通称「えぐラップ」を聴かせるなど、また新たな境地も展開。鍛え上げた腹筋をチラ見せする柿原さんや、初のトリを務めた吉野さんの熱い語り、さらにメンバー全員で紡ぐ「僕らの描く未来」が初披露されるなど、トピックス満載なキラフェスとなっています。

今回も1時間弱に及ぶメイキング映像はBlu-rayのみの特典となっています。舞台裏ですれ違うたびに交わされるメンバー同士のやりとりや、カメラの向こうのファンに向けて送られるメッセージ、彼らの素顔を映し出す映像はお見逃しなく!! 
 

関連記事
9人のスターが奏でるキラキラなショータイム!『Kiramune Music Festival 2016』レポート
 エンタテインメントレーベル「Kiramune」に所属するメンバーが一堂に会する「KiramuneMusicFestival」(通称:キラフェス)。今年も6月4日(土)、6月5日(日)に、「KiramuneMusicFestival2016」がさいたまスーパーアリーナにて開催。7周年目を迎える今回のイベントでは、全7組、9人のメンバーが顔をそろえ、約5時間半に及ぶロングステージとなりました。今回は楽日となる6月5日(日)の公演をレポートします。<出演者>入野自由さん神谷浩史さん浪川大輔さん柿原徹也さん岡本信彦さんTrignal(江口拓也さん・木村良平さん・代永翼さん)吉野裕行さん■年に一度のお祭りで、キラミューンメンバーが集結! 今年のキラフェスも総楽曲数55曲、5時間越えの白熱したステージに! 今回はフロント、センター、バックと3つの大きなステージが組まれ、9名のメンバーたちは入れ替わりながら楽曲を披露しました。 トップバッターを飾ったのは、神谷浩史さん。フロントステージから姿を見せた神谷さんが『贅沢な時間』を歌いあげ、キラフェスの開幕を告げました。続いて、晴れやかな笑顔で『HA-RE?GO!』、『VIVALAFESTA!!』を披露。トロッコに乗り、ハイテンションなパフォーマンスでライブをリードしてい...

 

バージョンアップを重ねる2017年は時にエモーショナルに

開催概要

会場:横浜アリーナ

参加メンバー:神谷浩史さん、浪川大輔さん、柿原徹也さん、岡本信彦さん、Trignal(江口拓也さん、木村良平さん、代永 翼さん)、吉野裕行さん

総楽曲数:51曲

見どころ

海外留学中の入野さん以外のメンバーが集結したこの年のキラフェスはステージ構成が斬新。すべてのステージが客席の中に設けられ、再び360度観客が囲みます。さらにセンターステージから四方へ花道が伸びる仕様も目新しく、階段状になった花道でもメンバーがパフォーマンスを見せるなど、新しい演出に観客のボルテージも上がります。

バージョンアップしたのはメンバーも。浪川さんはキラフェスでは久々のスタンドマイクパフォーマンスを見せたほか、2015年での披露時からすべてのダンスをリニューアルした「Colorrless sky」で観客を魅了。吉野さんはメガホン(トラメガ)を片手に衝撃的な歌詞を叫ぶように歌う「シャララ」や、キラフェス初披露となるアコースティックギター演奏など驚きのパフォーマンスを展開。2人のユニット「Uncle Bomb」ではマタドールに扮し華麗なダンスを魅せるなど、魅力的な演出が多彩です!

人気男性声優陣が横浜アリーナに集結!「キラフェス2017」レポ

他にも、色気満載の振り付けで妖艶さあふれる神谷さんの「イズムリズム」や、和装で「朧月」を披露した岡本さんには大きな歓声も。岡本さんは初めて務めたトリで「8peace」制作秘話を明かし、歌唱中には思わず声を詰まらせる場面も。舞い降りるたくさんの白い鳥の演出なども相まって感動的なシーンとなっています。

感動的なシーンはメンバー全員でのトーク中にも。「やりたいこと」を尋ねられた吉野さんが観客のサイリウムを全員赤にして欲しいと発言。この年不在の入野さんの担当カラーである赤一色に染まった広い会場に「今年は見られない景色だから」という言葉とともに感謝を伝える吉野さんには多くのファンが感動を覚える場面でした。

すっかりキラフェス恒例となったアンコールでのメンバー同士のコラボで目を惹いたのは柿原さんの「レッスンAtoB」。歌唱中になんと、柿原さんと同じAB型の木村さんやスタッフが大集結するというサプライズが! このユニークな演出は見逃せません。

Blu-rayのみの映像特典は、こちらも恒例となったメイキング映像! 出番を待つメンバー同士の交流はもちろん、コラボするメンバーの曲の振りを復習する姿が見られるのはここだけ! 
 

関連記事
人気男性声優陣が横浜アリーナに集結!「Kiramune Music Festival 2017」3月5日公演の模様をレポート
 人気男性声優陣が所属するエンタテインメントレーベル「Kiramune」のメンバーが一堂に会するライブイベント「KiramuneMusicFestival2017」(通称:キラフェス2017)。今回も、神谷浩史さん、浪川大輔さん、柿原徹也さん、岡本信彦さん、Trignal(江口拓也さん・木村良平さん・代永翼さん)、吉野裕行さんという超豪華メンバーがステージに登場しました。 ここでは、3月4~5日の二日間にかけて横浜アリーナにて開催されたイベントの内、3月5日公演の模様をレポートしていきます。キラキラの衣装に身を包んだアーティスト陣が、個性的なパフォーマンスで客席を魅了 まず「キラフェスいくぞ!」という力強い掛け声と共に、ライブの先陣を切る形で登場したのは、Trignal(江口拓也さん、木村良平さん、代永翼さんによるユニット)。江口さんの黄、木村さんの赤、代永さんの青と、それぞれのメンバーをイメージしたサイリウムが振られる中、「UpdateADay」、「KissPlus」、「Win-possible!」の3曲で息のあったコンビネーションを見せ、開幕から会場を盛り上げていきます。 続いて登場したのは、白一色の衣装に身を包んだ神谷浩史さん。紫一色に染まった観客席のサイリウムの光と合わせ、「影もまた真...

 

2018年は4年ぶりの新メンバー加入とユニット祭り! 

開催概要

会場:横浜アリーナ

参加メンバー:入野自由さん、神谷浩史さん、浪川大輔さん、柿原徹也さん、岡本信彦さん、Trignal(江口拓也さん、木村良平さん、代永 翼さん)、吉野裕行さん、SparQlew(上村祐翔さん、千葉翔也さん、保住有哉さん、堀江 瞬さん、吉永拓斗さん)

総楽曲数:55曲

見どころ

前年のファンミーティングで加入が発表され、キラフェス会場限定で発売したCD『ハジマリノソラ』を引っさげたSparQlewが登場した2018年はステージ構成がシンプルに。クレーンやタケノコといった大がかりな機構はなく、メイン、センター、バックステージという構成。しかしながら、これまで以上にスペースを大きくしたメインステージには最大3つのBOX型ステージがお目見え。ここからせり上がりで登場するなど新しい演出も。

この回で目を惹いたのはやはり初登場のSparQlew。元気いっぱいに5人でのフォーメーションダンスで「ハジマリノソラ」を披露! 無事にやり遂げると思わず涙ぐむ姿を見せる保住さんなど、どこまでもフレッシュな彼らのこれからの活動には大注目ですね。

「キラフェス2018」レポート

またこの年で一番注目したいのは「ユニット」活動! これまでのレギュラーユニット以外が花盛り。岡本さんとTrignalから構成される「ノブグナル」は、前年の2017年に行ったイベントでも披露した歌劇風の楽曲で観客を魅了。またアンコールでは、同じく前年台湾でジョイントライブ「VERSUS」を成功させた浪川さん、柿原さん、吉野さんが、近しい関係性が透けるような仲良しさを見せつつ楽曲を披露。新規加入のSparQlewも合わせてメンバー同士の絆が窺える内容は必見です。

「キラフェス2018」レポート

2年ぶりに登場したKAmiYUも元気いっぱいのパフォーマンス後、ふくらんだ大きな風船を割ってポーズを決めるラストに多くの歓声が! トークコーナーではこれまで主に神谷さんや浪川さんなどの初期メンバーが主導でトークふくらませて来ましたが、この年は初めてUncle Bomb2人での司会となったことも特筆したいポイントです。

ソロでは、おばけのかぶりものでのキュートな振り付けから、キレキレのダンスを見せた岡本さんや、トリを務めた浪川さんには注目が集中。浪川さんは最後の曲「暁」で精魂尽き果てるほどの渾身の歌唱をし、思わず膝をついてしまう場面も。それでも最後まで絞りきるように歌い続ける姿は感動的でした! 

アンコールにはノブグナルやゲストのSparQlewも再登場し、賑やかな宴に。また、Trignalとコラボした女装・浪川さんの「アリナちゃん」には、会場から多くの悲鳴が上がるほど大盛り上がり。最後の全体曲では、メンバー全員が二手に分かれてスタンド席通路を練り歩くサプライズも! メンバーと仲良く絡みながら客席に手を振る様子はぜひお見逃しなく。

なお、この年の一風変わった不思議なイベントロゴについて、アンコール時のトーク中にその秘密が明らかに! ぜひチェックしてみてください。そして翌年はKiramune10周年ということで、神谷さんから「何が起こるか期待していてください!」との発言もあり、ますます盛り上がる予感を感じさせてくれました。Blu-rayのみの特典映像は定番となったメイキングやメンバーからのコメントです。
 

関連記事
「Kiramune Musuc Festival2018(キラフェス)」をレポート! 入野自由さんが2年ぶりに参加! 上村祐翔さん、千葉翔也さんら新ユニットも初パフォーマンスを披露!
2018年3月10日(土)・11日(日)に、人気男性声優陣が所属するエンタテインメントレーベル「Kiramune」のメンバーが一堂に会するライブイベント「KiramuneMusicFestival2018(通称:キラフェス2018)」が、横浜アリーナで開催されました。今年で9年目となったキラフェスのステージには、2年ぶりの参加となる入野自由さんをはじめ、神谷浩史さん、浪川大輔さん、柿原徹也さん、岡本信彦さん、Trignal(江口拓也さん・木村良平さん・代永翼さん)、吉野裕行さんという超豪華メンバーが登場。さらに昨年11月のファンミーティングで新加入が発表されたSparQlew(上村祐翔さん、千葉翔也さん、保住有哉さん、堀江瞬さん、吉永拓斗さん)をゲストに迎え、集まったファンへ向けて“キラキラ”なひと時を届けました。本稿では3月10~11日に行なわれたイベントのうち、2日目・11日の公演の模様をレポートします!スタートからトップギア!2年ぶりに登場した入野さんがトップバッターを飾るいよいよ開幕したキラフェス2018。トップバッターとして登場したのは2年ぶりにキラフェスのステージに帰ってきた入野さん。真っ赤なサイリウムに染められた会場の中、『ENTERTHENEWWORLD!』で一気にボルテージを高めてい...

 
 

帰って来たCONNECT──2019年の10周年記念公演は初のドームで 

開催概要

会場:メットライフドーム(現・ベルーナドーム※2023年現在)

参加メンバー:CONNECT(岩田光央さん、鈴村健一さん)、入野自由さん、神谷浩史さん、浪川大輔さん、柿原徹也さん、岡本信彦さん、Trignal(江口拓也さん、木村良平さん、代永 翼さん)、吉野裕行さん、SparQlew(上村祐翔さん、千葉翔也さん、保住有哉さん、堀江 瞬さん、吉永拓斗さん)

総楽曲数:各日53曲(メドレーは1曲換算)

2日間共通の見どころ

CONNECTが帰って来た!──「いつかドームで」という岩田さんの言葉が現実のものとなったメットライフドームでの記念すべき10周年記念公演。活動休止中のCONNECTを特別ゲストに迎え、Kiramuneレーベルに所属するすべてのメンバー9組16名が勢揃いした祭典となりました。

「キラフェス10周年」2日目のレポートをお届け

センターステージを軸に十文字型の花道でメインとバックステージをつなぐほか、スタンド席付近にもステージが設けられるなど、広い会場ならではの構成。従来のトロッコはもちろんのこと、メインステージからバックステージまで移動する大型のムービングステージや、大勢を乗せてアリーナ外周を巡るゴンドラも稼働。それ以外にもアリーナ席とスタンド席の隙間スペースをメンバーが練り歩くなどのファンサービスもあり、どの席にいても「メンバーが視野の範囲内に来てくれる」を叶えてくれるフェスとなりました。

これまでのキラフェスは2012年から1日1公演・2日間の開催、両日同じセットリストで行われていましたが、10周年公演では両日違うセットリストが組まれるという豪華仕様。「DAY.1」「DAY.2」それぞれを映像化した初のキラフェスでもあります。そのため10周年のキラフェス映像化はBlu-rayのみ。また、メイキングやメンバーコメントが収録された映像特典も「Blu-ray Disc Box」(5枚組)のみとなっていますのでご注意あれ。

DAY.1見どころ

キラフェス10周年公演初日は、現在活動中のメンバーが揃ってムービングステージで登場するという華々しいスタート。全体曲を経て全メンバーの楽曲をメドレーで披露するという豪華な幕開けとなっています。そしてメドレーのトリは、今回特別ゲストとして5年ぶりにキラフェスに帰って来たCONNECT! より一層大きな歓声に迎えられていたのは胸熱なシーンになっています。

DAY.1ではまずレーベル参加順に登場し、メンバーが次々に楽曲を披露。CONNECTに続いて登場した入野さんは、2012年のキラフェスで見せた翼が広がる映像演出があり、再び大きな歓声を浴びていたのが印象的でした。ほかにも「誰からも愛されるあなたのように」では冒頭をアカペラで披露し聴衆を魅了するなど、絶えず進化し続ける入野さんの姿を強烈に印象づけました。

驚きのパフォーマンスは吉野さんも。2017年に初披露したアコースティックギターを手に再びドームに降臨。両日ともに新曲での弾き語りを見せています。そんな吉野さん、このDAY.1では「ひげあり」姿でのお目見えとなっています。数年来、キラフェス初日は「ひげあり」、2日めは「ひげなし」で登場していた吉野さん。キラフェスでは基本的に2日めの公演が映像化されて来たため、「ひげあり」での映像化は今回が初となり、特筆すべきトピックスとなっています!

「キラフェス10周年」1日目のレポートをお届け

また、浪川さんの「イエローマン」ではメインステージにリアル「イエローマン」が出現! どこから見ても江口さんのようなフォルムを持つイエローマンに笑顔と歓声があふれたシーンは必見。KAmiYUの2人は球場である会場にちなみ、DAY.1では神谷さんが、DAY.2では入野さんがバットを振ってみせるなど、今回もエンタメ志向の高いステージで楽しませてくれています。

「キラフェス10周年」1日目のレポートをお届け

アンコールでは2台のゴンドラに乗ってメンバー全員が再び登場。メドレー形式でそれぞれのメンバーの曲を他のメンバーが歌う、”メンバーコラボ”という新しい試みがされていたのは10周年ならではのシーンです。どのメンバーも、この10年間のキラフェスの中でそれぞれが紡いで築き上げて来た集大成を見せているかのような祭典となっています。
 

関連記事
祝10周年!「Kiramune Music Festival 〜10th Anniversary〜(キラフェス)」1日目をレポート! CONNECTの2人が帰ってきた!
4月27日(土)と28日(日)の2日間、人気男性声優が所属するレーベル「Kiramune(キラミューン)」の10周年記念として「KiramuneMusicFestival〜10thAnniversary〜」が埼玉・メットライフドームにて開催されました。毎年開催されてきた「KiramuneMusicFestival(通称:キラフェス)」ですが、記念すべき10周年を迎える今回は最大規模!入野自由さん、神谷浩史さん、浪川大輔さん、柿原徹也さん、岡本信彦さん、Trignal(江口拓也さん、木村良平さん、代永翼さん)、吉野裕行さん、SparQlew(上村祐翔さん、千葉翔也さん、保住有哉さん、堀江瞬さん、吉永拓斗さん)が出演。そしてさらに、スペシャルゲストとして、岩田光央さんと鈴村健一さんによる「CONNECT」もパフォーマンスを披露し、アニバーサリーイヤーならではの雰囲気の中、大いに盛り上がりました。本稿では、1日目の27日(土)の模様をお届けします♩感極まるCONNECTの登場、10周年のキラフェスがスタート!Kiramuneメンバーの紹介映像が流れるたびに歓声が気持ち良いほどに響き渡るドーム内。すると、「僕らの描く未来」が流れ始め、おそろいのカラフルなジャケットに身を包んだreKiramune☆AllStarsがステージに登場!楽しそうに歌いなが...

 
DAY.2見どころ

DAY.2はCONNECTを含めた全メンバーが2台のゴンドラに分乗し颯爽と登場するシーンで開幕! 全体曲後はSparQlewから元気いっぱいにスタートするなど、DAY.1とはまた違った趣向です。前回はゲスト出演だったSparQlewも、この年はさらに強まった結束力で、5人でしか描けない見事なダンスやパフォーマンスを見せていて、彼らの成長速度に目を瞠るシーンに! 

そんなSparQlewがコラボした岡本さんの「Want you」では、岡本さんに倣って5人も「I want you」という決めセリフ・ポーズを見せ、大いに観客を沸かせていたのも見逃せません。エンタメに特化した曲を披露したのは入野さんも。なんと歌いながらセグウェイに乗って広い会場を巡るというサプライズ! まるで2014年にママチャリで会場内を駆け巡った演出の進化版のようなその様子に大歓声が上がります。

同じく大歓声を受けて登場したのは吉野さん。なんとスタンド席から姿を現し楽曲を披露! 遠くから応援していたスタンド席の観客たちの度肝を抜かすこのサプライズに、思わず大興奮する人が続出していたのも印象的です。

これまでのキラフェスではレーザーを多用した演出が目を惹いていた柿原さんは、今回「前進アッペンダン↑^_^↓」で照明が上下する演出でも魅了。時にはユーモラスな楽曲で楽しませつつも、年々磨きあげ続けた魅力的な美しい歌声で存分に観客を酔わせていました。

観客を酔いしれさせたのはTrignalも──初登場から時を重ねて纏った大人の雰囲気でファンを魅了してやみません。特に2015年にも披露した「愛しさのコントラスト」では、その一挙手一投足に悲鳴にも近い歓声をさらっていたのが鮮烈なシーンに! 

Trignalと同様、2016年で剣を使ったパフォーマンスで大きな歓声を浴びていた岡本さんは、今回も見事な剣使いで圧倒的な世界観を演出。敵に扮したダンサーや映像の魔王との闘いの中で思わず倒れ込む岡本さんの元に、救世主のように姿を現したのはなんと神谷さん! 2人が力を合わせ共闘するパフォーマンスは必見です。2016年当時からずっと「いつか神谷さんと闘いたい」と言い続けてきた岡本さんの願望が叶った瞬間でもありました。

「キラフェス10周年」2日目のレポートをお届け

今回ゲストとして10年めのキラフェスに参加し、客席が青一色に染まったドームのステージに立つCONNECTからは、「夢が叶った」「ありがとう」という感謝の言葉が飛び出すシーンも──そんな2人の姿に、初期から応援していたファンは万感の思いだったことでしょう。改めて10年の月日を感じさせてくれる場面でした。

そんなきらびやかな10周年記念公演を締めくくったのはやはりこの人、神谷さん! 初年度からすべてのキラフェスに参加し、メンバーの中で唯一無二のリーダーとして常に先頭をひた走って来た神谷さんの、爽やかな歌声が響き渡った会場はまさに「贅沢な時間」が流れる幸せな空間でした! 

「キラフェス10周年」2日目のレポートをお届け

そして参加順が新しいメンバーから、メドレーで楽曲をつないでいくアンコール。全体曲「僕らの描く未来」でメンバー全員が円になり、互いの表情を見渡す場面では感無量の表情を浮かべるメンバーの姿も。紡がれてきた彼らの絆が感じられる感動的な瞬間となっています。このキラフェス10年の集大成ともいえるシーンをどうぞお見逃しなく! 

Blu-ray Disc Boxにのみ収録されている特典映像には、大ボリュームのメイキングはもちろんのこと、スペシャルムービーとしてキラフェス10年間のダイジェスト映像も。メイキングでは、舞台裏で思わず涙ぐむCONNECTの貴重な姿を見届けて欲しいです。
 

関連記事
これからもKiramuneの“繋がり”が続いていくーー「Kiramune Music Festival 〜10th Anniversary〜(キラフェス)」2日目をレポート!
4月27日(土)と28日(日)の2日間、人気男性声優が所属するレーベル「Kiramune(キラミューン)」の10周年記念として「KiramuneMusicFestival〜10thAnniversary〜」が埼玉・メットライフドームにて開催されました。毎年開催されてきた「KiramuneMusicFestival(通称:キラフェス)」ですが、記念すべき10周年を迎える今回は最大規模!入野自由さん、神谷浩史さん、浪川大輔さん、柿原徹也さん、岡本信彦さん、Trignal(江口拓也さん、木村良平さん、代永翼さん)、吉野裕行さん、SparQlew(上村祐翔さん、千葉翔也さん、保住有哉さん、堀江瞬さん、吉永拓斗さん)が出演。そしてさらに、スペシャルゲストとして、岩田光央さんと鈴村健一さんによる「CONNECT」も登場!本稿では、2日目となる28日(日)の模様をお届けします♩1日目とはまったく違う構成となっておりますので、ぜひそちらのレポートと共にお楽しみください。「キラフェス最高〜!」フロートに乗ったメンバーたちが登場し、Kiramune☆AllStarsによる「GetTogether!(EXTRATWINKLEVER.)」で2日目が開幕!「みんなキラフェスへようこそー!」(岩田さん)、「お前ら最高だぜー!」(入野さん)と呼びかけ、1曲目とは思えない一体感に包ま...

 

 

最後に

キラフェスが10年という長い時間をかけて変革を遂げていった様子はいかがでしたでしょうか。初年度から応援して来たファンたちも、途中から彼らの魅力に惹かれキラフェスを体験した方も、今回初めてキラフェスに参戦する方も、誰にとっても久しぶり(初めて)となるキラフェスとの邂逅。

今回はどんな感動的なトピックスが生まれるのか、どのメンバーがどんな演出で魅了してくれるのか。いつも観客の想像を超える構成や演出、パフォーマンスで楽しませてくれるキラフェスに期待しつつ。コロナ禍を越えて声出しOKとなった現場で、メンバーにありったけの声援を送りたいですね! 
 
 
Kiramune Official Site
 
Kiramune Music Festival 2023

Kiramuneレーベル参加メンバーもご紹介している【前編】はこちら

関連記事
それは4名から始まった──神谷浩史さん、江口拓也さんら総勢13名が出演する「キラフェス2023」が4年ぶりに開催! 紡がれてきたキラフェスの軌跡を辿る【前編】
2023年5月13日、14日に横浜アリーナにて「KiramuneMusicFestival2023」(以下「キラフェス」)が4年ぶりに開催されます。今回のキラフェスは入野自由さん、Trignalの2組がゲストという形での出演ではありながら、9組総勢13名のメンバーが集結し、観客を魅了します。2009年に4名のメンバーで開催されたキラフェスは、年々参加人数を増やし、2019年の10周年記念公演では最多となる総勢16名が出演する大規模なライブイベントへと成長しました。本稿では、そんなキラフェスが10年の時を重ねながら進化してきた変遷を辿りつつ、その年の注目ポイントなどをご紹介。まずは【前編】として、2009年から2014年の5周年記念公演までをまとめました。なおKiramuneでは、イベントの模様を収録したDVDやBlu-rayが発売中です。本稿ではファン必見のDVD映像特典についてもご紹介していますので、まだ持っていない方はぜひチェックしてみてください。またU-NEXTでは、キラフェスはもちろんのことリーディングライブや、各メンバーのソロライブ映像などKiramune関連作品が配信されています。気になった方はぜひ映像でご確認を!  Kiramuneレーベル参加メンバー「Kiramune(キラミューン)」とは、表現の可能性にチャ...
関連記事
4年ぶりに開催! 神谷浩史さん、江口拓也さんら出演「キラフェス2023」に行こう! 知っておけば初心者も安心!? 当日の流れや聞いておきたい楽曲を予習しよう
来たる2023年5月13、14日に、「KiramuneMusicFestival2023」(以下、キラフェス)が横浜アリーナで開催されます。キラフェスの開催は、2019年に10周年記念公演としてメットライフドーム(現・ベルーナドーム)で行われた「KiramuneMusicFestival~10thAnniversary~」以来、実に4年ぶりとなります。そのため、今回キラフェスに初めて参加する、という方も多いのではないでしょうか。本稿では、そんなキラフェス初心者のみなさんに向けて、キラフェスの大まかな流れや「事前に知っていれば安心」なポイント、予習しておくとより一層楽しめる曲などについてお伝えして行きます。このたびKiramuneが主催するイベントのガイドラインが改定され、「キラフェス2023」から「声出し」が解禁されることがすでに発表されています。4年の空白を越えて、今年新たに動き出すキラフェスに声援を送ってみませんか。そもそもキラフェスとは? イベントの大まかな流れをつかもう「KiramuneMusicFestival」通称:キラフェスとは、表現の可能性にチャレンジする男性声優が参加するレーベル「Kiramune(キラミューン)」が年に一度開催する音楽の祭典で、レーベルに参加するメンバーが一堂に会する大型ライブイベントで...

 

2021夏から駆け出した新人ライター。大人になってから乙女ゲームに触れたことがきっかけで、男性声優さんに興味を持ち、本格的にアニメを見始めた文学部出身のオトナ女子。初めての乙女ゲームは『ときめきメモリアルGirl's Side(1st)』。作品などの聖地巡礼やコラボカフェも好き。ミドル層の男性声優さんやKiramuneレーベルについての記事を書くことが多いです。

この記事をかいた人

おかもとみか
2021夏デビューのオトナ女子新人ライター。ミドル層の男性声優さん関連記事を書くことが多いです。

担当記事

関連記事
FFT2022も開催決定! 朗読・音楽・映像を自分”色”で魅せる。神谷浩史さん・浪川大輔さんなど実力派男性声優が所属する「Kiramune」レーベルの魅力を解剖!あなたの推しは何色!?
昨今、小中学生がなりたい職業ランキングで上位を誇る「声優」。そんな圧倒的注目を集める実力必須の世界で生き抜いて来た男性声優が多数所属する「Kiramune(キラミューン)」レーベル。「朗読」「音楽」「映像」の3本の柱を軸に活躍する「Kiramune」のメンバー達は、名実ともにそれぞれ独自のカラーを持ち、その魅力と輝きを放っています。2022年5月には東京・愛知で「KiramunePresentsFan×FunTime2022」の開催も発表されています。気になる声優さんが所属しているけど、どんな活動をしているんだろう……?アニメやゲームがきっかけで最近「推し」声優になったけど、歌っている曲を聴いたことがない、ライブをやっているみたいだけど一歩を踏み出せない……そんな方達に「Kiramune」メンバーそれぞれの魅力をお伝えするとともに、すでに各メンバーのファンであるみなさんも、他のメンバーについて触れてみてはいかがでしょうか。本稿では彼らの表現の場となっているレーベルのイベント、「KiramuneMusicFestival」(通称・キラフェス)や「KiramuneREADINGLIVE」の見どころなどもご紹介。あなたも”推し”が魅せる活動を、そのカラーで応援してみませんか。アニメイト通販での購入はこちらKiramuneメン...
関連記事
任務・オペレーション<声(ボイス)>”このキャラクターの声も同じ人!?” 動画で聞き比べ! アニメ『SPY×FAMILY』江口拓也さんら主要声優のお芝居の振り幅がすごいのを知っていましたか?
「あれ、この声どこかで聞いたことがある」アニメなどを観ていて、ふとそのように思う瞬間はありませんか。そう思う時、人は自分の記憶の引き出しをひっくり返してみたり、アニメであればエンドロールでそのキャラクターを演じている声優さんの名前を確認したりするかもしれません。その結果、「あの作品のキャラクターと同じ声優さんだ!」そう思い当たったことのある人も多いかと思います。人気声優さんともなれば、いくつもの作品でさまざまな特徴・印象をもつキャラクターを演じています。元気いっぱいなキャラクターもいれば、クールなふるまいをしたり、狂気に満ちた性格だったり。実に多彩なキャラクターたちに、声優さんは自身の声のみを使ってその魅力や人となりを表現しています。また、女性声優さんであれば自分とは異なる性別である少年キャラクターを演じたり、自分よりも年齢の低い小学生役を手がけることも。それと同じように、中堅・ベテラン声優さんが高校生役を担当することも珍しくありません。声の使い分けはもちろん、しゃべり方や年齢・性別までも飛び越えて、七変化で魅了する声優さんの技は、まさに「圧巻」!あるキャラクターを好きになり、その声を担当する声優さんの名...
関連記事
声優・梶裕貴さんや人気YouTuberも!? 「男子」が実況するからこそ面白い!『ときめきメモリアル Girl's Side 4th Heart』配信から得られる新たな気づきとは……!?
2021年10月28日に発売されたNintendoSwitch『ときめきメモリアルGirl'sSide4thHeart』(以降、『ときメモGS4』)。本作は、『ときめきメモリアルGirl'sSide』(以降、『ときメモGS』)シリーズの最新作として、前回作品から実に11年の時を経ての発売となりました。10万本ヒットという大人気作となった『ときメモGS4』、実はYouTubeなどの動画サイトで配信されている「実況プレイ動画」も今とても人気となっています!「実況プレイ動画」で特に目を惹くのは、男性が『ときメモGS4』を攻略する動画。『ときメモGS4』といえばその名の通り、メインターゲットは女性……であるにも関わらず、男性が恋愛対象として男性キャラクターを攻略していく様子が「おもしろい!」と話題になっています。本稿では、実況プレイ動画だからこそ体感出来る『ときメモGS4』の新しい楽しみ方をご紹介!『ときメモGS4』を知らなかった人や、気になるけど手を出しかねている未経験者さんはもちろん、お目当てのキャラや全キャラクター攻略もサクサクとこなしてしまうような『ときメモGS』シリーズ経験者さんも、それぞれどのような楽しみ方が出来るのか……!?ゲームをプレイするだけではなく”見る楽しみ”や”新しい視...
もっと見る
関連記事
『四畳半タイムマシンブルース』が2022年にアニメ化決定!本作やその下敷きとなった『四畳半神話大系』などをご紹介!森見登美彦先生が描く、賑やかで個性的な作品やキャラクターの魅力とは
2022年にDisney+(ディズニープラス)での配信と、劇場での公開が決定しているアニメ『四畳半タイムマシンブルース』。本作は、作家・森見登美彦先生の小説を原作とするアニメ化作品です。森見先生といえば『四畳半神話体系』『有頂天家族』なども執筆していて、次々とアニメ化されています。本稿では、『四畳半タイムマシンブルース』配信を前に、本作と関連性がある『四畳半神話大系』はもちろん、そのキャラクターや森見先生作品の見どころなどをご紹介。知っていると『四畳半タイムマシンブルース』がより一層楽しくなる!そんな魅力をお伝えします。たっぷりと魅力を伝えていますので、お時間があるときにゆっくり御覧ください。『四畳半タイムマシンブルース』とはアニメイト通販での購入はこちら まずは、今年アニメ化される『四畳半タイムマシンブルース』について簡単にご紹介します。『四畳半タイムマシンブルース』は、『四畳半神話大系』の登場人物や世界観などをベースとして、彼らの”とある夏のドタバタな1日”が描かれた作品です。本作は森見先生の小説ではありますが、その原案となるのは、上田誠さんの戯曲『サマータイムマシン・ブルース』という作品です。上田さんはアニメ『四...
関連記事
PS2用ゲーム『薄桜鬼』発売から14年、 蒼井翔太さんが担当する新キャラを迎えたOVAが発売!長きに渡り愛される『薄桜鬼』の魅力を考察
2008年にPlayStation®2用ゲームとして発売された『薄桜鬼』。いわゆる「乙女ゲーム」の先駆けとなった主要作品の1つとして、発売当初から絶大な人気を誇っています。ゲームはもちろん、アニメ、ラジオ、舞台、実写版ドラマと幅広い展開が繰り広げられて来ましたが、令和となった2021年にも、新作OVA発売という新たな展開が生まれました。本稿では、10年以上の時を経ても、ファンを魅了してやまない『薄桜鬼』の魅力を紐解きます。『薄桜鬼』とは『薄桜鬼』シリーズは、2008年9月18日にPlayStation®2をプラットフォームに発売された女性向け恋愛シミュレーションゲーム『薄桜鬼〜新選組奇譚〜』を始めとして、ゲームのみならずアニメ化や舞台化などを幅広く展開した作品です。『薄桜鬼〜新選組奇譚〜』は江戸時代末期(幕末)を舞台に、女性主人公・雪村千鶴(プレイヤー・名前変更あり)の目線での「新選組」の姿が描かれています。『薄桜鬼』では、新選組の史実をトレースしつつも、「鬼」「吸血」「変若水(おちみず)」「羅刹(らせつ)」という斬新な要素を盛り込んだストーリーとなっています。攻略対象は、「新選組」の幹部隊士5名です。▼現在はいくつかの過去作がNintendoSwitch版として移植...
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2023年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2023年春アニメ一覧 4月放送開始
2023年夏アニメ一覧 7月放送開始
2023秋アニメ何観る
2023年秋アニメ最速放送日
2023秋アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング