アニメ
『薬屋のひとりごと』ステージレポート【AJ2024】

「AnimeJapan2024」『薬屋のひとりごと』スペシャルステージレポート|悠木碧さん・大塚剛央さん・小西克幸さん・種﨑敦美さんがおすすめエピソードを振り返り

2024年3月23日(土)・24日(日)、東京ビッグサイトで世界最大級のアニメイベント「AnimeJapan 2024」が開催されています。

3月23日(土)のREDステージでは、「『薬屋のひとりごと』最終回直前!AnimeJapan スペシャルステージ」が実施され、悠木碧さん・大塚剛央さん・小西克幸さん・種﨑敦美さんが登壇。同日で最終回を迎える本作について、スタッフがピックアップしたエピソードに触れつつ、これまでの物語を振り返りました。

関連記事
薬屋のひとりごと
大陸の中央に位置するとある大国。その国の帝の妃たちが住む後宮に一人の娘がいた。名前は、猫猫(マオマオ)。花街で薬師をやっていたが、現在は後宮で下働き中である。ある日、帝の御子たちが皆短命であることを知る。今現在いる二人の御子もともに病で次第に弱っている話を聞いた猫猫は、興味本位でその原因を調べ始める。呪いなどあるわけないと言わんばかりに。美形の宦官・壬氏(ジンシ)は、猫猫を帝の寵妃の毒見役にする。人間には興味がないが、毒と薬の執着は異常、そんな花街育ちの薬師が巻き込まれる噂や事件。きれいな薔薇にはとげがある、女の園は毒だらけ、噂と陰謀事欠かず。壬氏からどんどん面倒事を押し付けられながらも、仕事をこなしていく猫猫。稀代の毒好き娘が今日も後宮内を駆け回る。作品名薬屋のひとりごと放送形態TVアニメスケジュール2023年10月21日(土)〜2024年3月23日(土)日本テレビ系にて話数全24話キャスト猫猫(マオマオ):悠木碧壬氏:大塚剛央高順:小西克幸玉葉妃:種﨑敦美梨花妃:石川由依里樹妃:木野日菜阿多妃:甲斐田裕子梅梅:潘めぐみ白鈴:小清水亜美女華:七海ひろきやり手婆:斉藤貴美子羅門:家中宏李白:赤羽根健治小蘭:久野美咲やぶ医者:か...

最終回直前におすすめの各話に触れつつ本作を振り返り

拍手の中、悠木碧さん・大塚剛央さん・小西克幸さん・種﨑敦美さんが登壇! 悠木さんから1人ずつ挨拶をされるなかで、高順(ガオシュン)役・小西さんが高順と同じように、イベント中は壬氏様(大塚さん)の横で何も話さないようにする、と発言し会場の笑いを誘いました。

また、TVアニメの放送開始から初のイベントとのこと。当日の3月23日(土)が最終回の放送日のため、悠木さんは作品が終わることに対して寂しい気持ちでいっぱいだと心の内を明かしました。

司会から「作品の反響」を尋ねられると、大塚さん&悠木さんが国内外問わず人気であることに触れる場面も。さらに悠木さんが、猫猫を真似た「毒味」がモチーフの遊びが小学校で流行っていると話すと会場から笑いの声が溢れます。

小西さんと同じく本作のイベントに参加すること自体が初めての種﨑さん。演じる際に心掛けていたことを尋ねられると、「母性」を意識していたとコメント。さらに猫猫と初対面の際の第一声の撮り直しが一番多かったと振り返ります。

また、玉葉妃の娘・鈴麗の声も種﨑さんが担当していることが話題に上がると、幼かった鈴麗の成長に思いを馳せた様子の悠木さんから、よその子の成長は早い、と親戚さながらのコメントが。これには思わずキャスト陣からも笑いがこぼれます。

そしてここで、「最終話がより楽しくなる!TVアニメ「薬屋のひとりごと」ここに注目!」のコーナーに。こちらでは、厳選されたエピソードが紹介されるとともに、アフレコの裏話などが語られました。

まず紹介されたのは、第3話「幽霊騒動」。芙蓉妃が思い人と一緒になり、後宮を去るシーンを猫猫が見ている場面です。悠木さんは、実はこの時から猫猫は「小指」を見つめていると話しました。

第12話「宦官と妓女」の紹介では、大塚さんが壬氏がいつもとはまた違うペースで猫猫に振り回されたと話します。そして小西さんからは、ここから少しずつ猫猫に対する壬氏の気持ちが変化していくのを横目で見ながら心配になっていたとのコメントも。

また、第12話で流れる劇中歌を最終話前にもう一度、聴いてみることを悠木さんがやんわりとおすすめする場面もありました。

そして第15話・第19話・第23話の紹介へ。猫猫の父・羅漢に対して第23話で羅漢の過去を知ると見方が変わると種﨑さん。小西さんは羅漢を見て猫目のキャラは怪しいと一言。

羅漢役の桐本拓哉さんとアフレコを共にした大塚さんは、息遣いやアドリブ、羅漢というキャラクターが持つどこか食えない雰囲気の出し方などが勉強になったと語りました。

第19話「偶然か必然か」での怪我した猫猫が足を縫わないと、と言ったシーンで涙を流したと語る種﨑さん。ですが、自分でもなぜ涙が出たのか分からないと、悠木さんにこの現象の言語化を求める一幕も。

猫猫がボロボロになる姿と犬・猫がボロボロになる姿が重なるからではないか、と悠木さんが言語化に挑戦しますが、種﨑さんの共感は得られず。そんな一連の流れがコントのようでキャスト陣は笑いを隠せない様子でした。

第23話の話題になると、最終話前後に見るのがおすすめと悠木さん。小西さんは、第23話を視聴し、羅漢のことを最初は胡散臭いと思っていたけれど、猫猫に対する愛情が強いと感じたと話しました。

コーナーが終了するとお知らせの時間に。「TOHOアニメーション」ブースでのグッズ販売、アニメイトフェア、Blu-ray&オリジナルサウンドトラック、原作・コミカライズの最新刊の情報が各々のキャストより読み上げられました。

最後は、大塚さん&悠木さんが本日3月23日(土)の最終回ぜひリアルタイムしてほしいと締めの言葉を述べ、本ステージは幕を閉じました。

[文/笹本千尋]

『薬屋のひとりごと』作品情報

薬屋のひとりごと

あらすじ

大陸の中央に位置するとある大国。その国の帝の妃たちが住む後宮に一人の娘がいた。

名前は、猫猫(マオマオ)。

花街で薬師をやっていたが、現在は後宮で下働き中である。

ある日、帝の御子たちが皆短命であることを知る。

今現在いる二人の御子もともに病で次第に弱っている話を聞いた猫猫は、興味本位でその原因を調べ始める。呪いなどあるわけないと言わんばかりに。

美形の宦官・壬氏(ジンシ)は、猫猫を帝の寵妃の毒見役にする。

人間には興味がないが、毒と薬の執着は異常、そんな花街育ちの薬師が巻き込まれる噂や事件。

きれいな薔薇にはとげがある、女の園は毒だらけ、噂と陰謀事欠かず。

壬氏からどんどん面倒事を押し付けられながらも、仕事をこなしていく猫猫。

稀代の毒好き娘が今日も後宮内を駆け回る。

キャスト

猫猫(マオマオ):悠木碧
壬氏:大塚剛央
高順:小西克幸
玉葉妃:種﨑敦美
梨花妃:石川由依
里樹妃:木野日菜
阿多妃:甲斐田裕子
梅梅:潘めぐみ
白鈴:小清水亜美
女華:七海ひろき
やり手婆:斉藤貴美子
羅門:家中宏
李白:赤羽根健治
小蘭:久野美咲
やぶ医者:かぬか光明
馬閃:橘龍丸
風明:日髙のり子
羅漢:桐本拓哉
翠苓:名塚佳織
陸孫:内山昂輝
鳳仙:桑島法子
皇太后:能登麻美子
子昌:チョー
ナレーション:島本須美

(C)日向夏・主婦の友インフォス/「薬屋のひとりごと」製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2024年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024春アニメ何観る
2024年春アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング