menu
アニメ
『ゾンビランドサガ』アニメ最終回目前!フランシュシュ座談会【連載】

【連載】TVアニメ『ゾンビランドサガ』本渡楓×田野アサミ×種田梨沙×河瀬茉希×衣川里佳×田中美海 座談会|最終回を前に声優陣が物語を振り返る【SAGA:11】

様々な時代のゾンビっ娘たちがアイドルを目指しつつ、佐賀を盛り上げてきたTVアニメ『ゾンビランドサガ』も残すところあと1話! ここまでフランシュシュのメンバーを持ち前の明るさと元気さで引っ張ってきたさくらが記憶を取り戻した途端に闇堕ちしてしまうというまさかの急展開!

今回は源 さくら役の本渡 楓さん、二階堂サキ役の田野アサミさん、水野 愛役の種田梨沙さん、紺野純子役の河瀬茉希さん、ゆうぎり役の衣川里佳さん、星川リリィ役の田中美海さんのフランシュシュメンバー6人が大集合! 第11話までを振り返りつつ、好きなエピソードやキャラについて語りまくってもらいました!

※※※第11話のネタバレを含んでいます。本編視聴後にご覧いただくことをお勧めします※※※

<連載バックナンバー>
【SAGA:00】宮野真守×本渡 楓
【SAGA:01】宮野真守×本渡 楓
【SAGA:02】境 宗久×深川可純×大塚 学×竹中信広
【SAGA:03】境 宗久×三石琴乃×高戸靖広
【SAGA:04】本渡 楓×田野アサミ×種田梨沙×河瀬茉希×衣川里佳×田中美海
【SAGA:05】有浦定幸×近野顕次×田中美海×竹中信広
【SAGA:06】本渡楓×河瀬茉希×田中美海
【SAGA:07】田野アサミ×種田梨沙×衣川里佳
【SAGA:08】本渡楓×河瀬茉希×田中美海
【SAGA:09】田野アサミ×種田梨沙×衣川里佳
【SAGA:10】佐藤宏次×本渡楓×河瀬茉希
【SAGA:11】本渡 楓×田野アサミ×種田梨沙×河瀬茉希×衣川里佳×田中美海
【SAGA:12】本渡 楓×田野アサミ×種田梨沙×河瀬茉希×衣川里佳×田中美海

 

さくらの悲しい過去と立ち直らせようとするメンバーの深い愛情が見えた第11話

――第11話を振り返ってみての感想と印象的なシーンを挙げてください。

一同:さくら~!

源 さくら役 本渡 楓さん(以下、本渡):衝撃的な回でしたね。

ゆうぎり役 衣川里佳さん(以下、衣川):まるで別人みたいに性格が一気に変わっちゃって。

紺野純子役 河瀬茉希さん(以下、河瀬):でもわかる気もするよね。あそこまで自分が持ってないなと思わせる出来事が続いたらネガティブにもなっちゃうのかなって。

本渡:今までの明るい、ポジティブだったさくらと真逆過ぎて。こんな人生を歩んでいたんだなと思うと泣けました。かわいそうというよりツラいなと思って。


二階堂サキ役 田野アサミさん(以下、田野):同情しない人がいるのだろうかと思うくらい、どん底まで落ちて。でもそんなさくらが死んでゾンビになって頑張っていたんだなと思うとより好きになりました。「自分はツイてないな」と思っている人もたくさんいると思うけど、ゾンビですら頑張っているんだから自分も頑張ろうと思える回になっているのではと思います。

本渡:みんなが1人ひとり理由を作って抜け出して、部屋に来てくるところがいいなと思ったし、個性が出ているなと。リリィの「あれ!? お星様が呼んでる」とか。

星川リリィ役 田中美海さん(以下、田中):でも一番怒られちゃって。

水野 愛役 種田梨沙さん(以下、種田):シリアスだったけど、あそこだけは笑いました。星をおでこに付けたさくらに「付ける場所違うよ」と指摘したところも(笑)。

本渡:サキが首をくるくる回して、「止めろよ」というシーンも面白かったです。


田野:でもギャグテイストじゃなく、マジモードでしたね。

種田:同情はしているのに、さくらの回想で、入試の日に具合の悪いおばあさんに遭遇し続けるのもおかしくて。

田野:笑っていいのか、よくないのか、微妙かつ絶妙なバランスでした。

――メンバーみんながさくらをどれだけ大切に思っていたのかもわかりました。

本渡:そうですね。あとあれだけ正装したゆうぎりさんが部屋に行ったのにいないのはちょっとかわいそう。

衣川:肩透かしか~い! って。

河瀬:たぶん、準備に時間かかっちゃったんだろうね(笑)。

田野:「はいりんす!」「あい、おりんせん!」って。

河瀬:あそこはすごくこだわって録ってたね。

衣川:うん。

 

第1話に散りばめられた伏線が第11話でつながる⁉

――さくらは過去を思い出さないほうがよかったんじゃないかとも思えてきて。

本渡:そうですよね。

河瀬:あんなに思い出したいと願っていたのに。

種田:1話の演出をそのまま11話でやるのもぞわっとする感じで。ループしたのかと思いました。


――第1話のオンエア後に、さくらが生きていた時の愛の映像を見ていたり、本があったことに気付いた方も多かったようですね。

河瀬:愛に憧れた理由もただかわいいじゃなく、言葉に感動してというのもいいですよね。

本渡:さくらの記憶が戻って、愛を見た瞬間、「水野愛!?」と驚くところもリアルで。

田中:普通の人が芸能人に会ったときみたいでした。

種田:それまで愛ちゃんと呼ばれていたのに、急にファン目線になって。心の距離が離れた気がして寂しくなりました。

田野:私は、以前、友達と一緒だった時に偶然、宮野真守さんを見かけて、「あ、宮野真守いるよ!」って言ったことがあります(笑)。

一同: (爆笑)

田野:一応、宮野さんに謝っておきました。

種田:もしファンの方が私たちを見かけたら同じようになるんですかね。「あっ! タネいる!?」って。いつも呼んでいる呼び方で。

 

幸太郎がさくらに熱く語りかけた言葉はまるでプロポーズ!?

本渡:あとは幸太郎さんじゃない? 最後、泣いてたから。

河瀬:「お前がいくら持ってなかろうが俺が持っとりゃええんじゃい!」なんて、プロポーズかよ! と。すごくグッときてしまって、今までの話数での大声を出す時と、ちょっと圧が違って、説得するような。「俺はお前を絶対に見捨ててやらん!」もカッコよくないですか!?

田野:ヤバい、熱くなってきた(笑)。

河瀬:乙女心がメラメラですよ! 「て、思うじゃん?」も流行りましたよね。

田中:その前に突き放すように見せておいて。

本渡:さくらのためにいろいろやってたんだなと。

種田:過去のさくらは自己肯定ゼロ、自尊心ゼロだったけど、唯一肯定してくれたのが幸太郎さんで、はっきり伝えてくれたのが視聴者の方にとっても救われたんじゃないかなと思いました。あのシーンまでは2人は特別な関係だと思っていなかったけど、どんな過去があったんだろうと気になるひきも良かったです。

衣川:言い訳しないで生きるのってすごいなと感動しましたね。失敗するとすぐ言い訳しがちなので。失敗を認めて前に進む大切さを教えてくれました。

 

バーのマスターとゆうぎりの気になる関係とは?

種田:佐賀を救うプロジェクトは幸太郎さん1人じゃなかったんですね。

田中:バーのマスターさんが。

田野:ゆうぎりに借りがあるって言ったけど、どんな借りがあるんだろう?

種田:間のエピソード聴かせて! って思いました。

衣川:マスターさんとゆうぎりを会わせてほしい。

――ゆうぎりと同じ時代に生きていたとすると……。

衣川:マスターも不死身とか。でもゆうぎりが会ってうれしい人なのかな?

田野:お父さんだったらどうする?

河瀬:幸太郎さんの過去もあるし……12話じゃ終われねぇな~!

種田:あと11話は珍しく歌わない回でした。

本渡:レコーディングした曲でまだ流れていない曲があるような?

田中:そこもお楽しみということで。

 

第8話のリリィはいじらしく、涙・涙の神回!

――最終回直前ではありますが、第11話までで好きなシーンやエピソードを教えてください。

河瀬:みんなで鹿島おどりをした9話ですね。せつない話をやった後に「ヤッサ! ヤッサ!」やるんだと思ったし、みんなでガヤを録ったのも楽しかったです。

衣川:私は8話のリリィちゃん回かな。リリィちゃんが歌っている時、お父さんが静かに涙するのを見て「パピ~!」って。リハーサルビデオでまだ色もちゃんと付いていない状態なのに泣けてきて。BDが出たら何回も巻き戻して見ちゃいそう。

田中:リリィが生きていた頃、肩ぐるましてもらったりしている、過去の映像がフラッシュバックしてきたのを見て、この子はもう死んでいるんだなと。ギャグとかやってきたけど、この子たちは悲しいものを背負っているんだなと改めて実感した回でした。

種田:親子って一番泣いちゃうよね。

田野:「お出かけしたい」とお父さんにお願いしたら、「来期のドラマの撮影が終わったら」と言われて「うん」と我慢してるリリィが愛おしくて。ゾンビになったリリィだったら「イヤだ」って言えそうなのに、生きている時は言わなかったんだと思うと…。

河瀬:パピーも気付いてあげられなかったんだと後悔して。

本渡:そこからの「To My Dearest」のラストフレーズ「また会えたら ちゃんと褒めてね」がせつなくて。

衣川:8話は神回過ぎたよね。


 

たえの成長に胸が詰まる。純子と愛の争いと仲直りでアイドルものだと思い出す!?

本渡:さくら的には11話のたえちゃんにぐっときました。たえちゃんは回を追うごとにみんなの言っていることを理解したり、踊れるようになってきたけど、ここまで心に訴えてくれるようになるとは。

また(三石)琴乃さんのお芝居が「あっ、ちゃんとさくら」と言っているのが聞こえてきて。

たえちゃんの成長にもぐっときました。

種田:私は7話の復活劇ですね。6話で純子と愛のキャットファイトがあって(笑)。今まで控えめだった純子がみんなを引っ張っていくシーンがカッコよかったし、アイドルとしても一番ベテランな純子がダメになった愛ちゃんを支えてくれました。

6話の雷に撃たれるシーンも衝撃的なのに、ライブの演出になるのもすごかったです。加工ボイスになって、ゾンビだから雷に撃たれ続けても歌えるし、前向きな演出に変わるという回収の仕方がすてきでした。


河瀬:歌い終えて、1人泣くさくらに、愛と純子が肩に手をおいて「最後までちゃんとして」、「アイドルは笑顔を届けるものですよ」と声をかけるのもよかったですね。

田中:2人一緒なのがいいよね。

田野:1~3話はいったいなんだったんだと(笑)。

種田:6~7話でそういえば、アイドルだったと思い出させるような作りですね(笑)。

 

第9話のサキ回はヤンキー映画、第5話のドライブイン鳥の社長へのアゴくいもヤバい!?

――サキ回の第9話も昔の大映アイドルドラマのようなテイストでしたね。

田野:境監督が「この回はヤンキー映画です」と言われて(笑)。私が印象的だったのもこの9話で、今までは私とさくら以外は佐賀弁をしゃべってなかったけど、この回は佐賀出身の方々が周りを固めてくださって……キャストに佐賀出身の方がいないのもおもしろいんですけど(笑)、本物の佐賀弁が飛び交う中でよりエンジンがかかりました。知っているのに知らないととぼけたり、イケメンぶりが素敵でしたね。


種田:最初は幸太郎さんと同列のおもしろキャラかなと思いきや、後半からサキのカッコよさが爆発していました。

――あと第5話でドライブイン鳥の有坂社長が出演されましたが、実はガタリンピックのMC役で、佐賀弁指導の方が出演されていたそうですね。

本渡:そうです。八重歯の。

河瀬:めちゃめちゃかわいかった! 放送後、すごく人気が出てますよね。

種田:本当に司会の方っぽい雰囲気としゃべり方で。

衣川:私たち、ガタリンピックに行ったけど、確かにあんな感じだったよね。

田中:うん。すごくリアル。

河瀬:あとコッコ君が佐賀県庁の近野さんで。県庁的には大丈夫だったのかな?(笑)

田野:有浦社長もヤバかったよね。

種田:アゴくいの時の絵がリアルでした。

衣川:頬を染めて。OK出たんだなって(笑)。

田野:顔もめちゃめちゃ似てて。

河瀬:アフレコ後に記念撮影をしたけど、今、店内に飾ってくれてるらしいよ。うれしいですよね。

田野:行きた~い!

田中:めちゃめちゃおいしいらしいし。

 

みんなのマスコットのロメロと警官A、デスおじが人気!

――ではご自身が演じるキャラ以外の好きなキャラを教えてください。

田野:ロメロですかね。場の雰囲気を変えたり、締めてくれる瞬間があって。さくらのおじいさんみたいな存在かなと(笑)。最初の頃はイベントやライブへ一緒についていけなくてグジグジ鳴いていたのに、山ごもりの時は一緒に来ていて。ついてくる姿もかわいいし、結構好きです。

田中:私のうちの犬はあそこまでしてくれない(笑)。

種田:EDもかわいいよね。

河瀬:演じる高戸(靖広)さんもその都度、監督に「これはどんな心境ですか?」と確認されていて。

本渡:さくらが2回目にひかれた時、助けようとしてくれたし。

衣川:警官Aさんやデスおじさんもいいよね。

種田:デスおじさんはすぐ見つけてしまうよね。

本渡:チェキ会でも並んでましたよね。

衣川:1話からファンでいてくれて。

河瀬:全通してくださってます。

田中:2話でグループ名をグリーンフェイスと紹介した時、デスおじAさんが「エコな感じの名前になっとるんやん!」と言うシーンが好き。

河瀬:「デスメタルはやらんとかよ!」って(笑)。

種田:セリフ数は少ないのに全部持っていくのはズルいよね。

衣川:名前じゃなくて、デスおじなのがちょうどいいよね。

田野:アフレコで「デスおやじ」と言われて、「デスおじです!」と訂正してました。大事らしい(笑)。

衣川:あと警察官Aさんが登場する時は、基本、吉野(裕行)さんの声から入るから。「これからコメディタイムか」と。

河瀬:自由にお芝居もされて。

本渡:2話でラップもされましたね。

河瀬:「待て待てお前らダメじゃな~い」。

一同:「見逃せないじゃな~い」。

一同: (爆笑)

田野:あのシーンは最初、ラップをするとは台本に書かれていなくて。たぶんラップバトルしてるから吉野さんが俺もやろうと言って、やったものが採用されたんですよね。

河瀬:あと3人組が歩いてくるところや幸太郎さんのボイスパーカッションもすごかったですよね!

 

忘れてはいけないキャラといえば、たえと幸太郎!

種田:あとはやっぱりたえちゃんです。どんどんかわいくなっています。

衣川:愛と純子がケンカしてた時もずっと体育座りして。

田中:空気読むよね。幸太郎さんにもシャンプー持ってきてあげようとして……。

河瀬:おしょうゆを。あのおしょうゆも佐賀の会社らしい。

衣川:どんどん人間らしくなって、人を噛まなくなったし。

河瀬:噛まれなくなって私はちょっと寂しいですね(笑)。

――たえは覚醒しないままですが……。

種田:でも自我はあるんじゃないかなと思います。

衣川:新しく生まれた子みたいなイメージですね。

河瀬:ゆうぎりもたえもロメロもまだ掘り下げてないから12話じゃ足りねえな~!

一同: (爆笑)

種田:そしてあんなにうるさかった幸太郎さんも回を追うごとに癒しになってきました。

衣川:あのウザさがないと物足りない。

本渡:あの「おはようございま~す」がないと!

――幸太郎はメンバーと2人きりになった時はまじめですよね。

田中:みんなの前だとあんな感じだけど。

種田:やっぱり幸太郎さんがいないと成り立たないと思います。

 

もし6人がフラッシュシュをプロデュースするとしたら?

――もし皆さんがフランシュシュをプロデュースするとしたら?

種田:とりあえずハロウィンライブはやらせたいです(笑)。

本渡:すっぴんで大丈夫。

衣川:お客さんには特殊メイクですよと説明して。

種田:あとマジックショーで「とれま~す」みたいなのを。

田野:リアルすぎる。

田中:アンデッドパワーですって。

河瀬:全国ネットのTV番組にも出演させたいですね。『ミュージックステーション』の佐賀からの中継で。

本渡:それぞれのキャラにフォーカスした曲があったけど、それぞれの個性を1曲に集約させたらどんな感じになるのかなと興味があります。

種田:私、ゆうぎりさんのセンター曲が聴きたい! 

田中:和ロックテイストの曲とか。

種田:ダンスもさせたいね。

田野:似合いそう、みんな。

河瀬:サキちゃん、カッコいいんだろうな。

田野:ガチ惚れじゃん!

種田:女性ファン向けのイベントもやりたいです。

衣川:男装させたり……あっ、リリィは……。

田中:正装に戻るだけ(笑)。でも嫌がりそう。

 

フランシュシュがクイズ番組に出たら最強!?

――種田さんはアイドルフリークらしく、かなりリアルな企画ばかりですね(笑)。

河瀬:あとかわいいグッズも作りたいね。

本渡:作中ではあまりかわいいグッズがなかったから(笑)。

河瀬:でもロメロのタオルはかわいかったでしょ。

本渡:ちょっと宇宙人っぽかったけど。

田野:Tシャツはヤバかったよね。

種田:ダサくて。

田野:クイズ番組に出演したらおもしろそう。みんな、世代が違うし。

本渡:さくらは勉強得意だし。

田中:リリィも物知りだし。

種田:ゆうぎりは歴史担当で。歴史上の人物を当てる問題で、「この人、あたしのお客さんでした」みたいな(笑)。

衣川:3話でグループ名をみんなで提案し合った時、壬生浪士組は島原にいた頃のお得意様でありんしたって言ってたし(笑)。

 

最終回の収録で思い出作り。メンバーの佐賀みやげで思わぬハプニング!?

――ここまで収録現場で起こったエピソードで、特におもしろかったことや印象深かったことは?

本渡:キャラのセリフがよく流行語になってました。さくらの「どやんす」とかサキちゃんの「ぶっ殺すぞ」とか。


衣川:その回で出た言葉を常にモノマネしてます。

本渡:最終回の収録では、マイクの奥に田野さんのカメラを置いて、みんなで遊んで。

衣川:早回し動画を撮りました。

田野:思い出作りのためなのでどこにも出しませんが(笑)。宮野さんや三石さんも入ってくれました。

河瀬:ノリノリでね。

田野:みんなでいろいろやったけど8秒くらいで終わっちゃって。三石さんが「これは、思い出になるの?」って(笑)。

河瀬:それくらい仲良くなれたなと思えてうれしかったです。

田野:あと佐賀に行ったメンバーがワラスボ(有明海に生息する魚)とか買ってきてくれて。

種田:ムツゴロウも買ってきてくれましたて。私と宮野さんが率先して食べたんですけど、そのものの味はおいしいのに、とにかく泥の味がすごくて。それをアフレコの合間に食べたから、後半のパートは最終回なのに、口の中にずっとムツゴロウを感じていました。そして終わった後、何も知らない役者さんに「すごくおいしいですよ」と勧めました(笑)。

衣川:ワラスボはおいしくて、1人で5匹くらい食べちゃった。

田中:めっちゃ食べてた。

種田:有明海のエイリアンを。

 

ロメロ役の高戸さんが話に合わせたTシャツ着用!第12話を終わりたくない田野さんが起こした行動とは!?

種田:三石さんと高戸さんが公式グッズのTシャツを買おうかなと言ってくださったのがうれしかったです。

河瀬:高戸さんが毎週、いろいろなTシャツを着てたんですけど、収録の時の話数のエピソードに合わせていたそうで。7話の時は雷さまだったし。毎週スタジオでお会いすると「これ、何だと思う?」って。

田中:素敵!

衣川:毎回、高戸さんのTシャツクイズがあって、「この収録のだけのネタだから、その後の収録の事ははいいんだ」って。

一同: (爆笑)

河瀬:ずっと笑いが絶えない現場で、むしろ耐えるみたいな。

本渡:みんなで一致団結してスタッフさんに「中入りと打ち上げと……旅行も行きましょう!」と迫るという(笑)。

種田:田野ちゃんが終わるのが嫌だから最終回ボイコットしようと言ったり。

田野:普段はすぐ寝られるのに、最終回前夜は全然眠れなくて。

河瀬:朝めちゃめちゃ早く来てましたよね。

田野:監督が「Aパート終わりました。Bパートいきましょう」って言ったら……。

一同:「イヤで~す!」。

田野:みんな、終わるのがイヤだったんです。

 

最終回でさくらは復活できるのか? アルピノライブの行方はいかに?

――ではいよいよ最終回、第12話の見どころを教えてください。

衣川:かたくなにアイドルはやらないと言っているさくらを、みんながどう説得していくのか、でしょうか?

河瀬:アルピノのステージにみんなで立てるのかも気になりますよね。

田中:あとは幸太郎さんかな。

本渡:11話までずっと謎だから12話でちょっとあるかも?

種田:視聴者のみなさんには、頭で考えすぎずにピュアな気持ちで見てほしいです。まずはみんなの全力を見てください。

河瀬:できれば大音量でお楽しみください!

衣川:そしてこの終盤でゆうぎり回、はたまたたえ回、ロメロ回になるのか?(笑) 期待してください。

田野:夜露死苦!


 
アニメイトタイムズからのおすすめ
リリース情報

<Blu-ray>
■ゾンビランドサガ SAGA.1

発売日:2018-12-21
価格:15,120円(税込)
【収録話数】
第1話~第4話+特典映像(チャレンジランドサガ)
【永続特典】
特典CD(目覚めRETURNER、ようこそ佐賀へ、DEAD or RAP!!!、サガ・アーケードラップ)
【初回仕様】
キャラクターデザイン深川可純描き下ろし三方背ケース
【初回特典(封入)】
特製ブックレット

■ゾンビランドサガ SAGA.2


発売日:2019-02-22
価格:15,120円(税込)
【収録話数】
第5話~第8話+特典映像(チャレンジランドサガ)
【永続特典】
特典CD(ゾンビィソング2曲収録)
【初回仕様】
キャラクターデザイン深川可純描き下ろし三方背ケース
【初回特典(封入)】
特製ブックレット

■ゾンビランドサガ SAGA.3


発売日:2019-04-26
価格:15,120円(税込)
【収録話数】
第9話~第12話+特典映像(チャレンジランドサガ)
【永続特典】
特典CD(ゾンビィソング2曲収録)
【初回仕様】
キャラクターデザイン深川可純描き下ろし三方背ケース
【初回特典(封入)】
特製ブックレット

 
<CD>
■OP 徒花ネクロマンシー


発売日:2018-11-28
価格:1,296円(税込)

■ED 光へ


発売日:2018-11-28
価格:1,296円(税込)
 

TVアニメ『ゾンビランドサガ』作品情報

放送情報

AbemaTV:10月4日より毎週木曜日23:30~
視聴ページ
AT-X:10月4日より毎週木曜23:30~
TOKYO MX:10月4日より毎週木曜日24:00~
サンテレビ:10月4日より毎週木曜日24:00~
BS11:10月4日より毎週木曜日24:30~
サガテレビ:10月5日より毎週金曜日25:25~
TVQ九州放送:10月5日より毎週金曜日26:58~

〇リピート放送
AbemaTV:10月5日より毎週金曜日25:30〜ほか
AT-X:10月6日より毎週土曜日15:30~
10月7日より毎週日曜日22:30~
10月10日より毎週水曜日7:30~

STAFF

原作:広報広聴課ゾンビ係
監督:境宗久 (劇場版『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』)
シリーズ構成:村越繁 (アニメ「シドニアの騎士」)
キャラクターデザイン:深川可純(アニメ「アイドリッシュセブン」)
美術監督:小倉一男
撮影監督:柳田貴志
色彩設計:佐々木梓 
編集:後藤正浩
音楽:高梨康治
音楽制作:エイベックス・ピクチャーズ
音響制作:dugout
アニメーション制作:MAPPA

オープニングテーマ:徒花ネクロマンシー
エンディングテーマ:光へ
アーティスト:源さくら(本渡楓)、二階堂サキ(田野アサミ)、水野愛(種田梨沙)、紺野純子(河瀬茉希)、ゆうぎり(衣川里佳)、星川リリィ(田中美海)

CAST

巽幸太郎:宮野真守
源さくら:本渡楓
二階堂サキ:田野アサミ
水野愛:種田梨沙
紺野純子:河瀬茉希
ゆうぎり:衣川里佳
星川リリィ:田中美海
山田たえ:三石琴乃
警察官A:吉野裕行
ロメロ:高戸靖広

TVアニメ『ゾンビランドサガ』公式サイト
TVアニメ『ゾンビランドサガ』公式Twitter

(C)「ゾンビランドサガ製作委員会
おすすめタグ
あわせて読みたい

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|女性声優
アニメイトオンラインショップ|男性声優
アニメイトオンラインショップ|アイドル作品
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2019年春アニメ一覧 4月放送開始
2019年 夏アニメ一覧 7月放送開始
2019年冬アニメ一覧 1月放送開始
2018年秋アニメ一覧 10月放送開始
2019春アニメ 声優一覧
続編決定まとめ
第十三回 声優アワード(2018年度)
声優さんお誕生日記念
みんなの考える代表作を紹介!
2019冬アニメ(今期)おすすめランキングまとめ!
男性声優/女性声優一覧