menu
声優

声優・櫻井孝宏さん、『おそ松さん』『羅小黒戦記』『コードギアス 反逆のルルーシュ』『ダイヤのA』『PSYCHO-PASS サイコパス』など代表作に選ばれたのは? − アニメキャラクター代表作まとめ(2021 年版)

『羅小黒戦記』フーシー


・羅小黒戦記の最初から最後まで目が離せない風息。ラストにかけ胸が苦しく切なくなります。(40代・女性)


・キャラの性格と声がマッチしていました。優しい声で話しかけるのも、怒鳴るのも大好きでした(10代・女性)


・原音版を先に見ていたのですが、キャラクターへの理解が最高でした、櫻井さんに演じて頂けて嬉しかったです(30代・女性)


・羅小黒戦記大好きな作品です。フーシーの演技が素晴らしくて沢山元気をいただけました。

フーシーが大好きです。(30代・女性)


・フーシーの仲間といる時の温かい感じ、故郷への思い、最後のシャオヘイへの申し訳なさの表現全てが素敵でした。(20代・女性)


・櫻井さんは元から大好きですがこんな必死な声を聴いたのは初めてくらいの気がしました。全櫻井ファンに聴いてほしいです。(40代・女性)


・最近の櫻井さんでは珍しい感情的な役どころなので、櫻井さんが叫んだり必死になる演技が見られる貴重なキャラクターです。(20代・女性)


・強く優しく賢く美しく、そして悲しい妖精の風息。

櫻井さんのお声と演技で、キャラクターの魅力が何倍も増した気がしました。(40代・女性)


・優しさや怒り、いろいろな感情を表すキャラクターですが、その感情の波に櫻井さんの声が乗って、心にグサグサと刺さってきます。(30代・女性)


・穏やかな雰囲気と仲間を思いやる優しい兄貴分なところも、住処を奪われた怒りをぶつける鬼気迫るシーンの声も最高に素敵だからです(20代・女性)


・息は見た目は好青年だけど実は内面に不安定さを抱えていてその絶妙なバランスを櫻井さんがしっかり表現していてとてもよかったから。(30代・女性)


・何も事前情報がないまま劇場に見に行って、中国アニメってこんなにすごいことになってるの!?と衝撃を受けました。16回見に行きました。(20代・女性)


・観るきっかけは櫻井さんが出演されることでしたが、ラストの辺りで声優さんに関係なく風息にどハマりすることとなった最高の作品だからです!(20代・女性)


・優しく暖かい櫻井さんの声が、キャラクターの内面と合致しているように感じました。敵役ですが、悪いひとではないのだと、声を聞くたびに思います。(20代・女性)


・運命に抗おうともがき、悩みそして静かに散っていった 彼の心情を充分理解して下さって外国の作品に新しい 命を吹き込んでくださった事に感謝します。(30代・女性)


・2020年の最高濃度の櫻井孝宏さんのお芝居が聴けます!

飄々としたキャラクターを演じることが多いなか、叫んで戦って苦しむフーシーは鮮烈でした。(30代・女性)


・インタビューを見て、作品をみて、本当にキャラクターの小さな心の動きや吐息まで含め理解して演じてくださり、吹き替え版を見るたびに感謝しかありません。(40代・女性)


・故郷を追われ、取り戻さねば…と追い詰められた影のある難しいキャラクターを、ただの悪役として演じるのではなく、内面の光を失わない形で表現されているため。(30代・女性)


・櫻井さんといえば、飄々とした強キャラ、ラスボス…と言った印象が強いですが、この作品さ敵側の役とはいえ、必死さや迷い、がむしゃらな感じが新鮮で印象的でした!(30代・女性)


・自分は正しくないという葛藤を抱えながらも大義の為に突き進む、フーシーの不器用な真面目さは櫻井さんにしか出せないものでした。

ラストシーンの演技は何度見ても涙が出ます。(20代・女性)


・優しさもありつつ、強い意思が感じられる役で、とても印象に残っているからです。作中でも、彼にはとても共感できるし、彼いがにも、全員素晴らしい考えがあり深く考えさせられます。(10代・女性)


・パッと見息は主人公である小黒に対していい人なのかな?と思えるのですが、なぜか追われている……。

息のやりたいこと成すべきことを上手く表現している櫻井さんの演技はとても素敵でした。(20代・女性)


・小黒と出会ったときの優しさ、無限との戦闘での凛々しさ、中盤からの葛藤と猛々しさ、美しいけれども哀しいライトまで彼に寄り添ってくれる櫻井さんの素晴らしい演技。吹替だからこそつくづく感じます。(40代・女性)


・相当お忙しいでしょうに、原語版のフーシーの演技を深く研究されて、その特徴や良さを理解した上で日本語吹き替えならではの魅力をプラスして素晴らしいフーシー像を作り上げてくださったことに感動しました。(30代・女性)


・風息なしには羅小黒戦記は成り立たないから。

妖精と人間という対立の構図の中、本当はとても優しいのに譲れないもののために苦悩した風息というキャラクターに櫻井さんの声は本当にマッチしていたと思います(20代・女性)


・どこまでも心優しくて、強くてどこまでも信念を貫き通す清廉さと儚さを併せ持つ難しい役どころをこれでもかと言うほど魅力的に演じてくださって、風息が櫻井さんで本当に良かったと心から思えます。大好きです、風息。(30代・女性)


・主人公である小黒を呼ぶ優しい声に櫻井さんの良さが出ていてとても素敵です。それに、戦闘時の叫び声や唸り声もキャラクターらしさがとても出ていて最高でした。

まさにキャラクターそのもので声優としての凄さを感じました!(10代・女性)


・妖精のために、仲間のために、譲れない想いのためにもがきながら生きて、「木になる」風息がたまりません。

原語版も観て、自分なりに解釈を深めて、何回も何回も観て……毎回思います。

「風息役が櫻井さんで良かった」と。(20代・女性)


・ミステリアスな登場シーンから魅了されました。物語の終盤になるにつれて彼の悲しみや背負ってきたものが伝わります。

強さと弱さ、知性と色気を感じさせる魅力的な風息を表現力が素晴らしい櫻井さんに演じていただき最高でした。(30代・女性)


・作品の中で、主人公と相対し、ともすれば短絡的で身勝手ともとられそうなキャラクターですが、実は仲間思いで思慮深いところ、200年以上生きてきてなおその結末に至った背景など、その繊細さは櫻井さんにしか表現できなかったと思います。(40代・女性)


・仲間に対してのやさしさが滲み出る声と後半の荒々しさのギャップが素晴らしいです。葛藤しながら譲れないもののために武器を取る姿に背筋が震えました。

櫻井さんの声があったからこそだと思います。

初めてこの作品に触れた日を絶対に忘れません。(20代・女性)


・原音の雰囲気を最大限に残した、それでいて櫻井さんらしさも加味した吹替になっていて、声優としての実力を堪能できる作品です。

もちろん、作品自体も素晴らしいので、作品世界とそれを広げてくれる櫻井さんの演技をぜひ皆さんに体感してほしいです。(40代・女性)


・かつてはうまく関わりあっていた人間が繁栄していってしまい、自然豊かな故郷が壊されて奪われた妖精の感情がよく伝わってくる作品。

「人間のことは嫌いじゃない」でも「故郷を返して欲しい」という感情がすごく伝わってくる演技で引き込まれました!!(30代・女性)


・根がとても優しいのに、優しいからこそ妖精のために力を行使するしかなかった責任感の強い息を櫻井さんに演じて貰えて本当に良かったと思います。

息のことを思ってその苦しみを胸に抱きながら演じてくださった…新しい作品ですが私の中ではNo.1です。(20代・女性)


・櫻井さんにはたぶん珍しく、冷静ではないキャラクターなのですが、ただ声をあてるだけでなく、よりかっこよくなるように自分から申し出てリテイクしたり、フーシーの考えていることを深く考えていたりしたことがインタビューなどでわかり、感動しました。(20代・女性)


・主人公達と敵対するキャラクターとなるのですが、元々の作品の作りに加えて、櫻井さんが演じて下さった事でより「ただの悪役」では無い、強く記憶に残るキャラクターになっています。

息を演じて下さって、本当にありがとうございますって伝えたいです。(40代・女性)


・主人公小黒を巡り敵対する事になる息ですが単なる敵役で終わらない存在感、本来は優しさ、誠実さ、穏やかさを持っているであろうと思わせる魅力的なキャラクターに櫻井さんの演技で表現されていて作品に深みが増していると思います。

息に出会えてよかった。(50代・女性)


・自分の信じた道を進む為に自分だけを傷つけて仲間にはその傷を背負わせぬよう、最後まで全力で世界に立ち向かった孤独な精霊で、とても優しくて悲しいものだから。幸せになって欲しかった。

なれなかったとしても、もう少し小黒と話す時間を与えられていれば、と思ってしまう。(40代・女性)


・森で生まれ、森で育ち、森で暮らし、森に生きた妖精。

人間たちによる開拓により故郷を奪われ、仲間達のためにも故郷を取り戻すことをひたすら願い、想い、そして選んだ選択。

彼の心の中の悩みや葛藤、揺れる心を素晴らしい演技力で表現してくださってありがとうございます。(40代・女性)


・中国アニメ映画の吹替版のお声でしたが、本当にキャラそのもので、優しさも厳しさも切なさ悲しさも合わさったお声で、とても心にささりました。

フーシーに心を奪われて、何度も何度も映画館に見に行きました。

櫻井さんのキャラは好きなキャラが沢山いますが、今一番にランクインしたのがフーシーです。(40代・女性)


・フーシーはとても複雑な感情を抱いたキャラクターです。

優しさや苦しさ、寂しさ、たくさんの気持ちを櫻井さんのお芝居が縁取って目にみえるようにしてくださったと思います。

原作を、原作のお芝居を、そしてキャラクターを大切に思ってくださったからこそ、見た人が更にこのキャラクターに惹かれたのだと思います。(20代・女性)


・優しい妖精で人間に追われていた初対面のシャオヘイ(小黒)に優しく仲間達からも頼られる兄貴分なところがとても良く ネタバレを含みますが 優しい声でシャオヘイに「おいで」というのと最後の方の本当にしんどい様な、自分の最後を決めるところ、シャオヘイに謝罪をする声のトーンがとてもいいです。

正直沼です……(20代・女性)


・初めて吹き替えでこの作品を見た時から、故郷に帰りたいと願ったフーシーのことがずっと忘れられずにいます。

言葉一つ一つにのった繊細な感情、彼が積み重ねてきた想いが伝わってきて、たまらなく心を揺さぶられました。

櫻井さんのフーシーへの寄り添い方もとても素敵です。

おそらくこの先も長く、私の中にその存在を残し続けるのだろうと思います。(20代・女性)


・環境破壊への問題提起をした作品ですが、アクションシーンが本当に格好良くて、どのキャラクターも余すことなく魅力的で、笑いあり涙ありの作品です。

その中で櫻井さん演じる風息は、最も主要なキャラクターの一人ですが、立場の変化が著しく、様々な状況下で様々な感情を声で表現されていて、櫻井さんの良さが余すことなく現れていると思います。

まさに代表作です。(30代・女性)


・優しくて真面目でそれ故に思い悩んでるようなクールながら熱いキャラっていう最近の櫻井さんの演じられる役にはあまり居ないキャラでありながらフィット感がすさまじい奇跡のキャラクターです、こんなに感情を発露する櫻井さんの声久しぶりに聞いた、全人類に見て聞いてほしい、作品自体も勿論良い…というか作品が良いのでキャラクターも好きになれる、そんな物語です。(30代・女性)


・己の信念にために馴れ合えず、仲間のためにと責任を一手に担い、葛藤の末、また敵対勢力の武力行使にリミットがあまりないことを知り、自分達の故郷を取り戻すために一番大切にしていた同族を犠牲にしてでも決断することを選んだ苦しさや、攻防の末敗者となり、捕まるでもかんがえなおすでもなく、愛した大地と共にいきるために死を選んだ姿に不器用さと優しさと愛しさのつまったキャラクターです。(30代・女性)


・最終的に主人公と相対する役どころでありながら単なる悪役だとは感じさせない演技が素晴らしかったです。

言語版を観た時から息が大好きで、吹き替え版の声優さんがどうなるか気になっていましたが、櫻井さんと発表された瞬間 あ、大丈夫だと思ったことを覚えています。

朴訥としていて優しく穏やかな一面と、人間に対して複雑な思いを燃やす一面とを、どちらも彼の本質だと感じられるほど見事に演じられていました。

感謝しています。(20代・女性)


・羅小黒戦記は妖精(日本で言う妖怪のようなもの)と人間の関係を描いた中国のアニメ作品で、主人公の黒猫の妖精小黒が住処の森を追われてフーシーに拾われるところから映画がはじまります。

ネタバレになるので多くは語れませんが、フーシーは優しく仲間思いで、しかし内面に譲れないものを秘めたキャラクターであり、櫻井さんもその複雑な心理を汲み取ってほんとうに素晴らしい吹き替えをされています。

アクションシーンの声や息遣いもほんとうに最高です!(20代・女性)


・中国のアニメ映画の吹き替えで、原音では無音の部分を櫻井さんは演技を入れていました。

セリフではなく、絞り出すような絶望と懇願を表現するうめき声なのですが、その音が入る事により次のカットの無音シーンがより一層引き立ち原音版より強く印象づけられたと感じました。

ラスト近くで、黒豹の姿になったフーシーが小黒に領界の解除をやめてくれとお願いするシーンです。

前後は原音版、吹き替え版両方とも良かったのですが、上記シーンは格段に良かったです。(30代・女性)


・風息は、大きな優しさと葛藤と強い信念と抱えたキャラクターです。

羅小黒戦記は、人間と妖精という異種族の共生、という大きなテーマを持った作品です。そんな中で、居場所を奪われ続ける妖精たちの為に行動を起こす風息ですが、目的を達成するために仲間を傷つけることに苦悩しながら、強大な相手に立ち向かいます。

櫻井さんの演技は、そんな危うくも格好いい彼の魅力を、最大限に引き出してくれます。

ぜひ、この作品の素晴らしさと、櫻井さんの魅力が、多くの人々に届いてほしいです。(20代・女性)


・予告を最初に見て画の綺麗さ、迫力のあるアクション、ドラマチックなストーリーと音楽に先ず心が惹かれました。

孤独で不安で押しつぶされそうな心を何度も立て直して生きてきた息には小黒の存在は明るい未来で、息の優しい声と言葉は小黒にとって頼りがいのある存在だった...上映終了後に泣き過ぎて座席から直ぐに立ち上がれなかった作品で、その後も何度も映画館に行きました。

櫻井さんのことも、演じられているたくさんのキャラクターも知ってはいたのですが...ロシャオヘイ戦記は櫻井孝宏さんと息に夢中になった最初の作品なのです。(30代・女性)


・櫻井孝宏さんはテントモンで知り、ギャップが凄い、とても良い声だなぁと感じておりました。

他にも有名な作品のメインから端役まで、今まで触れる機会が多い声優さんの1人でしたが、正直皆が言うほど"櫻井"にハマっておりませんでした。が、この映画で櫻井孝宏さんにハマってしまいました。

映画自体もとても良い作品で、声抜きでもキャラを好きになったと思うのですが、櫻井孝宏さんが演じたからこそ、何回も映画館に通いました。

風息の優しい「おやすみ」や、悲痛な叫び声、ポツリと呟く「ごめん、」がなければここまでハマりませんでした。

私が改めて櫻井孝宏さんの魅力に気づけたきっかけの作品として代表作に選ばせていただきました。(30代・女性)


・この作品で初めて櫻井さんを知りました。

フーシーというキャラクターの『喜怒哀楽』『静と動』を見事に演じていらっしゃっただけでなく、アクションシーンの呼気音がどのような状況で発せられているのか(フーシーが蹴りを出しているのか、相手の拳を受けているのかなど)を映像を止めながら台本に書き込まれたという姿勢に、櫻井さんの真面目な人となりと仕事に対する真摯な姿勢を感じて感動させられました。

フーシーというキャラクターは自分たち妖精の居場所を作ろうとして相対する勢力と戦うのですが、信念に忠実なあまり禁忌を犯してしまいます。

それを見せられてなお彼の選んだ道に多くの視聴者が涙したのは、フーシーの葛藤を見事に演じて頂いた櫻井さんの卓越した演技力あってのことだと思います。(50代・女性)


・羅小黒戦記は「誰も間違っていない」物語としてキャラクターが描かれており、各々のキャラが各々の信念や規律や誇りに従って活き活きと力強く行動し活躍する冒険活劇です。

風息も己の信念を貫いた強い妖精です。誰が善で誰が悪かなど誰にも断じる事は出来ない。結果的には作中では悪役のようなポジションとなっておりますが彼の持つ葛藤は深いものでした。

そんな複雑なキャラクター性を余す事無く演じられた櫻井さんの声は彼の「決して勧善懲悪の悪役とは言えない光も闇も宿す性質」を見事に表現されていらっしゃると思います。

また、今後こういった中国や他国のアニメ作品が日本に紹介される機会は更に増えるものと思われ、このようなインディペンデントな作品のキャラを日本国内で有名な声優さんが演じる事の意義も同時に感じております。

是非櫻井さんの代表作のひとつとして皆さまにご覧頂きたい作品(キャラクター)です。(40代・女性)


次ページ:『おそ松さん』松野おそ松はこの後に!
関連タグ
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

アニメイト通販

アニメイトオンラインショップ|声優
アニメイトオンラインショップ|歌い手
アニメイトオンラインショップ|2.5次元
アニメイトオンラインショップ|掘り出し物
アニメイトオンラインショップ|キャラクターケーキ/スイーツ
アニメイトオンラインショップ|フィギュア
アニメイトオンラインショップ|キャラクターお酒

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2022年冬アニメ一覧 1月放送開始
2022年春アニメ一覧 4月放送開始
2022年夏アニメ一覧 7月放送開始
2021年秋アニメ一覧 10月放送開始
2022冬アニメぼしゅう
2022冬アニメも声優で観る!
2022冬アニメ最速放送日
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング