アニメ
『WIND BREAKER(ウィンブレ)』梅宮一(うめみやはじめ)解説&情報まとめ

『WIND BREAKER(ウィンブレ)』梅宮一(うめみやはじめ)の情報を一挙にご紹介! プロフィールから生い立ち、てっぺんを目指した理由など、まとめて解説します!

少年マガジン公式無料漫画アプリ「マガジンポケット」で絶賛連載中のにいさとる先生が描く『WIND BREAKER(ウィンブレ)』。2024年4月からTVアニメの放送が始まった、今アツい新機軸ヤンキー漫画です。
 
ボウフウリンの総代・梅宮が望むのは、みんなでおいしくご飯を食べること。そのために街の平和を守るボウフウリンを創ります。いつも笑顔でみんなの話を聞き、時には自らの拳で“家族”を守る梅宮。誰もが“この人についていきたい”を思う総代です。
 
本稿では、みんなの“お兄ちゃん”梅宮のプロフィールから、幼少期のできごと、風鈴を襲うチームとの関係、注目シーンなどをまとめてお届けします。
 
※本稿には原作のネタバレが含まれます。
 

関連記事
『WIND BREAKER(ウィンドブレイカー)』の登場キャラクターのプロフィールと、“ボウフウリン”をはじめケンカ相手たちの情報をまとめて紹介! ― 拳で街を守るヤンキーたちの喧嘩英雄伝 ―
少年マガジン公式無料漫画アプリ「マガジンポケット」で絶賛連載中の『WINDBREAKER(ウィンドブレイカー)』(著・にいさとる)。2024年4月からTVアニメの放送も決定し、今話題沸騰の作品です。 登場人物はいわゆる“ヤンキー”で、そして“街の英雄”。そんな街を守る集団“防風鈴(ボウフウリン)”のメンバーをはじめとする魅力的なキャラクターを、本記事でまとめて紹介します。今、最もアツい新世代ヤンキー漫画にご注目ください!  風鈴高校(ふうりんこうこう) 超不良校として名高い学校・風鈴高校のトップを目指して街にやってきた主人公の桜遥。しかし風鈴高校は2年前に“防風鈴(ボウフウリン)”という名の街を守る集団になっていたのです。 これより先・人を傷つける者・物を壊す者・悪意を持ち込む者何人も例外なくボウフウリンが粛清する 街の入り口にはボウフウリンが立てた看板が置かれ、街の人は彼らのことを、この街の盾“ウィンドブレイカー”と名付けます。彼らのケンカは守るケンカ。毎日見回りをし、街の人を手助けしながら守る正義の味方です。 ボウフウリンの総代は3年生の梅宮一。彼の下には1クラス3学年分を束ねる“四天王”がいて、その名にちなんで1組を多聞衆(たもんしゅ...

 
 

基本プロフィール

防風鈴(ボウフウリン)の総代
誕生日:2月1日
身長:188cm
体重:80kg
血液型:0型
好きなもの:ことはのオムライス
嫌いなもの:注射


 
風鈴高校の不良集団をまとめ、街を守る正義のヒーロー化した梅宮。普段は優しくて温和だが、ケンカは最強。ただ暴力を振るうことは良しとせず、桜にも「ケンカは対話」だと教えます。
 
ボウフウリンのたまり場になっている喫茶「ポトス」を営む橘ことはは、同じ施設で育った妹のような存在。溺愛しているため、ことはが危ない目に遭ったら大変なことになる……と柊はいつも気を揉んでいます。
 
 

風鈴高校に入学するまで

幼い頃に両親ときょうだいを亡くす

幼い頃に家族を失い色々な施設を点々とし、養護施設“風鈴園”にやってきます。自分のせいで家族が亡くなったと思っている梅宮一(はじめ)は、死ぬ目的で商店街で暴れ回る不良に突っ込んでいきます。
 
しんどいだけがいやなら、ねじ伏せられるくらい強くなるしかない
そこではじめを助けたのが風鈴高校の生徒。「死にたいなら他人の手をわずらわせるな」とビルの屋上に連れて行きます。飛び降りる寸前に「いやだ!!!」と死ぬことを拒んだはじめに、風鈴生の男は「強くなれ」と言い放ちます。
 
園に戻ってきたはじめは、みんなに心配され、そしてみんなでご飯を食べます。女の子から「お互いがお互いの方を向いて大切に思い合っていればそれはもう家族」「はじめ君ともそうなりたい」と言われはじめの心は温かくなり、家族を亡くして以来初めてご飯をおいしいと感じるのでした。
 
 

てっぺんをとりたい理由


 
“風鈴園”でみんなの“お兄ちゃん”になった梅宮は、園の子たちを必ず自分が守ると決め、風鈴高校への入学を決意。今の街は内側で揉めてばかりなので、みんなを一つにして同じ方向を向かせたいと考えます。だから風鈴でてっぺんをとる――。
 
風鈴と街を繋ぐ
風鈴のみんなで街を守りたい、そのためにはまず風鈴生たちが街の人のことを知るべき。そこで考えたのが街の人とも交流ができる“見回り”でした。梅宮は柊にも声かけ、一緒に風鈴高校に入学。そして本当にてっぺんをとり、風鈴を、街を、変えていくのです。
 

 
 

今後の注目シーン

獅子頭連・兎耳山丁子(とみやまちょうじ)との戦い


 
昔は純粋にケンカの強さを求めるチームだった獅子頭連。けれど兎耳山が頭取になってから悪い噂を聞くように。兎耳山は、同じてっぺんなのにいつも楽しそうにしている梅宮を“ずるい”と言い、梅宮ごと風鈴を自分のものにするとタイマン勝負を持ちかけます。
 
二人の勝負が始まりますが、拳を受けてもケロッとしている梅宮。何も背負っていない兎耳山の拳は軽いと言います。そしてケンカを通して、兎耳山が楽しそうにてっぺんをしていた頃に見えていたものを思い出すよう心に訴えます。
 
勝負を終えた二人はこの日を境に“友達”になるのでした。
 

 
 

風鈴に忍び寄る“防風林”の影

かつての風鈴は派閥争いや外から来る学校やチームとの抗争で混沌としていました。それらを次々とねじ伏せ、風鈴を統一したのが梅宮と今の四天王。しかしその頃伝説と呼ばれる男・棪堂率いる超武闘派の派閥があり、梅宮たちは何度もやりあったにも関わらず決着をつけられないまま棪堂たちが風鈴を去ったと言います。それが風鈴の影――。
 
その影が再び風鈴に近付いてきたのです。桜の存在に興味を持った棪堂。彼らの目的とは? この後始まる風鈴高校総出で戦う一世一代の抗争は、目まぐるしい展開を見せます!
 


 
 

声優は中村悠一さん


 
梅宮を演じるのは声優の中村悠一(なかむらゆういち)さん。2月20日生まれ、香川県出身。出演作品は、『呪術廻戦』の五条悟役をはじめ、『ハイキュー!!』の黒尾鉄朗役、『おそ松さん』の松野カラ松役など、さまざまなかっこいいキャラクターを演じています。
 

 
 

優しくて強い、梅宮の総代っぷりがかっこいい!

桜たちの入学初日、校内放送でひと言発した瞬間に空気を変えてしまうほど、風鈴の生徒たちは梅宮に惹かれ慕っています。桜も会って間もなくして梅宮といると安心できるという感覚を覚えます。
 
風鈴を守るためなら容赦しない、優しくて強い梅宮の活躍をこれからも期待しましょう。
 

 

キャラクターの詳しい解説はこちら!

画像をクリックすると、関連記事にとびます。
|連載:00
キャラクター解説
キャラクター解説
|連載:01
桜遥 解説
桜遥 解説

|連載:02
楡井秋彦 解説
楡井秋彦 解説
|連載:03
蘇枋隼飛 解説
蘇枋隼飛 解説

|連載:04
杉下京太郎 解説
杉下京太郎 解説
|連載:05
梅宮一 解説
梅宮一 解説

|連載:06
柊登馬 解説
柊登馬 解説

 

作品情報

WIND BREAKER

あらすじ

人を傷つける者、物を壊す者、悪意を持ち込む者何人も例外なくボウフウリンが粛清する――!偏差値は最底辺、ケンカは最強。超不良校として名高い、風鈴(ふうりん)高校。その「てっぺん」を獲るため、街の“外”からやってきた高校1年生・桜遥。しかし、現在の風鈴高校は“防風鈴”(ボウフウリン)と名付けられ街を守る集団となっていて━━!?不良高校生・桜の英雄伝説、ここに開幕!

キャスト

桜遥:内田雄馬
楡井秋彦:千葉翔也
杉下京太郎:内山昂輝
蘇枋隼飛:島﨑信長
梅宮一:中村悠一
柊登馬:鈴木崚汰
柘浦大河:河西健吾
桐生三輝:豊永利行
橘ことは:長谷川育美
兎耳山丁子:戸谷菊之介
十亀 条:梅原裕一郎
佐狐浩太:小林千晃
有馬雪成:水中雅章
鹿沼 稔:峯田大夢

(C)にいさとる・講談社/WIND BREAKER Project

 

アニメイトタイムズのお仕事のほか、旅行、グルメ、ウェディング、テーマパーク系のライターをしています。 旅行に行けなくなって、漫画やアニメにハマリ、今はもっといろんなジャンルを知るべく武者修行中! スポコンアニメを見て、一緒に泣いたり熱くなったりするのが最近のストレス発散方法。 ネコとハワイと『バクテン‼︎』が大好き☆

この記事をかいた人

万木サエ
旅行、グルメ、テーマパーク系のライターを経て、アニメのジャンルへ出向。ネコとハワイと『バクテン‼︎』が大好き☆

担当記事

関連記事
世界で一番フットボールの熱い場所“青い監獄”にエゴイストが集結! 仲間を蹴ちらし世界一のストライカーに成り上がるのは!? 『ブルーロック』最新刊までのあらすじやエゴイストたちの魅力を紹介!【ネタバレあり】
『ブルーロック』は、週刊少年マガジン(講談社)で連載中の金城宗幸先生×ノ村優介先生によるサッカー漫画。登場人物すべてがFW(フォワード)という、異色のサッカー漫画としてスタートした連載は、今や累計発行部数3000万部を突破する人気作品となりました。 連載ではまだまだ熱い展開が続いている『ブルーロック』。本稿では、単行本最新刊までの簡単なあらすじと、進化するエゴイストたちの見どころシーンをご紹介します。“エゴい”戦いをもっと体感したい方は、ぜひ漫画&アニメをご覧ください! ※本稿では作品のネタバレを含みますのでご注意ください。  “青い監獄”プロジェクト、始動! 日本をW杯優勝に導く選手を育てるため、日本フットボール連合は絵心甚八をコーチとして雇い、世界一のストライカーを創り上げるための特殊トレーニングを行う「“青い監獄”(ブルーロック)プロジェクト」を立ち上げます。 全国から招集された優秀な高校生FW300人が一堂に会したところで、絵心から“青い監獄”が目指すものについて語られ、絵心の言葉に奮い立ったストライカーたちは“青い監獄”への扉をくぐります。主人公・潔世一もその一人でした。  入寮テスト「オニごっこ」【コミック1巻、アニメ...
関連記事
『Dr.STONE(ドクターストーン)』第3期放送前に、過去シーズンをおさらい! 石の世界を生きる千空が爆誕させた科学アイテムとは? 科学の知識を身につけながらストーリーを振り返ろう
稲垣理一郎さん原作、Boichiさん作画による人気コミック『Dr.STONE(ドクターストーン)』のTVアニメ第3期が、2023年4月6日から放送スタート! 2022年夏にスペシャルアニメ『Dr.STONE龍水』が放送され、続編を待ちわびていたファンも多いのではないでしょうか。 『Dr.STONE』の最大の見どころは、科学少年・千空が、文明が滅んだ石の世界(ストーンワールド)で、仲間たちとゼロから文明を作っていくところ。千空がアイテムを生み出すシーン、まるで科学実験の授業を受けているような気持ちになり、なんだかワクワクしませんか?  そこで本稿では、千空が“爆誕”させる科学アイテムに注目しながら、第1期~スペシャルアニメまでを振り返りたいと思います。  科学少年・千空、目覚める謎の現象によって石化してから数千年――その間ずっと時間を数え続け、3700年の時を経てふいに目覚めた千空。文明が滅んだ石の世界(ストーンワールド)で、千空はイチからひとりで衣・食・住を整えます。 アインシュタインが唱えた科学の基礎「E=mc2(物質が持つ質量とエネルギーは等価である)」、つまりは“無からエネルギーは生まれない”という理論を胸に刻み、ゼロから文明を作り出すことを誓います。 【...
関連記事
いくつになっても楽しみたい!HoneyWorks(ハニーワークス)から生まれた、フルスロットルで駆け上がるダンスボーカルユニット「Full Throttle4」に注目! 知れば知るほど彼らの“SICKS(中毒)”になる!
10代に絶大なる人気のクリエイターユニットHoneyWorks(以下、ハニワ)。関連動画は総再生回数8億回超え! そんな若者に人気のハニワに、青春の思い出が薄れつつある歳の筆者がハマってしまったのです。私の心を掴んだのは、ダンスボーカルユニット「FullThrottle4(フルスロットルフォー)」。某アイドルグループやダンスボーカルグループのファンだった頃の淡い気持ちを思い出させてくれました。彼らを知ってから、ハニワに夢中の日々が始まりました……。 ハニワが主体とする音楽性から生まれたシリーズプロジェクト「告白実行委員会」の、高校生たちの甘酸っぱい恋愛にもキュン。 同シリーズから生まれた人気沸騰中のアイドルユニット「LIP×LIP(リップリップ)」の“王子様”な王道アイドルも最高! ですが、FullThrottle4(以下、FT4)の楽曲を聞いたらファンにならずにいられませんでした! やんちゃな見た目から「ゴリゴリのラップ系」や「激しいダンスミュージック」を想像するかもしれませんが、メロディラインは美しく、ボーカルの歌声は繊細で驚かされます。 本記事では、ビジュアルと楽曲のギャップに魅了された筆者が、“SICKSの1人”(FT4はファンのことをSICKS〔シックス〕と呼びま...
もっと見る
関連記事
BL界にもアイドル旋風! ファンには言えないアイドル同士の秘密の関係にキュンとくる「アイドルBL」漫画おすすめ5選をご紹介
『アイドリッシュセブン』『あんさんぶるスターズ!!』『UniteUp!』など、アニメ界のアイドル人気が勢いづいている中、BL界のアイドルにも追い風が吹いています。 筆者がBLの世界にハマったのもアイドルBLを読み始めてから。キラキラした世界に秘められた、誰も知らない恋物語に心を掴まれました。 自分の推しがステージの裏で他のメンバーと……なんて考えるだけでドキドキしませんか? アイドルなのでドキッとする甘い台詞や仕草も様になりますし、恋人への想いを歌詞やダンスにのせたり、ファンサと見せかけてイチャイチャしたり。ファンにすら嫉妬して自分だけのものにしたいと思う独占欲も萌えポイント。ライブの高揚感を引きずったまま……というラブシーンもアイドルBLの醍醐味です。 本記事では、元ドルオタでもある筆者おすすめの、アイドルBL漫画を5作品紹介します。比較的描写もライトなので、BL初心者の方にもおすすめです!  『幕が下りたら僕らは番』著者:ざらめ鮫先生Ωであることを隠して活躍するトップアイドル・蜂谷密生と、事務所の後輩アイドル・瀬兎真啓とのオメガバース作品。   作品紹介αばかりの芸能界にいながらも努力で上りつめ、国民的アイドルとなった密生。片や...
おすすめタグ
あわせて読みたい

関連商品

おすすめ特集

今期アニメ曜日別一覧
2024年夏アニメ一覧 7月放送開始
2025年冬アニメ一覧 1月放送開始
2024年春アニメ一覧 4月放送開始
2024年秋アニメ一覧 10月放送開始
2024夏アニメ何観る
2024年夏アニメ最速放送日
2024春アニメも声優で観る!
アニメ化決定一覧
声優さんお誕生日記念みんなの考える代表作を紹介!
平成アニメランキング